アニメ「デスノート(DEATH NOTE)」の動画を無料で視聴しよう♪

デスノート(DEATH NOTE)の無料視聴動画一覧

デスノート(DEATH NOTE):関連DVD・関連アイテム

デスノート(DEATH NOTE)の動画を無料視聴する前に

デスノート(DEATH NOTE)のストーリー

[2003年8月に、「週刊少年ジャンプ」へ掲載された読み切り漫画が元になっている。 名前を書かれた人間は死んでしまうという死神のノート「デスノート」を偶然手に入れ、それを使って犯罪者を次々と粛清していく主人公・夜神月(やがみ ライト)と、大量殺人犯として月を追う名探偵・L(エル)との闘いを描いた物語である。

 

単行本は初版100万部(漫画単行本最速記録)の売り上げを記録している。2004年の売り上げは、発売から1年目で年間ベスト10に入った。また、12巻までの累計発行部数は2530万部を突破した(一巻平均にて200万部を越す)。

 

作品テーマ等から、『アクメツ』(「週刊少年チャンピオン」掲載、2002〜2006年)・『LOST+BRAIN』(「週刊少年サンデー」連載、2008年〜)と比較されることもある。

 

テレビアニメ版デスノート(DEATH NOTE)の概要

当初、『NANA』の後番組として全国ネット枠での放送が予定されていたが、『NANA』の放送期間延長によってローカルセールス枠である『桜蘭高校ホスト部』の枠での放送となった。シナリオ面でアレンジが多かった実写映画版と異なり、ほぼ原作に忠実なストーリーになっているが、28話以降から原作のシーンやセリフのカット・編集が多くなされている。また、舞台設定は、放送時期に合わせ原作(2003年 - 2004年、2009年 - 2010年)の3年後(2006年 - 2007年、2012年 - 2013年)の設定になっている。原作単行本の各話末尾で紹介されるデスノートのルールはアイキャッチにて表示される。

 

キャストは主に本職の声優がつとめるが、リュークについては実写映画版同様、中村獅童が担当したほか、第12話に実写映画版でLを演じた松山ケンイチがジェラス役でゲスト出演した。また、第32話に声優として日本テレビの深夜番組『ルドイア☆星惑三第』に出演している「小惑星アイドル」が、電車の中でいじめを働く子どもたちの役で出演した。

 

11話と12話の間には『「デスノート」の舞台裏ド〜ンと見せちゃいますスペシャル!』が放送された。内容は本編11話までの総集編、主要声優・監督へのインタビュー、アナウンサーのアフレコの様子など。2007年8月31日には金曜特別ロードショーにて、3時間のスペシャル版『ディレクターズカット完全決着版 〜リライト・幻視する神〜』が放送された。視聴率は15.7%。内容は、キラ事件解決後、死神界へと帰ったリュークが、ある死神にキラ事件を話して聞かせると言う形の第一部(第1話 - 第26話)の総集編。新作カットも追加された。“ディレクターズカット”と銘打ってはいるが、新作カットが追加されただけで、カットされたシーンが追加されたわけではない。また、本放送時に放送されたシーンでも、本放送時とは違うシチュエーションになっているシーンもある。2008年2月9日公開予定の映画『L change the WorLd』(放映当時は仮題名の『スピンオフL』)の情報・メイキング映像も放送された。第二部の特別編も今夏放送予定。

 

2007年10月20日からアメリカのカートゥーンネットワークで、10月26日からカナダのYTVのBIONIX枠で放送開始された。当初はカナダがアメリカより早く、9月7日に放送される予定であったが、放送延期された。カナダでは普通、放映されてから一年以上かかってテレビ放映されるが、今回は異例で、日本での放送終了からの4ヶ月あまりで放映された。

 

デスノート(DEATH NOTE)のルール

デスノート(DEATH NOTE)の基本ルール

デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。
書かれる人物の顔が頭に入っていないと効果は無い。

ゆえに同姓同名の人間に一遍に効果は得られない。通称名などでは不可。
名前の後に人間界単位で40秒以内に死因を書くと、そのとおりになる。

死因を書かなければ、すべてが心臓麻痺となる。
死因を書くと更に6分40秒、詳しい死の状況を記載する時間が与えられる。

デスノートから切り取ったページや切れ端などでもデスノートの効果は有効である。
所有権に関わらず、デスノートに一度でも触れれば誰でも、それ以降はそのデスノートに憑いている死神を見ること、話すことが出来る。

所有権を持たない者でもデスノート、もしくはその切れ端に名前を書けば所有者と同等の効果を得ることが出来る。
絵で顔を知っているだけの人間は、デスノートで殺すことは出来ない。ある程度鮮明な写真や映像なら殺せる。

原則的に人の寿命を延ばすことはできないが、稀に間接的にではあるが寿命が延びるケースがある。
デスノートはどれだけ使ってもページが尽きることはない。

デスノートに書く物質は、文字として認識できれば、何でも可能である。
デスノートを使った人間は天国にも地獄にも行けない。

 

原作ではこれは「天国も地獄も存在せず、死んだ後にあるのは無である」という意味である。
実写映画版では文字通りノートを使った人間のみが無の状態になるとされている。

アニメ版ではアイキャッチでのルール説明のみであり、本編では描かれなかった。

 

死神の名前を書いても死神は死なない。
二冊以上のデスノートに同じ人間の名前が書かれた場合、一番先に書かれたものが優先される。

人間界で同時に存在していいデスノートは6冊まで。もちろん死神自身が所有するノートはその数に入らない。
いかなる方法を用いてもデスノートに名前を書かれた人物の死を取り消すことは出来ない。

死んだ者は生きかえらない。

 

死因を書いた場合

記された死因での死亡となる。
死因を書いてから人間界単位で6分40秒以内に死に至るまでの詳細を書くと、その人間の死まで物理的に可能な範囲で操ることができる。可能な範囲でない書き方をした場合書いた事柄を無効としすべて心臓麻痺で死ぬ。

先に書いておいた死因や死に至るまでの詳細の前に名前を書き足しても有効(約19日以内)。
殺しの対象者が知りえない情報を使う、または行い得ないことをさせることは不可能。ただし自殺は有効であり、誰もがする可能性があるとされ、考えもしないことには入らない。

第三者を直接死亡させるような死因や死に至るまでの詳細は効力がなく、第三者の死亡がない形での心臓麻痺による死亡になる。
死の直前の行動の中で対象者が死の直前に第三者を攻撃することは可能であり、攻撃を受ける者の死の状況をデスノートで示せば致命傷になりえる(ただし、直接的な表現では心臓麻痺になる場合がある)。

対象者だけが死亡するような詳細で、第三者の動作が関連して死ぬ場合は有効。
日時を指定した上で操って殺せるのは23日以内。23日以上かかるような病気で死亡させる場合は例外。ただし日にちの指定を行えば無効になる。明らかに無理が生じるようであれば心臓麻痺となる。

 

デスノート(DEATH NOTE)の所有権の解説

デスノートは人間界の地に着いた時点で人間界のものとなる。
デスノートを所有している限りそのデスノートの元々の所有者であった死神が人間に憑く。

デスノートを所有していた者が全てのノートの所有権を放棄すると、デスノート自体に関する記憶を失う。
所有権を持たない状態でデスノートの記憶を取り戻すには、使用したことのあるデスノートに触れているしかない。ただし再び所有権を得ない場合は、ノートを離すと再び記憶を失う。

一度所有権を放棄しても再び所有権を得ることは可能である。その場合最大6回までである。

 

デスノート(DEATH NOTE)の所有権が複数ある場合

所有権を放棄しても1つでもデスノートが残っていれば記憶は消えない。
所有権を放棄したデスノートに憑く死神の姿は認知できなくなる。

 

デスノート(DEATH NOTE)の嘘のルール

このノートに名前を書き込んだ人間は、最も新しく名前を書いた時から、13日以内に次の名前を書き込み、人を殺し続けなければ自分が死ぬ。
このノートを刻む焼くなどして使えなくすると、それまでにノートに触れた全ての人間が死ぬ。

※上記二つのルールは劇中で夜神月が自分に対する疑惑の目を逸らすためにリューク(映画版ではレム)に書かせた虚偽の設定であり、これを冒してもこのルールは適用されない。

 

デスノート(DEATH NOTE)の死神のルール

基本的なルール

死神は、デスノートを最低1冊は必ず所有していなければならない。
死神は、デスノートで人間を殺すと、その人の寿命と現年齢の差分を自分の寿命として得ることが出来る。

死神は所有者及びデスノートに触れた者で見える人間の名前と寿命を、他の人間に教えてはならない。
死んだ死神を認知できていた人間でないと死んだ死神のデスノートを見たり触れたりすることは出来ない。

デスノートの元持ち主である死神は、そのデスノートにおける死の手伝いや妨げになるような行為を基本的にはしないが、それぞれの性格による。
死神界では死神大王がデスノートの管理を行っている。

基本的にデスノートは死神一匹につき、1冊のみ。
デスノートの所有者が、所有権を持たない人間にノートを貸した場合でも、死神はあくまで所有権のある人間につかなければならない。

死神が特定の人間に好意を持ち、その人間の寿命を延ばすためにデスノートを使用した場合、死神は死ぬ。
死神が死んだ場合、その死神はその場で砂のように崩れ落ち、肉体は消える。しかしデスノートは残る。その際、所有権は次に触れた死神に移るが、基本的には(死神界の常識として)死神大王に返上すべきとされる。

死神が人間界で何かしらの違反行為なるものを犯した場合、死神界でその違反行為の悪度によって罰が下される。罰は、「特級」から「8級」までで、「3級」以上は死罪となりうる。
死神はむやみに人間界に居てはならない。人間界に居て良い場合は、デスノートを渡す人間を人間界単位で82時間以内で物色する場合、自分に所有権があったノートを人間に譲渡したとき、など多々理由がある。

デスノートを持っている限り、自分が死ぬまで元持ち主である死神が憑いてまわる。
デスノートの所有権がある人間をデスノートを使って殺すことは何の問題もない。

デスノートの使い方や、それを持つ人間に発生する掟を死神が全て説明する義務はない。
人間に憑いた死神が死んだ場合、その死神が人間界に持ち込んだデスノートの効力に変化は生じない。

死神は人間界の物に触るか触らないかを選べる。
死神にも性別があるが、生殖行動などはしない。また、人間との性行為は禁じられているらしい。

死神は心臓をナイフで刺しても頭を銃で撃ち抜いても殺すことはできない。しかし、一介の死神は知らない死神の殺し方は存在する。
デスノートに死神の名前を書かれても死神は死なない。

人間界で同時に存在していいデスノートは6冊まで。よって、人間にノートを所有させる事で人間界にいていい死神も六匹まで。
人間界にデスノートを持ち込んだ死神はノートの最初の所有者が死ぬことになる場合、自分のノートに所有者の名前を書き込まなければならない。

 

死神の目

デスノートの所有権を持つ人間は、自分についている死神に自分の余命の半分を渡す事によって、死神の目を手に入れることができる。これを死神の目の取引という。
死神および死神の目を持つ人間は、人間の顔(鮮明であれば写真・映像でも可)を見るとその人間の名前と寿命を見ることができる。

既に死んでいる人間の写真等を見た場合、名前も寿命も見えない。
自分自身を含めたデスノート所有者に関しては、名前だけしか見ることができない(これを利用して、デスノート所有権を調べる事が出来る)。死神からは、デスノート所有者であっても名前と寿命の両方が読める。

デスノートの所有権を放棄すると死神の目を失うが、寿命は元には戻らない。
一度デスノートの所有権を失った場合、再び所有権を得ても再度取引しない限り死神の目を得ることはできない。

複数回取引する場合、取引するごとにその時点での残りの寿命の半分を支払わなくてはならない。
目の取引は一瞬で完了する。

目の取引を行った場合、本来の視力に係わらず3.6以上の視力になる。
原作では演出の事情から普通の目と少し変えて描いているが、死神の眼球を持った人間の判別は、人間界のどんな医学や科学をもってしてもできないし、死神でもその人間と直接目の取引をした死神(目の取引をした事を知っている死神)にしか解らない。

人間界にデスノートがあることで、ある人間の人生が変わり、デスノートに書かれなくとも本来の寿命より前に死んでしまうことはある。それがどんな死に方であろうと、その場合やはり死神の目には縮んだ寿命ではなく本来の寿命が見えることになる。
死神の目で見える人間の名前は「その人間を殺すために必要な名前」であり、その人間の本当の名前である。

 

デスノート(DEATH NOTE)のキャスト

登場人物については、DEATH NOTEの登場人物を参照。

 

夜神月:宮野真守
L:山口勝平

ニア:日高のり子
メロ:佐々木望

弥海砂:平野綾
魅上照:松風雅也

高田清美:岡村麻純(第一部)、坂本真綾(第二部)
夜神総一郎:内田直哉

松田桃太:内藤玲
相沢周市:藤原啓治

模木完造:中井和哉
伊出英基、レイ・ペンバー:石川英郎

宇生田広数:木内秀信
夜神幸子:さとうあい

夜神粧裕:工藤晴香
ワタリ:小林清志

リューク:中村獅童
レム:斉藤貴美子

シドウ:矢尾一樹
南空ナオミ:松井菜桜子

出目川仁:茶風林
アイバー:桐本琢也

ウエディ:長沢美樹
尾々井剛:梁田清之

樹多正彦、アンソニー・レスター、ロッド・ロス:相沢正輝
紙村英:横尾博之

鷹橋鋭一:西凛太朗
奈南川零司:野島裕史

三堂芯吾:花輪英司
火口卿介:二又一成

葉鳥新義、リンド・L・テイラー:徳本恭敏
ハル・リドナー:渡辺明乃

ステファン・ジェバンニ:高橋広樹
北村是良:池田勝

ロジャー・ラヴィー:大竹宏
大統領:田原アルノ

スティーブ・メイスン:小形満
ジャック・ネイロン:松山タカシ

マット、渋井丸拓男(シブタク):西村朋紘
恐田奇一郎:宝亀克寿

デリダブリー:後藤哲夫
グック:大西健晴

ナレーション、アラモニア・ジャスティン・ビヨンドルメーソン:梅津秀行
森富美:森富美(日本テレビアナウンサー・本人役)(特別出演)

藤井恒久:藤井恒久(日本テレビアナウンサー・本人役)(特別出演)
ジェラス:松山ケンイチ(特別出演)

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

↑トップに戻る

デスノート(DEATH NOTE)の無料動画一覧

でつぶやく。。

▽「デスノート(DEATH NOTE)」視聴画面視聴画面▽

↑トップに戻る