下町ロケット(終) 第10話(12月20日放送)

2015-12-20 Posted by どらまにあ

下町ロケット 毎週日曜日 21:00放送

下町ロケットの概要・あらすじ

精密機械製造業の中小企業・佃製作所の社長・佃航平は、主要取引先の京浜マシナリーから、突然、取引終了の通知を受ける。資金繰りに困りメインバンクの白水銀行に3億円の融資を申し込むが渋られる。追い打ちをかけるように、今度はライバル会社のナカシマ工業から特許侵害で訴えられて、白水銀行からは融資を断わられてしまう。法廷戦略の得意なナカシマ工業が相手では、たとえ勝訴は濃厚でも裁判の長期化だけで資金不足による倒産は避けられそうもない。
そんな時、大企業の帝国重工の宇宙航空部長・財前の訪問を受け、佃製作所が持っている特許を20億円で譲ってくれと持ちかけられる。帝国重工は巨額の資金を投じて新型水素エンジンを開発したが、特許は佃製作所に先を越されていたのだ。航平は元妻・沙耶との会話で、特許譲渡や使用許可ではなく、帝国重工が飛ばすロケットに佃製作所で作った部品を搭載する道もあると思い当たる。しかし、それでは特許使用料が入らないどころか、リスクが高過ぎると、特に若手社員の反応は最悪で、特許使用許可か部品搭載の夢か、航平は思い悩む。
一方、部品供給を断るつもりで佃製作所を訪れた財前は、航平に案内されるままに工場を見学し、その技術の高さに部品受け入れもありうると考えるようになる。 そんな財前を出し抜きたい富山は水原本部長に取り入り、財前に変わって部品供給のテスト担当者になる。「たかが町工場の部品搭載など」と見下す富山が率いる帝国重工と、部品搭載よりも特許使用料による給与への還元を願う佃製作所の社員との、部品テストが始まった。

Wikipedia

第10話 最終決戦
…佃vs椎名ついに決着。俺はあんたを許さない。財前、辞表をかけた大勝負。佃と財前の熱い友情が再びロケットを打ち上げる・・・!?ガウディは子供たちの命を救えるのか…

出演:
阿部寛・土屋太鳳・立川談春・安田顕・和田聰宏・今野浩喜・山崎育三郎・中本賢・谷田歩・中村倫也・阿部進之介・竹内涼真・佐野岳・阿藤快・真矢ミキ・新井浩文・木下ほうか・橋本さとし・春風亭昇太・東国原英夫・池畑慎之介・恵俊彰・倍賞美津子・吉川晃司・杉良太郎・小泉孝太郎・世良公則・今田耕司

☆下町ロケットの原作・脚本
池井戸潤「下町ロケット」

☆下町ロケットの主題歌とか挿入歌とか
服部隆之
「下町ロケット」オリジナル・サウンドトラック

下町ロケット

下町ロケット 第10話(12月20日放送)

見逃した「下町ロケット」の動画を無料視聴♪

Comments are closed.