TVドラマ「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の動画を無料で視聴しよう♪

ボーイズ・オン・ザ・ランの無料視聴動画一覧

ボーイズ・オン・ザ・ラン:関連DVD・関連アイテム

ボーイズ・オン・ザ・ランの動画を無料視聴する前に

ボーイズ・オン・ザ・ラン』は、花沢健吾による日本の漫画作品。漫画雑誌『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で2005年から2008年6月まで連載された。単行本は全10巻で完結となっている。
2010年には実写映画が公開された。

ボーイズ・オン・ザ・ランの概要

ボーイズ・オン・ザ・ランのあらすじ

妄想ばかりの三十路目前、超等身大ダメ男・田西敏行、27歳は玩具を取り扱う会社に勤務している平凡な青年。職場の飲み会で憧れの後輩・植村ちはると初めて話をし、二人の仲は徐々に進展していくが、残酷で不条理な現実の前に翻弄されて…。

ボーイズ・オン・ザ・ランのキャスト

田西敏行(たにし・としゆき):丸山隆平(まるやま・りゅうへい)
この物語の主人公。斎田産業営業部社員。両親と同居。兄は結婚し、独立している。彼女いない歴27年。運動神経ゼロ。極度のビビリで小心者。妄想癖あり。肝心な時に運からも見放されるついてない男。コミュニケーション能力に問題があり、女性や怖い人の前では思うように話せず、すぐドモる。緊張が極限に達すると、必ず腹を下してしまう。事なかれ主義で不条理なことがあっても謝って済むなら、自分が悪くなくても謝る。酒にめっぽう弱い。酔うと人が変わったように本音をベラベラ喋るが、次の日には記憶が全くない。将来に対して、確たる夢や目標もなく、この年になるまで、惰性で生きてきた。世の男のダメな部分を全て持っている「ダメ男の鑑」。

大厳花(おおいわ・はな):平愛梨(たいら・あいり)
櫻田ジムのトレーナー。本業はコスプレモデル。ボクシングで鍛えた身のこなしで、ストリートファイトに長ける。下ネタにも平然と付き合う、あっけらかんとした性格。正義感に溢れ、理不尽な暴力や言いがかりを放っておけない性分。自分をしっかり持っていて、田西とは真逆の性格。13歳の時、聴覚を失う。が、中途失聴者のため、言葉はそれなりに流暢ではある。

青山貴博(あおやま・たかひろ):斎藤工(さいとう・たくみ)
マンモス営業部社員。イケメンで気さく、爽やかで紳士、頭脳明晰で運動神経抜群、と非の打ち所のない男。ライバル会社の田西と意気投合し、懇意になる。

安藤龍(あんどう・りゅう):上田竜也(うえだ・たつや)(KAT-TUN)
櫻田ジムからデビューする予定だった天才ボクサー。特に花が彼の才能を評価し、期待していた。が、喧嘩っ早く、好戦的な性格に難があり、クールだが、強い相手と出会うと、興奮する。

植村ちはる(うえむら・ちはる):南明奈(みなみ・あきな)
斎田産業企画部社員。社内のマドンナ的存在。実は男性経験がない。仕事熱心で明るく、誰にでも優しく接する、天使のような女性。会社の方針もあり、下ネタに対する知識欲は旺盛。好物はビールでかなりの酒豪。愛に飢え、誰かに寄り添っていないと生きられない淋しがり屋な一面を持つ。

田西正子(たにし・まさこ):浅田美代子(あさだ・みよこ)
田西の母。典型的な専業主婦。得意料理は手羽先。

しほ:佐藤江梨子(さとう・えりこ)
指名率NO.1ソープ嬢。ちはるが住むアパートの隣人。世話焼きで説教好き。が、自分の私生活に関しては無頓着でだらしない部分が多い。口癖は「昔いた客にこんなヤツがいた」。今まで関係をもってきた様々な男の話を例に出して、田西にアドバイスする。

鈴木さん(すずきさん):陣内孝則(じんない・たかのり)
斎田産業社員。常に酔っ払っている、一見頼りない存在。実は過去、ボクシングに精通しており、今はパンチドランカーである。妻に逃げられ、独身暮らし。

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

ボーイズ・オン・ザ・ランの公式サイト

テレビ朝日「ボーイズ・オン・ザ・ラン

ボーイズ・オン・ザ・ランの主題歌・挿入歌など

関ジャニ∞「あおっぱな」

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」オリジナル・サウンドトラック

ボーイズ・オン・ザ・ラン:関連DVD・関連アイテム

↑トップに戻る

ボーイズ・オン・ザ・ランの無料動画一覧

▽「ボーイズ・オン・ザ・ラン」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行