アニメ「ハウルの動く城 -スタジオジブリ-」の動画を無料で視聴しよう♪

ハウルの動く城 -スタジオジブリ-の無料視聴動画一覧

ハウルの動く城 -スタジオジブリ-:関連DVD・関連アイテム

ハウルの動く城 -スタジオジブリ-の動画を無料視聴する前に

ハウルの動く城 -スタジオジブリ-の概要

原作には無かった戦争を付け加えるなど原作のストーリーを大幅に改編してあり、前半は比較的原作に準じているが、後半は原作とは全く違った展開になっている。原作者はこれを全て了承し、なおかつ映画を絶賛した。
主人公のハウルが美青年であることやソフィーを主体としたロマンティックなラブストーリーであること、またハウルの声優に、人気アイドルSMAPの木村拓哉を起用したことなど、アニメを敬遠しがちな女性にも劇場に足を運ばせる原動力となり、幅広い観客層を獲得した。とくにこれまでのジブリ作品が、ある特定の年齢層をターゲットとしてきたように、本作は「中高年」をターゲットに取り込もうとする試みも随所に見られる。主人公は老婆の姿であり、街は不便なことが多い。これらはやがて来る、自分達の将来の姿であり、「バリアフリー」や介助などの必要性を説いている。また同時に、愛には年齢や容姿など関係ないという主張も感じられる。

 

ハウルの動く城 -スタジオジブリ-のあらすじ

魔法と科学が混在する、近代のような世界。

 

帽子屋の娘で18歳のソフィーは、街で2人の兵士に絡まれているところをある青年に助けられる。追われていると言う青年に促されるまま空中を歩き、ゴム人間に追われるが青年の魔法によって無事に逃げ切る事が出来た。 その夜、「荒地の魔女」と呼ばれる魔女から呪いをかけられ、ソフィーは90歳の老婆の姿になってしまう。他人に真実を訴えられないソフィーは家族に心配をかけたくないと思い、やむを得ず家出することになる。

 

街を出て荒地を放浪するソフィー。そして間もなく夜になろうかと言う頃、彼女の目の前に美しい女性の心臓を食らうと噂される魔法使いハウルの住む、巨大な動く城が現れた。彼女はその城へと入り込む。 そこでソフィーは、ハウルと契約して囚われた火の悪魔カルシファーに出会い、カルシファーをハウルとの契約から解放すれば、ソフィーを元の姿に戻すと言う取引をする。そして街で出会った青年こそが魔法使いハウルだったと知ったソフィーは、そのまま掃除婦としてハウルの城に居座ることにする。

 

やがてハウルのもとへ、国王から戦争へ参加するよう召集令状が届く。戦争に参加する事を拒むハウル、そして彼を助けようとするソフィー。そしてハウルと接するうちに、ソフィーの心の中にある思いが芽生えてくる。だが彼らの元には、確実に戦火が忍び寄っていた。

 

果たしてハウルとカルシファーの運命は、そしてソフィーの呪いは解けるのであろうか…。

 

動く城
魔法使いハウルの住居。鳥に似た4本の足で荒地を歩行して移動する。“城”というよりも、ガラクタの集積のようである。

 

戸口のドアには回転式のスイッチ(ノブ)があり、スイッチの色(緑・青・赤・黒)を切り替えることで荒地(緑)、港町(青)、首都(赤)、暗黒(黒)の4ヶ所に出口を変更できる。後に、別色(緑・黄色・桃色・黒)に替わり、黄色はソフィーの生まれた街に、桃色はハウルの秘密の庭に通じるようになる。

 

歩行から照明、調理、入浴にいたるまで、城が消費するすべてのエネルギーはカルシファーが供給している。また、構造材を結合し、城としての形を維持することもカルシファーに依存しているため、カルシファーが城の外に出てしまうと、城は瞬く間に崩壊する。崩壊したとき、カルシファーは瓦礫を落としながらも動かした。だが、荒地の魔女が強引にカルシファーを取り出したせいで、暴走し2つに割れてしまった。ソフィーとヒンが乗った半分は、深い底に転落し、瓦礫の山となってしまった。一方、もう半分は無事だったが、床だけになり山を滑り落ちた。 映画後半で崩壊したハウルの城だが、エンディングで空を飛行する動く城として再登場している。

 

ハウルの動く城 -スタジオジブリ-のキャッチコピー

「ふたりが暮らした。」(糸井重里)
「この城が動く。」

「生きる楽しさ。」
「愛する歓び。」

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

↑トップに戻る

ハウルの動く城 -スタジオジブリ-の無料動画

ハウルの動く城 -スタジオジブリ- 宮崎駿監督  2004年11月20日公開

スタジオ・ジブリ作品の無料動画一覧

56com<1/1> Ku6<1/1>

でつぶやく。。

▽「ハウルの動く城 -スタジオジブリ-」視聴画面視聴画面▽

↑トップに戻る