TVドラマ「ゲゲゲの女房」の動画を無料で視聴しよう♪

ゲゲゲの女房の無料視聴動画一覧

ゲゲゲの女房:関連DVD・関連アイテム

ゲゲゲの女房の動画を無料視聴する前に

ゲゲゲの女房』は自伝を原案にしているが改変も多く、ストーリーおよび登場人物、またその行動や出来事は多分にフィクションである。

ゲゲゲの女房のあらすじ

島根県安来市の飯田家の三女、布美枝(ふみえ)に、鳥取県境港市出身で東京都調布市に住む39歳の貸本漫画家の村井茂(ペンネーム水木しげる)との縁談が持ち上がった。1961年(昭和36年)、見合いから5日後に結婚式を挙げて新婚生活がはじまったものの、暮らしは、とても貧しく、先の見えない苦しいものであった。それでも、ひたむきに貸本漫画を書きつづける茂の姿勢に心を打たれた布美枝は、「何があっても、この人と一緒に生きよう」と決意した。その後、数々の試練を乗りこえ、ついに漫画家として日の目をみる茂。そして生活が激変するのであった。

ゲゲゲの女房のキャスト

村井(水木)家の人々

飯田(村井)布美枝:松下奈緒、佐藤未来(10歳)、菊池和澄(7歳)
ヒロイン。次姉ユキエと異なり、子供の頃から目立たず、内気な性格(内向性が強い)。10歳頃、男子にからかわれてから長身を気にしており、それを理由に縁談が壊れたこともある。しかし、土壇場で力を発揮すると、父から評された。また、同じミシンを長年愛用するなど飽きっぽくなく、苦境に立たされても逃げ出さないなど粘りづよい。
村井茂(水木しげる):向井理、川口翔平(少年)、田中碧海(幼少期)
ヒロインの夫。太平洋戦争中、陸軍兵士としてニューブリテン島に出征。歩哨のとき攻撃され、前方に単独配置された分遣隊(分隊規模)で唯一生き残った。しかし、敗走時に感染したマラリアの療養中、空襲で左腕を負傷し、無麻酔の切断手術を受けた。左腕を失っても悲観することなく、戦地で終戦を迎えた。戦後、紙芝居の絵描きを経て、東京都調布市で貸本漫画家をしていたときに布美枝と結婚。長く不遇の時代を過ごすものの、40代にして遅咲きの売れっ子漫画家になった。
原案者の夫、武良茂(漫画家・水木しげる)がモデル。
村井藍子:青谷優衣(19歳〜)、菊池和澄(9歳)、清水詩音(5歳?)、篠川桃音(3歳〜)、吉田明花音(1歳半)、中田夢梨(乳児)
夫妻の長女。ヒロイン(7歳)を演じた菊池和澄が藍子役で再起用されたように、母似の性格。原案者の長女で水木プロ社長の原口尚子(旧姓・武良)がモデル。
村井喜子:荒井萌(15歳〜)、松本春姫(5歳)
夫妻の次女。ほかの幼稚園児がいない昼寝時間にブランコに乗ったり、思春期でも妖怪に夢中になったり、父似のマイペースな性格で、一風変わったところがある。原案者の次女で水木プロ・マネージャーの武良悦子がモデル。

飯田家の人々

飯田登志:野際陽子 - ナレーション(語り)も担当する。
布美枝の祖母。
飯田源兵衛:大杉漣
布美枝の父。
飯田ミヤコ:古手川祐子
布美枝の母。
飯田(塚本)暁子:飯沼千恵子、小林さり(青年期)
布美枝の長姉。
飯田(横山)ユキエ:星野真里、足立梨花(青年期)
布美枝の次姉。
飯田哲也:大下源一郎、渡邉等士→糟谷健二(幼少期)
布美枝の兄。教員であり、跡取りとして実家で両親と同居している。
飯田邦子:桂亜沙美
哲也の妻。布美枝よりも年下の義姉で、仲がいい。
飯田俊文:馬渕誉→佐藤詩音→神谷涼太
哲也夫婦の息子。布美枝の甥。今は、結婚して、独立している。

飯田絵里子:三宅朱皓→飯田ゆか→平林靖子
哲也夫婦の娘。布美枝の姪。
飯田(及川)貴司:星野源、鈴木福→小林海人(幼少期)
布美枝の弟。
飯田(森川)いずみ:朝倉えりか、朝田帆香(幼少期)
布美枝の妹で、末子。
宇野輝子:有森也実
ミヤコの妹。布美枝の叔母。

村井家の人々

村井修平:風間杜夫
茂の父。食欲など欲望を抑えようとしない質(たち)で、恥になるような話を面白おかしく人に聞かせる等、ひょうひょうとして憎めない人柄。
村井絹代:竹下景子
茂の母。周囲との軋轢(あつれき)を恐れないほど厳格で(モットー:孟子(公孫丑上)「[やましいことがなければ、反対者が]千万人といえども吾ゆかん」)、夫が夫だけに堅実でもある。
村井雄一:大倉孝二
茂の兄。都内の風呂なし市営住宅に住んでいるため、風呂を借りに家族で茂の家をよく訪れる。
村井佐知子:愛華みれ
雄一の妻。結婚前に紙問屋で経理部にいた。
村井光男:永岡佑
茂の弟。福岡県で会社勤めをしていた。

安来の人々

野村チヨ子:平岩紙、小西風優→鍋本凪々美(幼少期)
布美枝の幼馴染。その後、サラリーマンに嫁ぐ。
留蔵:春海四方 、克江:梅沢昌代
近所で魚屋「魚八」を営む夫婦。

東京の人々

田中美智子:松坂慶子
調布の貸本屋「こみち書房」の女店主で、布美枝が調布で最も頼れる知人。
田中政志:光石研
美智子の夫。戦争で外地に出兵した折に負傷。
田中キヨ:佐々木すみ江
政志の母で矍鑠とした性格。美智子と共に貸本屋を営む。
深沢洋一:村上弘明
経営していた貸本漫画出版社・三海社(三洋社がモデル)で富田書房と絶縁した茂を歓待し、「鬼太郎夜話」を積極的に出版した。
浦木克夫:杉浦太陽
茂の幼馴染みで、茂のことを「ゲゲ」と呼ぶ。
河合はるこ:南明奈
駆け出しの少女漫画家。
小林太一:鈴木裕樹
工員。こみち書房の常連であり、茂の漫画の愛読者。
戌井慎二:梶原善
茂の貸本漫画家仲間であったが、漫画家を断念し出版会社「北西出版」(東考社がモデル)を経営。

富田盛夫:うじきつよし
貸本漫画出版社・富田書房(兎月書房がモデル)の社長。
亀田達吉:徳井優
質店店主。
松井靖代:東てる美
こみち書房の常連客。調布のすずらん商店街にある銭湯のおかみ。
三浦徳子:棟里佳
こみち書房の常連客。調布のすずらん商店街にある床屋のおかみ。
山田和枝:尾上紫
こみち書房の常連客。

水木プロ社員

倉田圭一:窪田正孝 ※第17週-第19週まで、第26週にゲスト
小峰章:斎藤工 ※第17週-第19週まで、第26週にゲスト
菅井伸:柄本佑
相沢幹夫:中林大樹

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

ゲゲゲの女房の主題歌・挿入歌など

いきものがかり 「ありがとう
ゲゲゲの女房 オリジナル・サウンドトラック

↑トップに戻る

ゲゲゲの女房の無料動画一覧

▽「ゲゲゲの女房」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行