アニメ「名探偵コナン」の動画を無料で視聴しよう♪

名探偵コナンの無料視聴動画一覧

名探偵コナン:関連DVD・関連アイテム

名探偵コナンの動画を無料視聴する前に

名探偵コナンの劇場版

東宝による配給で、毎年ゴールデンウィーク直前に公開されている。ちなみに作品によっては「この作品はフィクションです」というテロップが終盤につくことがある。
メインタイトル後には、工藤新一が江戸川コナンになってしまった経緯が説明されており、原作を知らない人でも物語が理解できるようになっている。

作中の序盤において、なぞなぞが出されることがある。なぞなぞの出題者は阿笠博士であることが多い(作品の後半になってくると、出題する時にコナンが「待ってねえし……」というせりふが見られる)。

名探偵コナンの概要

謎の組織によって体を小さくされた高校生探偵が、数々の難解な事件を解決していくさまを描いた推理漫画。多くの登場人物の間に絡ませた恋愛描写もあり、幅広い年代に読まれている。1996年から放映が始まったテレビアニメも高い人気を保つ。
漫画・アニメ共に、世界各国で親しまれている。タイトルの英語表記は『Detective Conan』で、他の言語もそれに従うものだが、米国版のみ『Case Closed』というタイトルになっている。

青山の前作『YAIBA』の終了から4週間(前半2週間はスクウェア『ライブ・ア・ライブ』キャラクターデザインを挟んだため、実質2週間程度)の準備期間を経て連載が始まった。

名探偵コナンのあらすじ

高校生にして日本屈指の名探偵・工藤新一は、幼馴染みの毛利蘭と遊園地へ遊びに行く。新一はそこで謎の組織の取引現場を目撃するが、組織のもう一人の仲間に気付かず殴り倒されてしまう。新一を殺すために組織の男が飲ませた毒薬は何故か新一を幼児化させてしまった。組織が知らなかった薬の副作用によって生き延びた新一は正体を隠しながら謎の組織を追うために、周りには新一の親戚、江戸川コナンだと名乗る。父親、毛利小五郎が探偵をやっている蘭の家へ居候し、謎に包まれた黒の組織を追うため、探偵として事件を解き続ける。

名探偵コナンの評価と人気

原作が始まった1994年当時は、1992年に『週刊少年マガジン』で連載が始まった『金田一少年の事件簿』を契機とした「ミステリー漫画ブーム」となっており、『週刊少年ジャンプ』の『人形草紙あやつり左近』・『心理捜査官草薙葵』、『コロコロコミック』の『秘密警察ホームズ』などが連載されていた。作者のポップな画風や、ラブコメにマッチした登場人物、江戸川コナンの人物設定等が『少年サンデー』読者に広く支持されていく事となる。また、これらのミステリー漫画の中で最も早くアニメ化され、アニメが大ヒットした事も手伝って、『サンデー』屈指の大ヒット作品となった。
2003年には、コミックスの総発行部数が1億冊を突破する。

なお、少年サンデーコミックスは毎月17日頃に発売となっているが、この作品の単行本は5日頃発売となっている(例外あり)。

名探偵コナンの作品構造

作品の流れ
主人公である工藤新一が、江戸川コナンにされてしまった体を元に戻して日常を回復するというのがこの作品の主軸であり、元の体に戻るべく「黒の組織」という巨悪の謎を解き立ち向かっていくというのが本作の大きな流れである。この大きなストーリーの上で数々の事件が起こっていくわけであるが、事件のほとんどは組織とは関係ない。そのため巻数を重ねても組織の正体が少しずつしか見えてこず、非常に長い伏線が張られていることが多々ある。主要人物の一人、灰原哀は、2巻の「10億円強奪事件」でその存在が示唆され、初登場は18巻である。黒の組織の幹部・ベルモットの正体に関しては、24巻の「暗闇の中の死角」、「黒の組織との再会」から42巻の「黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー」(すべてアニメ版タイトル)まで続く非常に長い伏線となった。

作品中に発生する事件は殺人事件(未遂もあり)が最も多く、その動機は多くが復讐である。主人公等の探偵達は罪を犯した犯人に対して自殺を思い留まらせようとしており、殆どの犯人は自殺をしていない。原作で実際に自殺をした犯人は現在の時点で一人(麻生成実)だけであり(未遂は何人かおり、また犯人が別の人間に殺された事例はある)、そのことはコナンにとって大きなトラウマになっている。単行本内の作者のコメントにも「推理で自殺に追い込むなんて殺人犯と一緒じゃないか」とある。また、事件においては物理トリックが使われているケースが大半を占める。ただし、蘭を口封じのために殺害しようとした高橋という男に対しては「死にたきゃ勝手に死ね!」とまで言っている。

作中における名探偵コナンの探偵像

現実の日本では「探偵」は公認資格ではなく“自称”である。犯罪に付いて調べる事は法律に違反しない限り警察官以外でも可能だが、現行犯を除き「逮捕」は出来ない(現行犯であっても法律に違反する可能性がある事や危険を避ける為にも「通報」を第一に考えなければならない)。この作品での探偵の捉え方は日本の「探偵」ではなく、「名探偵」、即ちシャーロック・ホームズを初めとする衆に抜きんでた能力を持つ主人公としてのそれである。この為、作中世界の描写は西欧やアメリカのミステリー小説を意識したものが多く、主人公達の住んでいる架空の町の町名も西欧の探偵小説にゆかりの名称のもじりである。またこの主人公達の住む町そのものも西欧の探偵小説を強く意識したデザインがなされている。

名探偵コナンの作中における人間関係

推理漫画でありながら、登場人物間の関係についての話も大きな位置を与えられており、登場人物同士に着目した話が多数書かれている。物語が進み黒の組織の内部が明らかになるにつれて両者が混合しつつある。
登場人物の関係では殆どが、コナンを取り巻く人々や警視庁の刑事らの恋愛が問題になる。また作者自身もこの作品を「殺人ラブコメ漫画」と称している。多くの登場人物の関係が、昔からの知り合いという設定であり、人間関係を円滑に描けるようになっている。また、そのような人物間では過去の出来事に基いた挿話がしばしば行われる。対して、話が進んでから登場した人物の場合、作品の主な時間軸の中で物語が発展する為、当初からの人物とのそれに比べて関係の変化は著しく早い。この場合、例えばコナン=新一は、コナンという人格において新一や蘭を中心にした作品内の世界の中では「新しい」人物であり、少年探偵団、特に吉田歩美や灰原哀との関係において、その関係の変化のペースは早い(コナンが帝丹小学校に入学したのは通巻第10話であるが、少年探偵団結成は第36話である)。しかし、新一という人格においては、新一と蘭は幼馴染であり、既にある関係の中の「旧い」人物である。この旧い関係を起点に、新しい人物を交えて新たな関係が続々と創出されているのが、作品の大きな特徴となっている。

名探偵コナンの作中における時間軸

作中の時間は『サンデー』掲載時の季節を追うが、新一や蘭らはずっと高校2年生のままである。作者はこのことについて「サザエさんと同じ」とコメントしている。また、テレビアニメ版も放送時の季節に合わせることがあり、原作では冬に起こった事件が放送日に合わせて夏になったりする場合もある。
なお、テレビアニメでは第400話「疑惑を持った蘭」において、新一が小さくなってからまだ半年も経っていないということが明言された。その後、原作においてもコミックス58巻収録の「赤井の過去」の話の時点で、10億円強奪事件(コミックス2巻収録「行方不明の男」〜「悪魔のような女」、アニメ第128話「黒の組織10億円強奪事件」)で宮野明美が殺されてからまだ数ヶ月しか経っていないことが語られた。

映画『探偵たちの鎮魂歌』のパンフレットによると、アニメ第400話の設定を改めて実感させるように、声優陣はまだ新一が蘭の元から居なくなって半年だという事を考えながらアフレコを行っているという。
2009年度公開の映画『漆黒の追跡者』では、高木刑事が「最近、工藤君が帝丹高校の学園祭事件を解決した」と発言した。

また、作中に登場する道具類も変化している。新一としての連絡手段は時代が進むにつれて小学生でも携帯電話を持つ時代となってからは、初期の公衆電話やイヤリング型携帯電話などが使われなくなっている。また、連載当初は手帳型であった警察手帳も、現実世界では2002年10月1日から警察手帳が新しくなりバッジ型に変わったのに合わせ、バッジ型手帳へと変更されている。

名探偵コナンの作中で使用される言葉

少年漫画でありながら、子供が理解できるとは思えない言葉や情景が描かれることもある。
例を挙げると、ある事件の解決シーンで使用された「色情魔」という言葉やジンとベルモットの肉体関係を暗示する情景の映写などがあり、この作品が大人向けでもあると言われる要因の一つとなっている。これらはテレビアニメ化される際修正もしくはシーン自体が削除されるケースが多く、前述の「色情魔」は「浮気男」に修正、ジンとベルモットの間柄についてのシーンは削除されている。この他原作でよく使われる「死体」というセリフも、アニメでは「遺体」に変更されている。

名探偵コナンと他作品とのリンク

作中には、青山剛昌の他作品のキャラクターが出演することがある。最も有名なのは『まじっく快斗』の怪盗キッドで、もはやレギュラーと言える存在になっている。同作品からは黒羽盗一、中森銀三、白馬探、中森青子といった人物も各々主要な役で出演しており、アニメ版ではそれに加え寺井黄之助、小泉紅子、桃井恵子といった人物も登場している。
また、サンデー×マガジン創刊50周年企画の一貫で『金田一少年の事件簿』との共同漫画誌やゲーム、『名探偵コナン&金田一少年の事件簿 めぐりあう2人の名探偵』でのコラボレーション企画や、テレビアニメの特番で『ルパン三世』との対決(協力)が描かれるなど、他作者の作品との共演も積極的になってきている。

2002年7月1日放送の回においては同日放送夜10時開始するドラマ『私立探偵濱マイク』の主人公濱マイクがドラマ主演の永瀬正敏のCVで登場した。

名探偵コナンの登場人物

「名探偵コナンの登場人物」を参照
江戸川コナン(工藤新一)

毛利蘭
毛利小五郎

阿笠博士
灰原哀

服部平次
遠山和葉

鈴木園子
妃英理

目暮十三
高木渉

佐藤美和子
白鳥任三郎

怪盗キッド
少年探偵団

FBI
黒の組織

名探偵コナンの主題歌

1.1997年4月19日『時計じかけの摩天楼』
主題歌:「Happy Birthday」杏子

2.1998年4月18日『14番目の標的』
主題歌:「少女の頃に戻ったみたいに」ZARD

3.1999年4月17日『世紀末の魔術師』
主題歌:「ONE」B'z

4.2000年4月22日『瞳の中の暗殺者』
主題歌:「あなたがいるから」小松未歩

5.2001年4月21日『天国へのカウントダウン』
主題歌:「always」倉木麻衣

6.2002年4月20日『ベイカー街の亡霊』
主題歌:「Everlasting」B'z

7.2003年4月19日『迷宮の十字路』
主題歌:「Time after time〜花舞う街で〜」倉木麻衣

8.2004年4月17日『銀翼の奇術師』
主題歌:「Dream×Dream」愛内里菜

9.2005年4月9日『水平線上の陰謀』
主題歌:「夏を待つセイル(帆)のように」ZARD

10.2006年4月15日『探偵たちの鎮魂歌』
主題歌:「ゆるぎないものひとつ」B'z

11.2007年4月21日『紺碧の棺』
主題歌:「七つの海を渡る風のように」愛内里菜&三枝夕夏

12.2008年4月19日『戦慄の楽譜』
主題歌:「翼を広げて」ZARD

13.2009年4月18日『漆黒の追跡者』
主題歌:「PUZZLE」倉木麻衣

14.2010年4月17日『天空の難破船』
主題歌:「Over Drive」GARNET CROW

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

名探偵コナン主題歌

↑トップに戻る

名探偵コナンの無料動画一覧

でつぶやく。。

▽「名探偵コナン」視聴画面▽

↑トップに戻る