TVドラマ「IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜」の動画を無料で視聴しよう♪

IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜の無料視聴動画一覧

IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜:関連DVD・関連アイテム

IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜の動画を無料視聴する前に

IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜』(アイエス おとこでもおんなでもないせい)は、六花チヨによる日本の漫画作品。『One more Kiss』(講談社)2003年2月8日発行の3月号・3月8日発行の4月号にそれぞれ短編が掲載された後、『Kiss』(講談社)2004年5月10日発行のNo.10より2009年7月25日発行のNo.15まで、長編「春」が連載された。単行本は全17巻。2007年、第31回講談社漫画賞少女漫画部門受賞。

2011年7月、月曜午後10時からテレビ東京系列にて『IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜』(仮題)として放送されることが決まった。主演は福田沙紀と剛力彩芽のW主演で行う予定。

IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜の概要

タイトルにもある「IS」とは「インターセクシュアル (intersexual) 」の略である。「半陰陽」とも言い、遺伝子、染色体、生殖器(性腺、内性器、外性器)などの一部または全てが非典型的であり、身体的な性別を男性や女性として単純には分類できない状態を指す(詳細は半陰陽の項参照)。本作はそういった身体的特徴を持つ人々を主人公に据え、彼(彼女)らの心の動きや、その周囲を取り巻く環境を描いた作品である。

IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜のあらすじ

CASE 1:ヒロミ

戸籍の性別は空欄のまま、女性として育てられたヒロミ。“フツウ”ではない身体に悩み、必死に女性らしく振舞いつつも、一生恋愛は出来ないと思っていたヒロミだが、突然男性の同僚から愛を告白される。ヒロミはせめて外見だけでも“フツウ”の女性になりたいと考えたが……。

 

CASE 2:竜馬(りょうま)

生まれたときは身体は“フツウ”の男の子だった竜馬。「女」だと感じる心を抑え、「男」を演じ続けてきた竜馬だったが、17歳を過ぎた頃から胸が膨らみ、身体が女性化していった。成人後に染色体検査で「IS」と告知された竜馬。これ以上「男」であり続けることに限界を感じ、自分らしく生きたいと「IS」だとカミングアウトし「どちらかといえば女」としての生活を始めるが……。

 

CASE 3:春(ハル)

タロウ・陽子夫妻の第1子は、生まれてすぐに「IS」だと宣告される。医師に性別を決めるよう迫られるが、若い両親は苦悩の末この子・「春(ハル)」を一応「女」として届け出ながらも「IS」として育てることを決意する。春はISのありのままで両親に愛され、妹の夏と秋(双子)・弟の冬と共に愛情ある家庭で育つ。春は成長するにつれて性自認は「男」に、だが思春期以降身体は女性化。本人は悩み周囲は戸惑うが、それでも中学までは「IS」であることを隠さず「男子」として過ごしてきた。

 

将来は父と同じ「パティシエ」になる夢を抱き、調理科のある離れた街の高校に進学した春。だが高校では「男子」として受け入れられず、「女子」として入学し「IS」の事実を隠して生活する事になる。数人の女子の同級生は、春が「IS」と知った上で受け入れてくれた。だが、春が生まれて初めて恋心を抱いた相手は、「男」である伊吹だった……。

 

皆に「IS」について知ってもらい、ISのままで生きてゆきたい、それが自然なことになって欲しいと願うようになった春は、高校で「IS」であることをカミングアウトし、学校側にも男子制服での通学を認めさせる。一方で医師からは早期の女性ホルモン治療を勧告される。葛藤の末、男女を超えて春と伊吹は両想いの仲になるが……。

IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜のキャスト

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜の公式サイト

IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜

IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜の主題歌・挿入歌など

九州男「想色コーディネート(97%)」

Hilcrhyme「パーソナルCOLOR」

「IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜」オリジナル・サウンドトラック

↑トップに戻る

IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜の無料動画一覧

▽「IS(アイエス)〜男でも女でもない性〜」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行