TVドラマ「孤独のグルメ」の動画を無料で視聴しよう♪

孤独のグルメの無料視聴動画一覧

孤独のグルメ:関連DVD・関連アイテム

孤独のグルメの動画を無料視聴する前に

孤独のグルメ』(こどくのグルメ)は、扶桑社の『月刊PANJA』誌上で1994年から1996年にかけて連載されていた原作・久住昌之、作画・谷口ジローによる漫画。
一度完結していたが、『SPA!』2008年1月15日号に読み切りとして復活。その後、『SPA!』上で不定期に新作が掲載されている。
2012年からテレビ東京系列においてテレビドラマシリーズ化されている。

孤独のグルメのあらすじ・原作

久住昌之/谷口ジロー「孤独のグルメ

孤独のグルメのあらすじ

五郎にとっての食事とは、他人に構わず、時間や社会に捉われずに、ほんの一時だけ自分勝手になって幸福に空腹を満たす行為であり、そこには一種の癒しさえも包括している。その為、己なりの食事に対する信念を幾つも持っており、常にこれに則って食事を楽しんでいる。
喫煙者で全くの下戸。甘党であり、特に和菓子系の甘い物には目が無い。下戸のため食事の際に酒を飲む代わりにご飯を食べることを好み、酒の肴にするようなものでもご飯があれば「おかずとして立ち上がってくる」が、ご飯に合う料理は出すのにご飯自体は出さない、という店に当たると「残酷だ」とまで評する。食事においては特に懐古趣味的な一面もあり、味付けそのものよりも、それによって喚起される記憶が五郎にとって何よりの調味料となる。また、献立の食材が重なる事(豚肉炒めと豚汁、おでん卵と卵焼きとうずら卵等)を嫌っているが、しばしば失敗して結局ダブらせてしまう。腹具合の計算は苦手なようで、あれこれ注文し過ぎて食べ過ぎてしまい腹が苦しくなったり、出された品物を残してしまったりといった事がよくある。
取引の後や、時間の余った時、はたまた道に迷った時等に、よく散歩をしている。そういった時、五郎はしばしば昼飯を食べ損ねていた等の理由で空腹を抱えており、そのまま行きずりの良さそうな店に駆け込んでゆく。店に腰を落ち着けた後は、じっくりと店内の雰囲気や人の様子を観察しており、単なる味覚だけではなく、五感で食事を楽しんでいる。

孤独のグルメのキャスト

井之頭五郎:松重豊

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

孤独のグルメの公式サイト

テレビ東京「孤独のグルメSeason1 テレビ東京「孤独のグルメSeason2 テレビ東京「孤独のグルメSeason3 テレビ東京「孤独のグルメSeason4

孤独のグルメの主題歌・挿入歌など

♪ オープニングテーマ 「JIRO'sTitle」(作曲:久住昌之
♪ 松重“五郎”豊のテーマ 「STAY ALONE」(作曲:久住 昌之・フクムラサトシ)
♪ エンディングテーマ 「五郎の12PM」(作曲:久住昌之 歌:伝美)

「孤独のグルメ」オリジナル・サウンドトラック

孤独のグルメ:関連DVD・関連アイテム

↑トップに戻る

孤独のグルメの無料動画一覧

▽「孤独のグルメ」視聴画面▽


↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行