TVドラマ「古畑任三郎 1st 2nd 3rd SP」の動画を無料で視聴しよう♪

古畑任三郎 1st 2nd 3rd SPの無料視聴動画一覧

古畑任三郎:関連DVD・その他のアイテム

古畑任三郎

古畑任三郎 1st 2nd 3rd SPの動画を無料視聴する前に

古畑任三郎」(ふるはたにんざぶろう)は、フジテレビ系列で放送されていた刑事ドラマ。及び、同ドラマの主人公である警部補の名前。

 

古畑任三郎 1st 2nd 3rd SPの内容

ドラマ冒頭で、ゲスト俳優演じる犯人によって殺人事件が起こり(一部殺人以外の事件の回もあり)、視聴者は「犯行の全容」を知ることができる。完璧と思われていた犯行を、田村正和演じる警部補の古畑任三郎が、巧みな話術と卓越した推理力で犯人のアリバイやトリックを崩していき、真相を解明していくストーリー。

 

古畑任三郎 1st 2nd 3rd SPのドラマ様式

本作は、「刑事コロンボ」で知られる倒叙ものと言われる形式でストーリーが進行していく。これは、犯行の様子の全容をまず見せておき、刑事の古畑任三郎が真犯人とのやりとりや様々な証拠から容疑を固め、最後に自供に追い込むというパターンである。また、犯人は(ストーリーの中の世界で)有名人や社会的地位の高い人物が多いのも「コロンボ」と同様である。ストーリー展開もジェットコースターの様な展開になっているのも特徴に入る。

 

視聴者は「誰が真犯人なのか?」という興味ではなく、「真犯人をどうやって追い詰めるか?」という点に目が向けられることになる。そのため、放送の前半に犯人役及び犯行シーンが公開される(第40回はこの例外であり、倒叙を逆手に取った構成になっている)。犯人が最後までわからないストーリーでは犯人役に大物俳優を使うことが難しい(配役だけで視聴者に犯人が分かってしまう)が、この手法を取り入れることにより大物ゲストを無理なく犯人役に迎えることができるようになっている。

 

古畑は主役でありながら、冒頭のオープニングシーンには登場するものの本 に入ってからすぐには登場しない回が多い。これは前述にもあるが犯人と被害者とのやり取りや犯人の犯行シーンなどを見せるためであり、ほとんどのストーリーでは誰かが警察に通報するまで古畑は登場しない。SMAPの回に至ってはアヴァンタイトルを除き本 開始時から約1時間以上古畑が登場しなかった。

 

終盤の解決篇の直前に画面が暗転して、古畑が視聴者に向かって「挑戦」する構成は、アメリカのテレビ・ムービー「エラリー・クイーン」からの引用である。脚本の三谷幸喜は少年時代、東京12チャンネルで放送されていたこの番組のファンであった。

 

事件現場、またはその話の中で最も重要な場所で犯人と対決、犯人の自白後、スタッフロールが出る頃に全員が退場し、そのまま画面が動かずに終わる(16回・27回・37回・42回など例外もある)。

 

古畑任三郎 1st 2nd 3rd SPの概要

脚本は三谷幸喜。主演の田村正和にとって初の本格的な刑事ドラマでもある。現在、合わせて42回(エピソード数で言えば、第37回と第38回は前後 構成、第25回は総 であるため、本 40エピソード+総 1エピソード)放送されている。

 

本稿では既に発売されているDVDの呼称に従い、「第1シーズン」「第2シーズン」「第3シーズン」「スペシャル」「ファイナル」「総 」に大別する。

 

第1シーズンのみ、正式タイトルが「警部補 古畑任三郎」だったが、これは「古畑任三郎」という物々しい名前が「刑事らしくなく、時代劇だと誤解されるのではないか」という配慮から行われた措置である。ドラマが広く認知された第2シーズン以降は、「警部補」を取った「古畑任三郎」になっている。

 

1999年の新春スペシャルのタイトルは「古畑任三郎 vs SMAP」、2006年の新春スペシャルのタイトルは「古畑任三郎 FINAL」となっている(ただしオープニングのタイトルロゴは「vsSMAP」以外は、第1シーズンから一貫して「古畑任三郎」のみである)。

 

古畑任三郎 1st 2nd 3rd SPの主な登場人物

その他の登場人物、詳細については「古畑任三郎の登場人物」を参照のこと。

 

古畑任三郎 - 田村正和、山田涼介(中学時代)
警視庁刑事部捜査一課の刑事で、階級は警部補。第3シーズンの時点で55歳。誕生日は1月6日である。常に黒のスーツ、黒の襟無しシャツ(第一シーズンは毎回色が変わっていた)、寒い時期には黒のロングコートといういでたち。事件現場にはしばしばセリーヌブランド(ブリヂストン製)の自転車で現れる。丁寧な口調や態度で、執拗に容疑者につきまとい、卓越した推理力と犯人の裏をかく誘導尋問で、幾多の事件を解決に導いている切れ者。非常に負けず嫌いな性格。

今泉慎太郎 - 西村雅彦
古畑の部下。階級は巡査。第41回の時点で45歳の独身。祖母と暮らしている。かなりおっちょこちょいな性格だが、今泉の無意味な言動が事件解決のヒントをもたらすことも多々あり、古畑にはよく実験をさせられるので認められている。

西園寺守 - 石井正則
第3シーズンからレギュラー登場した刑事。小男。姉が三人いる(第36回)。SMAPの事件でその有能さを古畑に買われる。黒岩博士の事件以降古畑の捜査に同行することが増える。古畑も一目置く有能な部下で、事件解決に必要なデータ収 を一手に引き受け古畑をサポートする。

向島音吉(別姓:東国原) - 小林隆、タモト清嵐(中学時代)
古畑とは中学時代の同級生で、古畑を「最高の刑事」と敬愛する巡査。古畑が現場に到着すると、よく声をかけて貰えるものの、名前をなかなか覚えてもらえない。

 

古畑任三郎 1st 2nd 3rd SPの仕掛け

本作には「遊び」とも言える仕掛けが随所に散りばめられている。これは、喜劇作家・脚本家の三谷幸喜によるところがある。

 

アヴァンタイトル
番組の冒頭、黒い背景をバックに古畑が立ち、その回のキーワードや関連する話を披露する。

これで視聴者がどこに注目すべきかのヒントが示される。
赤い洗面器の男の話

第11回「さよなら、DJ」を皮切りに、第21回・第25回・第38回・第39回など、シリーズを通して語られる小話。最後のくだりになると、なんらかの理由によって必ず中断されてしまうため、いまだに古畑や視聴者にオチは知らされないまま(三谷幸喜によると、オチは用意されているとのこと)である。なお、この小話は「王様のレストラン」などの他の三谷作品にもしばしば登場する。
第39回ではスペイン語で途中まで語られていた。詳細については、「赤い洗面器の男」を参照。

登場人物の名前
毎回登場する犯人をはじめとして、登場人物の名前は既存の推理小説の登場人物や実在する人物の名前をもじったものが多い。三谷は日本史マニアであり、歴史上の人物から登場人物の名前を設定することが度々ある。

名前の他にも、古畑の誕生日がホームズと同じ、第12回「最後のあいさつ」はホームズ作品のタイトル「最後の挨拶」に由来するなど、設定上でも遊びが随所に見られる。
「古畑任三郎」という名前は、東京都世田谷区、国道246号の池尻交差点角にある「古畑病院」という病院の看板と、「笑っていいとも!」で俳優の時任三郎(ときとう さぶろう)が「よく「とき にんざぶろう」と間違えられる」と語った事に由来する。脚本の三谷がそれぞれを見た際に着想を得、命名した。

他の三谷作品との繋がり
本作と同じ三谷幸喜作品とのリンクが頻繁に見られる。中川淳一(鹿賀丈史) は、三谷脚本のドラマ「振り返れば奴がいる」の登場人物であり、中浦たか子(桃井かおり)は三谷の映画初監督作品「ラヂオの時間」に顔を見せ、赤い洗面器の男の話を披露していた。また、南大門昌男(山城新伍)、二葉鳳翆(山口智子)の元には「王様のレストラン」の「ベル・エキップ」から花が贈られ、フェアな殺人者では前にも度々登場したバリトンホテルが舞台となっている(登場作品…第22回・第27回・「バッド・ニュース☆グッド・タイミング」・「THE 有頂天ホテル」)。

ライオンのパラドックス
第13回にて、二本松晋(陣内孝則)の出した論理学の問題。古畑は、かなりの短時間でこれを解いている。

ライオンに捕まってしまった探検家が命乞いをすると、「俺の考えていることを当てられたら、食わずに逃がしてやろう」とライオンが言った。さて、探検家は何と言えば、危機から脱することができるか?という問題。
この正解は、「あなたは私を食べようと思っていますね?」である。

ライオンが探検家を食べようと思っていたら、自分の考えていることを当てられたのだから、約束通り食べることができない。もし違うのであれば、ライオンには最初から食べる気が無いのでやはり食べられない。結局、ライオンは自分の言葉に辻褄を合わせるために、探検家を食べられなくなるというパラドックスである。
以上のパラドックスは通常ワニのパラドックスとして知られているもので、もともとは不思議の国のアリスの作者として知られる数学者ルイス・キャロルが創作し、クロコディルズ(ラテン語: Crocodilus)というタイトルで発表したものである。

事件の発生順序
事件の発生順序は、必ずしもテレビで放映される順序と一致しない。この事は、登場人物のささやかな会話や向島音吉巡査の苗字の変遷、SMAP事件の話、小石川ちなみの事後状況、劇中で語られる他の挿話の「解決後」の捜査状況など1話完結のドラマでは珍しく以前放送した話の後日談などが台詞に挟まれることから伺うことができる。DVDに収録される順序はほぼ放映順に従っているが、VHSはテープの容量などから、第1シーズンと第2シーズンのVHS(第1巻-第9巻)では若干順序が異なる。

「古畑」シリーズでは、意図的に時間軸をずらした構成を取っており、これは企画の石原隆によれば、「視聴者が時間軸を直す楽しみのため」との言。
一例(1stシーズン)

第1回・小石川ちなみ(中森明菜) で「ええ、あの今泉の馬鹿が…ですので幡随院の取調べは明日と言う事で…」と語っている事から幡随院 大(笑福亭鶴瓶、第4回) が時系列では先。
第5回・米沢八段(板東八十助) でもう一泊しましょうと頼む今泉に古畑が「ダメ!新幹線に乗って酢豚弁当食べるのが私の夢なんだから」(中川淳一(鹿賀丈史、第8回) の中で酢豚弁当を食べようとするシーンがある)と言っている。実時間では第8回は第5回の直後。

第2回・中村右近(堺 正章) で古畑が今泉を呼んだ時「君…今泉君って言ったっけ?」「はい!今泉慎太郎であります!」というやりとりを行っていることからこの時が二人の初対面である。ちなみに三谷幸喜が田村正和に依頼する時、最初に見せた脚本がこの話である。
小石川ちなみ

シリーズ第1回の犯人である少女コミック作家の小石川ちなみ(中森明菜)は、第2シーズン以降も語り草となり、ストーリーの随所でその逸話が語られている。
彼女は、やり手の弁護士・小清水潔(明石家さんま、第14回の犯人)の弁護により無罪判決を受け、結婚してアトランタで幸せな生活をしているという後日設定がなされている。古畑を結婚式に呼んだり(第20回)、アメリカに招待したり(第23回はちなみを訪ねた帰途でのエピソードである)と懇意にしており、ほかにも彼女の愛犬・万五郎は古畑の友人・安斎亨(津川雅彦、第32回のゲスト)に預けられ、第1回の事件の舞台となった山荘「ボーズヘッド荘」は古畑が借りて使用している(「消えた古畑任三郎」)。

完結 である第42回では大野もみじ(松嶋菜々子)によく似た女性として古畑が彼女の半生を語るなど、劇中で語られる古畑との関わりは多い。犯人としては一番待遇が良く、どうして彼女だけ幸せな後日談を与えたのかについては脚本の三谷幸喜が、小石川ちなみを演じた中森明菜の“大ファン”という理由による物である。
ラストダンスは私に

越路吹雪の名曲。第11回に古畑が歌ったものが披露される。その後、42回の副題としても使われ、ドラマ内でも使われている。
サントアマミー

第11回に犯人が犯行に及んでいる所に流れている曲。後に、第20回にも、古畑が結婚式で歌ったという曲で、古畑と今泉が口ずさんで歌っている。

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

古畑任三郎の主題歌・挿入歌など

「古畑任三郎」 オリジナル・サウンドトラックベスト

↑トップに戻る

古畑任三郎 1st 2nd 3rd SPの無料動画一覧

▽「古畑任三郎 1st 2nd 3rd SP」視聴画面▽

古畑任三郎 無料 動画 古畑中学生 古畑任三郎ファイナル

DVD 向島 イチロー 再放送 警部補

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行