TVドラマ「京都地検の女」の動画を無料で視聴しよう♪

京都地検の女の無料視聴動画一覧

京都地検の女:関連DVD・関連アイテム

京都地検の女の動画を無料視聴する前に

京都地検の女』(きょうとちけんのおんな)は、日本のテレビドラマのシリーズタイトル。京都地方検察庁の検事「鶴丸あや」の女性(主婦)ならではの視点を活かした活躍を描くミステリードラマである。 テレビ朝日系で放送されている木曜ミステリーの中の、ドラマシリーズの一つとして放映されている。

京都地検の女の概要

鶴丸あやは、夫を東京に残し、京都地検に赴任。娘・りんと京都で単身赴任生活をしている。ワイドショーや井戸端会議などを愛し、バイタリティ旺盛。押しが強く、自分が納得するまで徹底的に疑問を追求するが、その際の彼女の判断の基準になるのが『主婦のカン』である。鶴丸の『主婦のカン』は、部下を辟易させても、司法修習生をこき使っても、京都府警と罵りあっても、時に地検上層部に睨まれても、幸か不幸か全く気にしていない。そんな過程を踏まえていきながらも、事件の真相を解き明かしていくミステリーである。 2005年版の第1話にて木曜ミステリーの人気シリーズ「京都迷宮案内」の主役である橋爪功が同ドラマと同じ(京都日報遊軍記者・杉浦恭介)役で出演している。これは橋爪が主役を務める前述ドラマの続編ドラマ「新・京都迷宮案内」の前年(2004年)放映シリーズ第1話にて名取裕子、船越英一郎、渡辺いっけいが、それぞれ『鶴丸あや』『北村鉄男』『太田勇一(出演時には、『太田事務官』と表記)』として出演したことに対する“お礼”である。

京都地検の女のあらすじ

京都地検の女のキャスト

鶴丸 あや:名取裕子
京都地検検事。年齢は2010年10月の時点で50歳[1]。京都地検や京都府警、中京警察署で知らない者はいない、京都地検の名物鬼検事。 毎度主婦のカンを根拠に単独捜査を展開して難事件を解決するが、猪突猛進・傍若無人すぎる振る舞いと強烈な個性、名言の数々、そして圧倒する存在感は、あらゆるところで波紋と騒動を巻き起こす。 第4シリーズの最終回で、被疑者を同行しての実況見分を行った際に逃亡された責任をとって左遷。2008年1月から島根地検に辞令が出たが、2009年春に京都地検にある事情のためにカムバックする。 プライベートでは着物を着用している。 夫である章太郎(通称・章ちゃん)を東京に残しており、毎日長電話やメールで愛を確かめ合っている。

 

成増 清剛:寺島進(第5シリーズ - )
京都府警捜査一課警部補。通称・成増さん。 実家は禅寺で僧侶の資格を持っている(鶴丸によれば、「なんちゃって坊主のアルバイト刑事」)。 一匹狼な性格で口が悪く粗暴な振る舞いをし、鶴丸から依頼された仕事も所轄署に押し付けるため、鶴丸とはことあるごとに衝突している。 鶴丸を「おばちゃん」と呼ぶ。 猫と組織が大嫌い。 清一を「父上」と呼んでいる。

 

池内 弘二:益岡徹(第2シリーズ - )
中京警察署。通称・池内さん。既婚(子供はなし)。 普段から一匹狼風情で皮肉屋で飄々とした風貌だが、鶴丸にだけは叶わないので屈折気味。 絶対に悪は許さないタイプで犯人には強硬な態度で接する。 家族のことになると周囲が見えなくなる一面もあり、意外に涙もろい。 しばしば鶴丸からは「ぐうたら刑事(デカ)」と尻を叩かれている。

 

鶴丸 りん:脇沢佳奈
あやの一人娘。個性的な母の背中を見て育ったため、しっかりしている。 第4シリーズの最終回で島根地検に左遷された母と別れ、1人で東京の大学を受験。 第5シリーズからは花の女子大生(成増の娘・友子と同じ大学に通っている)。 年頃だが、男っ気ゼロで北村や成増などの中年男性からは人気がある(北村からは「りんりん」、成増からは「りんちゃん」と呼ばれている)。

 

桜井 麗子:大島蓉子
鶴丸の主婦友達グループ3人組の1人。 姑の介護問題と娘の嫁入り問題を抱える近所の情報通。

 

吉川 香織:みやなおこ
鶴丸の主婦友達グループ3人組の1人。 3人組中1番若く、暴走する麗子・さやかのストッパー。

 

漆原 さやか:山口美也子
鶴丸の主婦友達グループ3人組の1人。 ときどき壮絶な夫婦喧嘩をしているらしい楽天家。

 

柿野 たまこ:小林千晴
第1・2シリーズでは生命保険の営業をしていたが、第3シリーズからは古川町商店街で健康ジュースを実演販売している(いつも神出鬼没に姿を現す)。 根は悪くないのだが、噂話が大好きでお節介な面が禍することも。 鶴丸を「あやさん」と呼んで慕っているが、稀にとんでもない健康ジュースを飲ませる。

 

成増 清一:福本清三(第5シリーズ - )
成増正剛の父であり友子の祖父(福本は第1シリーズ第8話で本人役、第3シリーズ第8話でタクシー運転手役で出演している)。 厳格で無口な人柄で清剛が「父上」と呼ぶほど。 禅寺の住職をしており、人に知られたくない過去やのっぴきならない事情を抱えている人々が多く通っている。 清剛と友子の親子関係を心から心配している。

 

太田 勇一:渡辺いっけい
この道20数年のベテラン検察事務官。通称・太田さん。未だに独身。 日々鶴丸に八つ当たりされ、挙句は虐げられ、ストレスを貯め込んでいる(日ごろの鬱憤をぶつけたいのだが、気弱なため、怖くて言えずにいるので影で「鶴丸」と呼び捨てしている)。 しかし、稀に鶴丸の暴走に本気で激昂する(実は、きちんと鶴丸を制止できるほどの篤いハートの持ち主)。 プライドが高く、皮肉屋で、配属される検察事務官見習や司法修習生に当たり散らす(検察事務官見習や司法修習生が女性の場合は人生の伴侶にしようと作戦を展開するが失敗する)。 彼女いない歴は38年(幼稚園の時以来)である。

 

高原 純之介:蟹江敬三
京都地検刑事部副部長。通称・副部長。 鶴丸を「あやちゃん」と呼ぶ。 鶴丸に理解はあるが、反面、毎度無謀な暴走をする鶴丸にはヒヤヒヤしている。 妻との関係は良好だが、時折ひどい夫婦喧嘩をしている(現在の妻は再婚で、前妻とは死別)。 副部長室には数多くの健康グッズが置かれている。 かつては夜の帝王と噂されるほどの遊び人だったらしい。

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

京都地検の女の公式サイト

京都地検の女

京都地検の女の主題歌・挿入歌など

高橋真梨子「この蒼い地球(ほし)のように(soiree)」

「京都地検の女」オリジナル・サウンドトラック

↑トップに戻る

京都地検の女の無料動画一覧

▽「京都地検の女」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行