TVドラマ「医龍-Team Medical Dragon- S1 S2 S3 S4」の動画を無料で視聴しよう♪

医龍-Team Medical Dragon- S1 S2 S3 S4の無料視聴動画一覧

医龍-Team Medical Dragon-:関連DVD・その他のアイテム

医龍-Team Medical Dragon- S1 S2 S3 S4の動画を無料視聴する前に

医龍-Team Medical Dragon-」(いりゅう チームメディカルドラゴン)は、永井明原案、吉沼美恵医療監修、乃木坂太郎作画による日本の医療を題材とした青年漫画。およびそれを原作とするテレビドラマ。一般に「医龍」の部分だけで呼称される。

医龍-Team Medical Dragon-のストーリー

東北の寒村に住まう、天才的な技術を持つ外科医・朝田龍太郎を、明真大学医学部助教授の加藤晶が訪ねて来る。心臓の難手術であるバチスタ手術論文を成功させて、自分の教授就任を図り、今の大学医療を改革するために、朝田をスカウトしに来たのだ。

 

教授・野口賢雄らが支配する封建的な病院体制の中、朝田は研修医伊集院を鍛え、また藤吉を始めとする優秀なメンバーを揃え、次々と難手術を成功に導く。

 

医局の権威を無視する朝田に、警戒感を持つ野口は、朝田を招いた責任を取らせるために加藤追放と、後任に朝田の最大のライバル霧島軍司を起用する事を決断する。

 

医龍-Team Medical Dragon-の主要登場人物

 

解説は漫画版による。テレビドラマで変更された設定についてはテレビドラマの項目で詳述する。

 

バチスタチーム

バチスタ手術とは、重篤な心疾患である、拡張型心筋症に対する手術療法の1つとして考案された術式である。加藤によって、この難しい療法をひろく確立する、画期的な成果をあげるための実動部隊として招集される。

 

朝田龍太郎(あさだ りゅうたろう)
本作の主人公。熟達の腕を持つ外科医。かつては医療支援NGOで「医龍 (Team Medical Dragon)」と呼ばれた医療チームを率いていた。加藤のスカウトにより、明真大学付属病院の胸部心臓外科医となる。外科医として天才であり、手術室ではカリスマ的存在。患者に接する態度もきわめて真摯であるが私生活はズボラで、自宅のアパートは散らかしたまま放置している。度重なるスタンドプレーともとれる術法は人を魅了する反面、「医局」という世界では独断専行でしかなく、自身も技術に慢心することはないが、類まれなる技術で手術を一時は成功させつつも、突き抜けた技術により人を殺めてしまうこともあり(他の医者が自分の医療についてこれない為)、自分自身でバチスタチームの諸刃の剣となりかねないことを自称することもある。甘党でコーヒーも激甘。

更なる技術の研鑽を目指し、将来的にUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)へ留学することを表明している。
加藤晶(かとう あきら)

明真大学助教授にして、明真大学付属病院胸部心臓外科医。朝田が来るまでは胸部心臓外科のエースであり、細やかな技術は朝田をして「真似ができない」と云わしめるほど。かつては野口教授の秘蔵っ子と言われたほどで、野口自身も彼女の技術やカリスマ性を高く評価している。ひとえに彼女の技術力だけを評価したのではなく、才色兼備であることに加え、野口の息子・政之がかつて加藤と恋仲であったこともそれに起因している。自分の野心(バチスタ手術論文による教授昇進)のために朝田をスカウトする。また、朝田という武器の下でER教授・鬼頭を引き込み、度重なる窮地も自らの政治力で乗り切ってきたことを考えると、医局員に女がてら助教授になったと揶揄されることがよくわかる。出世街道をひたはしるキャリアウーマンだが、女らしい繊細な面や弱さも持ち合わせ、医師になりたての頃は当時の婦長だった奈良橋に自身の弱さを吐露する場面もあった。
伊集院登(いじゅういん のぼる)

研修医。現在の医局に嫌気がさしながらも、医局内での保身に腐心し、何事も無く過ごしていくことを第一に思っているという(いわゆる事勿れ主義)、医局の典型的研修医として登場した。現在もその片鱗は残っている。朝田曰く「医局で一番自分の事しか考えていない人間」。医局のやり方に合わない朝田に反発するも、彼の厳しい指導の下で腕を磨いていく。性格が手伝ってか、繊細な作業を得意とし加藤もその技術を認めている。中盤まではいつもストレスからか胃痛を抱えていて胃薬を常用していたが、最近は吹っ切れた様子が見て取れるほど精神的にも成長している。
一時はバチスタチームを離れて霧島の元で学んでいたこともあったが、それによって自らの理想の医師象を見つめなおし、改めてチームに戻る。その誠実な人柄は霧島も高く評価し、朝田の元に戻ると告げられた時も快く送り出した。

藤吉圭介(ふじよし けいすけ)
明真大学講師にして、明真大学付属病院循環器内科医。患者を第一に考える明真大学病院では珍しい医者。真摯で誠実な人柄からか患者は勿論、他の医者や看護師からの評価も高い。先天的な心臓病を持つ樹里という名の娘がおり、自身もまた先天性心臓病の持ち主。朝田には「とっつあん」呼ばわりされている。朝田と伊集院には発作を起こした際に緊急治療で命を救われており、自身の心臓手術も朝田に執刀させている。

現在は娘を東北にいる義理の父母の元に預け、単身赴任の形でバチスタチームに所属している。
荒瀬門次(あらせ もんじ)

明真大学付属病院救急救命部麻酔医で全身管理を司る麻酔のプロ。明真大学付属病院救急救命部に「手術一回につき100万円(論文絡みなら300万と跳ね上がるらしい)」という高額な報酬で雇われている。その仕事ぶりは赤ん坊すら麻酔薬を使った時の理想である「ゆっくり数えて7つ」で麻酔を効かせ、的確な判断で生体肝移植のドナーの術中死を未然に食い止めるほどの腕前。麻酔薬の治験のために多くの患者を死なせた過去を持ち、贖罪のために敢えて守銭奴を演じ、高価な酒で泥酔するなど悪役として振る舞っている。
里原ミキ(さとはら みき)

看護師。朝田と医療支援NGOを供にした経験を持ち、オペ看(器械出し)として手術中の看護師としての腕は冴え、医師の信用を勝ち得る。朝田に恋心を抱いており、親密な仲にある。霧島軍司の異母妹。
胸部心臓外科

野口教授を頂点とする明真大学医学部内の医局のひとつ。その実態は封建社会そのもの―権力が患者の人権を踏みにじり、医療ミス、そして癒着を固く隠蔽する。

 

野口賢雄(のぐち たけお)
明真大学付属病院心臓外科教授にして、明真大学病院胸部心臓外科医局長。権力を一手に握り、ミスが起これば部下に責任をなすりつけ自分の保身を図る男。丸メガネがトレードマークで、政治力には非常に長けている。物語が進むにつれて権力の妖怪の様相が濃さを増し続けており、その不気味そのものの存在感は計り知れないものがある。祖父江とは学生時代からのライバル同士。祖父江曰く「上ったところでハシゴをはずす男」。常に王道を行く政治手腕は「政局に強いのは野口」と医局員全体から思わせるもの。原田の手術を期に自身が教授候補としてつれてきた霧島との対立が深まり、その結果、絶対的だった医局内での影響力にかげりが見え始める。王者が弱い立場に立たされた一方で父親として、夫として、医者としての「人間・野口」が物語の中で描かれていくことになる。妻の咲江は祖父江とも親交あり。息子・政之は東欧に勤める外交官で、昔、加藤と恋仲だった。策士で冷徹な反面、家族思いで子煩悩。女は家庭に入ってこそ幸せだという亭主関白的な思想ももっている。

霧島軍司(きりしま ぐんじ)
北日本大学心臓外科医。ミキの異母兄であり、北日本大学時代の朝田の先輩。加藤に対立する教授候補として明真大学に赴任する。政治的手腕に長けており、野口に警戒心を呼び起こさせるほど。かつては北日本大学心臓外科の若手のリーダーであった。当時朝田も無愛想ながらも霧島に信頼と期待を寄せていたが、一方で霧島は朝田に対して無自覚な嫉妬を抱えていた。後に霧島が医療ミスを犯してしまった際、その嫉妬と自己保身が引き金となり朝田に濡れ衣を着せ、結果として彼を北日本大から追放する事となる。皮肉にもこれが原因となって霧島は朝田への劣等感を自覚し、またそれを肥大化させていった。教授選では「凡人である医者を守る」というスローガンを掲げ戦う中で自身の「本当に欲する物」を知り、朝田に対する劣等感が消えるのと共に野口と対立することになる。伊集院に目をかけており、伊集院も自らの意思で彼に師事した事があり、現在でも大きな影響を受けている。

木原毅彦(きはら たけひこ)
明真大学助手にして明真大学病院胸部心臓外科医。当初は伊集院の指導医を務めていた。医局の権威を無視する朝田に敵意を抱く。小心者で優柔不断、小悪役ではあるが母親思いの優しい側面、教授選で最も不利と目される加藤派に属する伊集院を気遣う側面も描写されている。選挙管理委員に選ばれ、野口の歓心を引くために腐心していたが、後に霧島の人柄に惹かれて霧島派に転向。作品では(この物語における)平均的な医局員の代表としての側面が強い。ミキに好意を寄せているが全く相手にされていない。

沖秀之(おき ひでゆき)
胸部心臓外科医師で役職は講師。木原の指導医をつとめた。野口と癒着のあるメーカーが作る不良品ペースメーカーを採用し、そのペースメーカーの不具合で事故が発生。責任を取らされる形で系列病院へと異動になる。朝田曰く「トカゲの尻尾切り」。「私は医局に染まりすぎたようだ」というセリフを最後に明真を去る。

岡島海(おかじま ひろし)
伊集院に年の近い先輩医師。ステロタイプな体育会的性格の持ち主で、当初は後輩である伊集院に高圧的に接していた。しかしそれ故に他人の能力を素直にリスペクトする面も持ち合わせており、胸部心臓外科の中では朝田の外科技術や伊集院の成長を早い時点で認めていた。現在では自らの外科技術の低さを自覚しつつも腐らずに職務に取り組んでいる。

鱈淵純(たらぶち じゅん)
伊集院と同期の研修医。伊集院をいつも小馬鹿にするも、医師としての能力は極めて低く、いつも周りの足を引っ張る。プライドだけは高い。良くも悪くも空気を読めないため、周囲が気づいていない事に気づくこともある。

中田浩道(なかた ひろみち)
明真大学病院胸部心臓外科医。心臓外科の中では朝田、加藤につぐ腕利きであると同時に伊集院の腕を認めたり、朝田の技術に一目おくなど医局の中では公平な考えを持つ医師。教授選の最中でもどの派閥にも属さず、医局内の権力闘争を冷ややかに見ている。細かな出番が多い。

小暮義隆(こぐれ よしたか)
自らをロートル医師と卑下する反面、野口の影響力低下を意識するよう若手に説く中年医師。

道元(どうもと)
野口の忠実な番犬と加藤に称された教授選の選挙管理委員。野口の影響力低下の中で海外留学を餌に国立に懐柔され、結果的に野口を裏切ることになる。

露木(つゆき)
野口の忠実な番犬と加藤に称された教授選の選挙管理委員。霧島と野口の対立色が鮮明になると野口を裏切り霧島へとなびくことになる。

脇田(わきた)
国立派。胸部心臓外科でも実力重視を望む実力派の医師。

井坂多岐子(いさか たきこ)
胸部心臓外科の女医。現在妊娠中。2度の流産経験があり、子供を待望する夫と子供を作れない女医の苦悩の板ばさみに悩み卑屈に振舞っていた。女を捨て、出世コースを突き進む加藤に対し憧れを抱いている反面、冷酷に振舞う彼女の姿に激しい憎悪を燃やしていたが、加藤と共に緊急オペを共に行う中で、彼女の信念を知って考えを改める。

別府(べっぷ)
胸部心臓外科の医師。子育てに悩むシングルファーザー。激務の外科医をこなす一方で幾度となく保育園、ベビーシッターに子供のことで呼び出されることに苦悩している。子供のために開業医として独立することを考えているが、臨床ができなくなることへ後ろ髪引かれる思いでいる。

救急救命部(ER)

明真大学病院が新しい経営スタイルを模索する上で最近新たに設立された部局。アメリカから腕利きの医師である鬼頭直人を招聘したり、かなり自由な予算裁量権を与えるなど、明真大学としても力を入れている部局である。

 

鬼頭直人(きとう なおと)
明真大学病院救急救命部の責任者で、明真大学の理事会が救急救命部の成績を上げる為にアメリカのアイルトン大学から呼び寄せた外様教授。臨床における腕はかなり高いレベルにあるものと推測される。日本の医療を変えるという野心に溢れた男で、救急救命部に朝田を引き入れようとする。

国立笙一郎(くにたち しょういちろう)
UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)元教授。明真大学胸部心臓外科教授選挙に出馬するために日本に帰国。明真大学病院救命救急部の鬼頭直人とは帝都大学医学部同期。現在、救急救命部助教授。高いカリスマ性と技術力は定評以上。医局にアメリカンスタイルの実力主義を持ち込もうと考えている。世界中にコネクションがあり、優秀な医局員を世界へ派遣し明真大の技術力向上、ひいては日本医療界の改革を目指す。

一人息子を伴って帰国し、日本とアメリカの文化の長所を知った国際人になってほしいと願っているが、当の本人は理解を示していない。
権藤(ごんどう)

中学時代の鬼頭の後輩で彼を追う形で医師への道を志すことになる。かわいくないパンダのような顔(朝田談)をした救急救命部の医師。5人の子持ち。鬼頭に強い憧れの感情を抱いており、彼に対しては非常に従順。

教授会

医局員が足を踏み入れることを許されない、権力者たちの聖域。

 

祖父江真介(そふえ しんすけ)
明真大学病院・消化器外科教授。野口の政敵である。青医連の運動に最後まで残ったため医者になるのが遅れる、難易度の高い手術を教授自らが執刀するなど、野口と比較すると良く言えば正々堂々とした、悪く言えば手段を選んでしまう側面があり、それゆえ野口の後手を踏んでしまうことが多い。加藤の提案した選挙改革によって教授選における現教授の影響力が弱まったため、それをカバーするために野口と手を組むこととなった。

烏丸(からすま)
明真大学病院・循環器内科教授。患者の治療方針に関し藤吉と度々衝突。折を見て口実をつけ藤吉を飛ばすことを画策している。

大島(おおしま)
明真大学病院の若手教授。教授選改革に積極的。空気の読めない男で教授会の権力闘争からは無縁。その陰のない性格について鬼頭に心の中で「単細胞」と毒ずかれたことも。伊集院のギプスを切っていたことから、恐らく整形外科教授であると思われる。

横光(よこみつ)
明真大学病院の産婦人科教授。

患者たち

作中、登場し登場人物たちにかかわってくる患者たち。

 

奈良橋房江(ならはしふさえ)
明真大学における最初のバチスタ施術患者。以前、明真大学病院の婦長を務めており、新人だった加藤の面倒を見ていた。加藤の恩人の一人。加藤の判断に全幅の信頼を寄せている。

野口政之(のぐちまさゆき)
胸部心臓外科教授・野口賢雄の息子にして助教授・加藤晶の元恋人。東欧に駐在する外交官で野口の自慢の息子。現在では妊娠中の妻がおり、一見幸せそうに見えるが、一方的に別れを告げられた加藤に対し未練があり、神経過敏な妻が自分の中では重い存在だと思っている。弱さを見せた時に自身の中に潜む加藤の幻影がたびたびあらわれ、彼を翻弄している。

医龍-Team Medical Dragon-の補足

バチスタ手術

本作品のキーとなっているバチスタ手術は、現実のバチスタ手術をモデルとしているが、その扱いは架空のものである。実際のバチスタ手術は、1980年代に開発されており、学会発表は1995年、日本での最初の施術は1996年、そして1998年には保険適用手術とされている。本作品における「バチスタ手術」は「難手術」の記号として使われているにすぎず、実際のバチスタ手術の紹介とはなっていないことに注意が必要である。考案したのはブラジル人のRandas J.V.Batista博士。日本では1996年12月2日に須磨久善医師によって初めて実行された。

 

NGO

朝田が所属していたとされるNGOは、「国境なき医師団」「世界の医療団」などをモデルとしたものであり、戦地や災害地などでの医療支援を行うことを目的として活動している。両者とも日本にも支部を置いており、医師や看護師が参加しているほか、阪神淡路大震災・新潟県中越地震などの際には日本に対しても緊急医療支援を行っている。

 

「新バチスタ」について

物語の中で朝田が新バチスタとして行った「オーバーラッピング法」は、バチスタ手術の改善術式として北海道大学病院の松居喜郎氏が開発した術法であり、正式名は左室縮小術(Overlapping cardiac volume reduction operation)。有用な術式ではあるものの困難で危険性を伴う術式でもあり、アメリカ合衆国では禁止術式とされている。

医龍-Team Medical Dragon-のテレビドラマ

医龍-Team Medical Dragon-
2006年4月13日から6月29日まで、フジテレビ系列にて毎週木曜日の22:00-22:54に放送。全11回(初回と最終回は15分拡大して、23:09までの放送。6月22日は、サッカーW杯特別番組、及びチェコVSイタリア戦を中継のため放送休止した)。平均視聴率は14.8%。最高視聴率は最終回の17.2%。キャッチコピーは「ハートの手術を始めるぜ」

 

後述の通り、高い支持を受けたため、2007年10月から第2シリーズである「医龍-TEAM MEDICAL DRAGON-2」が放送された。

 

医龍-Team Medical Dragon-の出演者

朝田龍太郎(33):坂口憲二
熟達の腕を持つ外科医。NGO所属時に、火災の現場に取り残された瀕死の少年に対し心臓マッサージを続け、その際に背中に大火傷を負う。その痕は背中にあたかも龍の姿の如く刻まれている。この時現場で燃え盛っていた炎が青かったことから、青という色を忌避する。その若さにして高い技術を持つが、教授への反抗心が強く、定められた治療法に無視することも。

4年前、北日本大学からMSAP(万人のための医師団)に参加していたが半年後病院が撤退しても現地に居座ったとし病院から追放、教授の手回しで何処の病院も雇ってはくれない。かなりの借金を抱えており、取立て屋に追われている日々が続く。うだつの上がらぬ日々を送っていた彼の元に、明真大学付属病院心臓外科助教授の加藤が引き抜きにやってくる。元同僚のオペ看の里原ミキに諭されたこと、バチスタ手術への興味もあって明真大付属病院を訪れたが、その医局の現状に改めて愕然とした朝田は「医者には戻らない」と言って一度は加藤の元を離れる。だが、気胸で倒れたミキの応急救命処置を通して医師としてのバイタリティを蘇らせ、加藤の招集に応じてチームのリーダーに就任する。
加藤 晶(35):稲森いずみ

明真大学付属病院胸部心臓外科助教授→明真大学付属病院胸部心臓外科教授。朝田の腕を利用して日本初のバチスタ手術の論文を成功させ、教授の座を狙う。
朝田が来るまでその若さで胸部心臓外科のエースを誇っており、朝田も認めるほど、技術は相当高い。

相当な野心家で、「論文のためなら、患者を切り捨てる」が晶の根拠である。
霧島とは恋人であり、同時にライバルであった。

しかし、霧島の裏切りによってバチスタ成功論文を越されてしまう。さらに、それを期に野口からも京都の姉妹校への左遷を命じられ窮地に生い立たされる。だが、朝田達に加藤がいないチームなんて考えられない、このチームには加藤が必要だという励ましに感銘を受ける。
上記の出来事をきっかけに、「チームドラゴン」のメンバーとしてチームを守っていくと決意。

伊集院登(26):小池徹平
明真大学付属病院胸部心臓外科の実直な研修医。朝田に振り回されてばかりいるが、朝田の患者に対する真摯な姿勢や医局での経験を通じ、成長していく。

周りからは、「僕ちゃん」と呼ばれている。
「チームドラゴン」の2人目。

霧島軍司(39):北村一輝
北日本大学付属病院胸部心臓外科助教授→明真大学付属病院胸部心臓外科。ミキの異母兄。朝田の腕の良さに恨みを持っており、かつて同僚であった朝田が大学から追放されるよう根回しを行った。加藤の恋人であり、互いに意見交換をし合って協力するそぶりを見せていたが、後に裏切り、加藤から得たバチスタ手術の情報を北日本大にリークする。これによって日本初のバチスタ手術を加藤のチームではなく自身のチームで先に成功させ、名声を得るチャンスを加藤から奪い去った。この他、絶望的な症状の患者が明真に回されるように工作するなど、バチスタチームの邪魔をする。

荒瀬門次(34):阿部サダヲ
明真大学付属病院救命救急部麻酔医。その麻酔医として天才的な腕前を朝田は欲しがっている。しかし、朝田がスカウトを試みるも、荒瀬は高額な金を要求。さらに、奈良橋のバチスタ終了後、彼の重大な過去が発覚、チーム参加はさらに難航を示していた。行きつけのバーの店員の香が唯一の励ましとなっていたが、ある時香が銃撃事件に巻き込まれ瀕死の重態に陥ってしまう。しかしその命を朝田に救われ、バチスタチームに入る。

「チームドラゴン」の4人目。
里原ミキ(25):水川あさみ

明真大学付属病院胸部心臓外科オペ看護士。霧島とは腹違いの兄妹であり、ともに北日本大で働いていた。その時に朝田と出会い、彼と親密な関係になる。後に霧島の手によって朝田が北日本大から追放された時にも自分もやめると霧島に言い放ち、彼の元を離れず現在に至る。霧島に対して、彼の人間性や居候していた頃の自分や母親に対するぞんざいな扱いから、彼を強く憎んでいる。
「チームドラゴン」の1人目。

木原毅彦(35):池田鉄洋
明真大学付属病院胸部心臓外科助手。自分の患者を朝田に蘇生され朝田を嫌う。だが完全に悪役にはなりきれず、時には患者のために奔走する。

藤吉圭介(38):佐々木蔵之介
明真大学付属病院循環器内科講師。先天的な心臓病を患っている。妻がいたが、医局での勤務が忙しく家に帰れない毎日が続き、ついには離婚。娘もまた心臓病で明真に入院しており、自分のせいで娘を苦しませ続けていると自身を責め続けていた。内科医としては優秀だが、患者の立場になりすぎて外科医に患者を渡せずトラブルを起こす事もしばしば。朝田に対しても強い反感を抱いていたが、娘や自分の命を救われ、朝田を認め自らバチスタチームに入る。

「チームドラゴン」の3人目。
鬼頭笙子(45):夏木マリ

明真大学付属病院救命救急部教授。朝田を欲しがっている。
野口賢雄(59):岸部一徳

明真大学付属病院胸部心臓外科教授。バチスタ論文を成功させ、朝田、加藤を利用し総長の地位を狙う。しかし後に朝田の独断行動や霧島の陰謀によって次々と起こる不祥事に、加藤やバチスタチームに強靭な牙を向けるようになる。
三宅:岡本竜汰

丸山:菊池均也
権藤:小林すすむ

東郷:児玉頼信
川田奈々:中村慧子

野村:夏秋佳代子
北岡恵:YUKO(FLIP-FLAP)

北岡望:AIKO(FLIP-FLAP)
村田美恵子:千葉雅子

医龍-Team Medical Dragon-のゲスト

渋沢:今奈良孝行(第2話)
西野栄子:一戸奈美(第2話)

佐々木文子:加藤治子(第2話)
佐々木五郎:井川比佐志(第2話)

牧原:森下能幸(第3話)
須藤:東根作寿英(第3話)

藤吉樹里:向井地美音(第3話)
烏丸正輝:斉藤暁(第3・5・6話)

沖秀之:袴田吉彦(第4話)
稲垣大輔:伊藤純平(第4話)

石田よしお:山内勉(第4話)
野崎しげこ:白土直子(第4話)

少女:八木優希(第4話)
母親:石堂夏央(第4話)

奈良橋文代:江波杏子(第5・6話)
文代の息子:金井勇太(第5・6話)

文代の弟:小倉一郎(第5・6話)
市井重成:やべけんじ(第5・6・8・11話)

村野里奈:東海林愛美(第5・7・9話)
森田:小林正寛(第7話)

解離性大動脈瘤の患者:山崎満(第7話)
野沢:モロ師岡(第8話)

山口香:奥菜恵(第8話)
祖父江真二:清水紘治(第8-11話)

山田隆一:平賀雅臣(第8-11話)
柴田信二:田中嘉治郎(第8-11話)

柴田貴子:中村綾(第8-11話)
柴田隆:松崎煌巳(第9-11話)

明真大学総長:津川雅彦(第11話)

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

医龍-Team Medical Dragon-の主題歌・挿入歌など

AI「Believe

関山藍果「Aesthetic

STEVE VAl「Building the Church(Real Illusions:Reflections)」

DEEP「未来への扉

「医龍-Team Medical Dragon-」オリジナルサウンドトラック

↑トップに戻る

医龍-Team Medical Dragon- S1 S2 S3 S4の無料動画一覧

▽「医龍-Team Medical Dragon- S1 S2 S3 S4」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行