海外TVドラマ「24 -TWENTY FOUR-」の動画を無料で視聴しよう♪

24 -TWENTY FOUR-の無料視聴動画一覧

24 -TWENTY FOUR-:関連DVD・関連アイテム

24 -TWENTY FOUR-の動画を無料視聴する前に

24 -TWENTY FOUR-の概要

24』は、複数の出来事がリアルタイムで進行し、全シーズンが1話1時間の全24話で完結する(実際はCMが入るので1話44分間程度)。アメリカの連邦機関であるCTUロサンゼルス支局(シーズン1〜6)の捜査官ジャック・バウアーと、その同僚や家族らがテロリストと戦う、サスペンスアクションドラマである。2001年にアメリカで放送が開始され好評を博し、その後世界各国で放送され世界的人気作品となった。
なお、本編の進行は、視聴者からのインターネットの投稿により、物語が変化する可能性がある伏線が、各所にちりばめられている。CTUの活躍を全面に押し出すためか、FBIや警察などの捜査機関はほとんど登場していなかったが、シーズン7でFBIワシントン支局が主軸で登場することになる。

24 -TWENTY FOUR-の登場人物

本作では時間軸にそって、さまざまな登場人物が登場するが、おおまかに分けて以下のような人物たちを、交互に切り替えながら描いている。主人公であるジャック・バウアーとCTUスタッフらの活躍はもちろん、もう一人の主人公として「大統領」とその政権スタッフらも、テロに対する苦悩と決断も描かれている。

24 -TWENTY FOUR-の受賞歴

シーズン1はゴールデングローブ賞のドラマ・シリーズ部門の主演男優賞(キーファー・サザーランド)を受賞。2004年には作品賞を受賞している。エミー賞では全シーズンでサザーランドが、シーズン5まで作品が候補となっており、2006年の第58回ではシーズン5にしてようやく両者とも受賞した。

24 -TWENTY FOUR-の登場人物

CTUのメンバー

ジャック・バウアー
キンバリー・バウアー

ニーナ・マイヤーズ
トニー・アルメイダ

ミシェル・デスラー
クロエ・オブライエン

デイビッド・パーマー
ウェイン・パーマー

ジョージ・メイソン
ビル・ブキャナン

アメリカ合衆国の政権とスタッフ
デイビッド・パーマー政権

アメリカ合衆国大統領 デイビッド・パーマー
大統領首席補佐官 マイク・ノヴィック(シーズン2)、ウェイン・パーマー(シーズン3)

安保担当補佐官 リン・クレスギ(シーズン2)
大統領秘書官 ジェニー・ドッジ(シーズン2)

ホワイトハウス報道官 ゲリー・ホワイトホーン(シーズン3)
副大統領 ジム・プレスコット

国家安全保障局長官 ロジャー・スタントン(シーズン2)
国家安全保障局担当官 エリック・レイバーン(シーズン2) 

キーラー政権

アメリカ合衆国大統領 ジョン・キーラー
大統領補佐官 ロバート・フランクリン

副大統領 チャールズ・ローガン
副大統領補佐官 ウォルト・カミングス

副大統領顧問 マイク・ノヴィック
スペシャルアドバイザー デイビット・パーマー(シーズン4)

下院議長 ドナルド・アシュトン
国防長官 ジェームズ・ヘラー

国防長官特別補佐官 ジャック・バウアー(シーズン4)
国防長官政策秘書 オードリー・レインズ

ローガン政権

アメリカ合衆国大統領 チャールズ・ローガン
ファーストレディー マーサ・ローガン

大統領首席補佐官 ウォルト・カミングス
大統領補佐官 マイク・ノヴィック

副大統領 ハル・ガードナー
国防長官 ジェームズ・ヘラー

国防長官政策秘書 オードリー・レインズ

ウェイン・パーマー政権

アメリカ合衆国大統領 ウェイン・パーマー
大統領首席補佐官 トム・レノックス

首席補佐官代理 リード・ポロック
安保担当補佐官 カレン・ヘイズ

副大統領 ノア・ダニエルズ
副大統領首席補佐官 リサ・ミラー

国防長官 イーサン・ケニン
保健福祉長官 ガイルズ

財務長官 ミッチェル
司法長官 グレーブス

ダニエルズ政権

アメリカ合衆国大統領 ノア・ダニエルズ
大統領首席補佐官 トム・レノックス

テイラー政権

アメリカ合衆国大統領 アリソン・テイラー
ファーストジェントルマン ヘンリー・テイラー

大統領首席補佐官 イーサン・ケニン
副大統領 ミッチェル・ヘイワース

国土安全保障長官 ティム・ウッズ

24 -TWENTY FOUR-のあらすじ

シーズン1

大統領候補者暗殺計画。(午前0時-午前0時)
2002年3月、カリフォルニア州での大統領予備選挙戦当日の24時間が舞台。

アメリカ合衆国で初めての黒人の大統領候補・デイビッド・パーマー議員が、今後24時間以内に暗殺されるとの情報が入る。また、CTUの内部に裏切り者がいることも示唆される。
一方、高校生でジャックの娘キムがパーマー暗殺計画グループに誘拐され、キムを探していたジャックの妻テリーも、後に誘拐される。また、パーマー議員の息子が過去に犯した殺人という政治的スキャンダルが問題となる。

議員を守るはずのジャックが、犯人に娘と妻を殺すと脅迫され、議員暗殺の実行犯に仕立て上げられる。

シーズン2

小型核爆弾テロ(午前8時-午前8時)
シーズン1から1年半後のある1日が物語の舞台。

妻の死による心の傷が癒えないジャックは、CTUを休職・失意の日々を送っていた。
一方、デイビッド・パーマーはアメリカ合衆国初のアフリカ系アメリカ人の大統領として活躍していた。久々の休暇を満喫していたパーマーのもとに「24時間以内にテロリストがロサンゼルスで核爆弾を爆発させる」という情報が届く。核の脅威からロサンゼルスを守るために、パーマー大統領の懇願により、ジャックはCTUに復職する。

その頃、娘のキムはジャックとは離れて暮らしており、ロス市内にあるマシスン家でベビーシッターとして住み込みで働いていたが、一見幸せそうに見えるその家庭では、父親によるDVが行われていた。

シーズン2.5

(午前6時 - 午前6時)
シーズン2とシーズン3の中間にあたるゲーム版。シーズン2から6ヵ月後のある1日が物語の舞台。

シーズン3

バイオテロ。(午後1時-午後1時)
シーズン2から3年後のある1日が物語の舞台。

生物兵器として改良された強力な病原菌に感染した死体が、ロサンゼルスにある国立衛生局の前に捨てられた。ジャックの娘・キムはCTUのスタッフとして勤務しており、同僚とともに、病原菌の出所の調査を始める。
CTUではある1人の青年が麻薬(ヘロインかコカイン)の運び屋として今にも動き出そうとしていることを知るが、この物質は麻薬ではなく、生物兵器の病原菌なのではないか、と疑いを掛ける。またジャックは、この生物兵器の散布を防ぐため、別ルートで犯人を特定しようとしていた。

折りしもその頃、デイビッド・パーマー大統領は任期満了に伴う大統領選挙戦を控え、共和党のジョン・キーラー候補との演説会を迎えようとしていた。

シーズン3.5

シーズン3とシーズン4の中間にあたる短編。
シーズン3から3ヵ月後の物語、トニーの後任であるドリスコルにヘロイン中毒であることを理由にジャックがCTU解雇をいいわたされる。

シーズン4 [編集]
連続時間差多発テロ(午前7時-午前7時)

シーズン3から15ヵ月後のある1日が物語の舞台。
ジャックは麻薬中毒だった過去を上官に「弱点になる」と指摘されCTUを解雇され、国防長官の特別補佐官として働いていた。

1年前にCTUを解雇されて以来初めて、国防長官代理としてCTUロス支局を訪れたジャックは その日の朝に発生した列車爆破事件の実行犯と遭遇。犯人から本当の狙いが国防長官の拉致だと聞き出したジャックは、長官に避難するよう知らせる。

シーズン4.5

シーズン4とシーズン5の中間にあたる短編。
シーズン4から1年後、シカゴに潜伏中のジャックの携帯にクロエからの連絡が入る。緊急時以外に連絡をしないことになっているはずなのにクロエが直接シカゴに出向くという。

シーズン5

元大統領暗殺・空港占拠・神経ガス散布テロ・ロシア大統領襲撃・潜水艦強奪(午前7時-午前7時)
シーズン4から1年半後のある1日物語の舞台。

中華人民共和国政府に追われる立場となったジャックは「フランク・フリン」と名前を変え、ダイアン・ハクスリーとその息子デレクと日雇いの仕事をしながら生活していた。
一方、元大統領のパーマーはロサンゼルスで弟のウェインと共に回想録を執筆中にテロリストによって狙撃され死亡。パーマーの暗殺直後、ミシェルとトニーもテロリストに狙われ、ミシェルは死亡、トニーは重傷を負う。そしてテロリストに狙われたクロエはジャックに助けを求める。

シーズン5.5

シーズン5とシーズン6の中間にあたる短編。
シーズン5から7ヶ月後、中華人民共和国政府に捕まり、僻地の収容施設で捕らわれていたジャック。何ヶ月にも及ぶ厳しい拷問にも全く機密事項を話そうとしないジャックに、工作員のチェン・ジーは一計を案じた。

シーズン6

連続自爆テロ・小型核爆弾テロ(午前6時 - 午前6時)
シーズン5から20ヶ月後のある1日物語の舞台。

アメリカ国内は自爆テロが頻発し、アメリカ政府や国民の間では恐怖と中東系市民への警戒心が高まっていた。そんな中ジャックが、アメリカ政府と彼を監禁していた中華人民共和国政府との交渉により帰国を果たす。
しかしジャックが連れ戻された理由は、テログループ内部の者による、グループリーダーとされるアサドの居所を教える代わりにジャックを差し出す、という提案を政府が呑むためだった。グループがジャックを捕らえるまでの間CTUの情報を筒抜けにすることも条件とされたため、なす術がないCTU。

ジャックは、アサドがリーダーどころかテログループを阻止するために動いていることを告げられる。決死の覚悟で脱出を試みるジャック。そうしている間にも政府はアサド暗殺の準備を進めていく。

Debrief

シーズン6のその後にあたる短編。
シーズン6から15時間後、ホテルでバレンシアの核爆発のニュースを見ていたジャック。その時、誰かがドアをノックした。本部からの特別捜査官が、中華人民共和国に拘留されている時にアメリカの機密情報を漏らしたのではないかと云う容疑で、ジャックを拘束しに来たのだ。断固否定するジャックだったが、信用しない彼はバークに自白剤を注射するよう命じる。

24 リデンプション

シーズン6とシーズン7の中間にあたる特別エピソード。(午後3時-午後5時)
シーズン6から4年後。舞台はジャックのいるアフリカのサンガラと、アメリカのワシントンD.C.。

オードリーと別れ、人間らしい生活を全て失ったジャックは、アメリカを離れ放浪の果て特殊部隊時代の同僚で、現在は、内戦で親を失った孤児達のために学校を運営しているカール・ベントンの元に人目を忍ぶように身を寄せていた。
ある日、武装集団が来襲し、子どもたちを拉致しようとする。政情不安なサンガラでは、反白人主義のグループが身寄りのない子供を集めては洗脳し内戦のための兵士を仕立てているのだった。チルドレンソルジャーの悲惨な現実を目の辺りにしたジャックは子供たちを守るために立ち上がる。

その頃、ワシントンではダニエルズ政権が任期を終え、アメリカ初の女性大統領のアメリカ合衆国大統領就任式が始まろうとしていた。
シーズン7が脚本家のストライキの影響により放送が延期されていたが、2009年1月より放送が開始される見込みが立ったため、シーズン6と7の間を補完する2時間の特別番組として制作し、2008年11月23日に放映された[5]。

これまでの「24」とは異なり、2時間でストーリーは完結するが、「24」の特徴であるリアルタイム・フォーマットは堅持している。

シーズン7

(午前8時−午前8時)
リデンプションから2ヵ月後。舞台はワシントンD.C.。シーズン6と7の間に、CTUは解体されている。

上院の公聴会で、過去にCTUにおいて行った違法な拷問についての責任追及を受けていたジャックは、急遽FBIのルネ・ウォーカーに緊急の捜査協力を依頼される。それは過去数週間の間に起きたIT関連製品盗難、及び直前に起きた全米インフラ保護システム開発者:マイケル・レイサムの誘拐に関連するもので、テロリストが全米の通信網、交通網などを乗っ取る計画を阻止することだった。
拘束下である自分がなぜ捜査に協力させられるのか疑問だったジャックは、テロリストの映った監視カメラの映像を見せられる。そこに映っていたのは死んだはずの元同僚、トニー・アルメイダだったのだ。

シーズン8

(午後4時〜午後4時)
2009年3月にシーズン8の契約が成立し、現在制作が進行している。アメリカでは2010年1月17日より順次放送開始予定。

現時点で、舞台がニューヨークに移ること、シーズン7の時点では解体されていたCTUが復活すること、一部の配役やキャラクター(続投、新規とも)が明らかにされている。

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

↑トップに戻る

24 -TWENTY FOUR-の無料動画一覧

でつぶやく。。

▽「24 -TWENTY FOUR-」視聴画面▽



↑トップに戻る