オトナ女子(終) 第10話(12月17日放送)

2015-12-17 Posted by どらまにあ

オトナ女子 毎週木曜日 22:00放送

オトナ女子の概要・あらすじ

40歳独身の中原亜紀(篠原涼子)は、恋愛アプリを手がける会社のキャリアウーマン。デビューを目指す年下のミュージシャン・伸治、愛猫のちくわと暮らしている。しっかり者だが恋愛では相手に尽くしすぎてしまい、なかなか幸せをつかめないでいた亜紀は、伸治の前では本音を出せない。心を許せるのは、同い年で独身の女友達ーーホレっぽくさまざまな男性にアプローチしているフラワーショップオーナーの大崎萠子(吉瀬美智子)と、バツイチで3人の男の子を女手ひとつで育てている坂田みどり(鈴木砂羽)だけ。亜紀たちは、何かにつけて女子会を開き、気兼ねなく愚痴を言い合っている。

Wikipedia

第10話「これが私の生きる道」
…亜紀(篠原涼子)は、高山(江口洋介)が執筆していた小説を偶然読んでしまい、大きなショックを受ける。そこには、高山と出会ってからの亜紀のことが綴られていた。池田(平山浩行)は、泣きながらカフェ『caldo』を飛び出した亜紀の姿を見つけ、彼女を追いかける。しかし亜紀は、何も話そうとはしなかった。  あくる日、亮介(吉沢亮)は、徹夜して作った企画書を亜紀に提出する。そのとき、亜紀のようすがどこかおかしいことに気づいた亮介は、何かあれば相談に乗る、と声をかける。そんな中、フルテージに高山がやってきて、亜紀を呼び出す。そこで高山は、小説を書くことを認めてほしい、と言い出し、亜紀を怒らせてしまう。  萠子(吉瀬美智子)は、母・絹江(朝加真由美)と別居することを田代(丸山智己)に打ち明ける。すると田代は、もっといい解決法があると思う、と告げる。 一方、みどり(鈴木砂羽)は、授業参観で三男・陵(浦上晟周)のクラスを訪れる。そこで陵は、「最近思うこと」というテーマで書いた作文を発表する。  別の日、亜紀は萠子、みどりと女子会を開く。そこに、池田から「会いたい」という電話が入り…。

出演:
篠原涼子・吉瀬美智子・鈴木砂羽・谷原章介・江口洋介

☆オトナ女子の原作・脚本
尾崎将也「オトナ女子」

☆オトナ女子の主題歌とか挿入歌とか
中島美嘉花束
「オトナ女子」オリジナル・サウンドトラック

オトナ女子

オトナ女子 第10話(12月17日放送)

見逃した「オトナ女子」の動画を無料視聴♪

Comments are closed.