アニメ「魔女の宅急便 -スタジオジブリ-」の動画を無料で視聴しよう♪

魔女の宅急便 -スタジオジブリ-の無料視聴動画一覧

魔女の宅急便 -スタジオジブリ-:関連DVD・関連アイテム

魔女の宅急便 -スタジオジブリ-の動画を無料視聴する前に

魔女の宅急便 -スタジオジブリ-の概要

スタジオジブリ製作で宮崎駿監督作品。1989年7月29日に公開される。

 

これまでジブリを支えてきた徳間書店に加え、日本テレビがスポンサーに付き、鈴木敏夫がジブリにプロデューサとして移籍している。その上でテレビCMなど広告宣伝面にも力が入れられた結果、配給収入21.5億円と、前作『となりのトトロ』の3倍以上を記録する。従来アニメ映画を見なかった若い女性、そして家族連れを中心に幅広い層に人気を集めた。ジブリブランドを経済面で確実な物とした作とも言える。

 

原作をかなり自由に脚色し、背景にはアイルランドやスウェーデン、ポルトガルなどで取材してきた町の風景を使っている。また、フォルクスワーゲン・ビートルが多数登場している事から、ドイツも多少モチーフにされていると思われる。白黒テレビが普及している一方で、ボンネットバスや大きな飛行船が使われているなど、現代ではなく過去の時代を舞台にしていると思われる(宮崎監督によれば「第二次世界大戦を経験しなかったヨーロッパ」という設定)。

 

主な舞台になった町は、スウェーデンのゴトランド島にあるヴィスビューおよび首都ストックホルムの町とその近郊がモデルになっている。宮崎がAプロダクション(シンエイ動画)時代の1971年に幻の映画企画『長くつ下のピッピ』のロケハンで訪れた場所でもある。

 

また、1978年公開の『さらば宇宙戦艦ヤマト-愛の戦士たち』の記録を抜いて日本の劇場用アニメ映画の興行記録を更新した。英語版作品名は "Kiki's Delivery Service"。主題歌は日本版と異なり、別の英語の歌が用いられている。

 

ほかに、日本テレビで2年に1回ほどの割合で金曜ロードショーで放送されている。

魔女の宅急便 -スタジオジブリ-のあらすじ

魔女の娘は、13歳になると修行のために家を出て独立するという掟があった。そんな女の子の一人キキは、黒猫ジジと共に港町コリコに降り立った。パン屋の女主人に気に入られ、店先を借りて宅急便を開業することとした彼女。そこには新しい生活と喜び、失敗と挫折、人力飛行機に熱中する少年トンボ(映画では、コポリという本名が紹介されている)との出会いが待っていた。

魔女の宅急便 -スタジオジブリ-のキャッチコピー

『おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。』(糸井重里)

魔女の宅急便 -スタジオジブリ-の主題歌

映画の主題歌には、ユーミンこと荒井由実が歌う既存の楽曲「ルージュの伝言」(オープニング、アルバム「COBALT HOUR」に収録)と「やさしさに包まれたなら」(エンディング)が採用され、映画公開当時リバイバルヒットとなった。
荒井由実セカンドアルバム 「MISSLIM

バラードベストアルバム 「sweet,bitter sweet〜YUMING BALLAD BEST

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

↑トップに戻る

魔女の宅急便 -スタジオジブリ-の無料動画

魔女の宅急便 -スタジオジブリ- 高宮崎駿 1989年07月29日公開

スタジオ・ジブリ作品の無料動画一覧

56com<1/1> Ku6<1/1>

でつぶやく。。

▽「魔女の宅急便 -スタジオジブリ-」視聴画面視聴画面▽

↑トップに戻る