TVドラマ「三毛猫ホームズの推理」の動画を無料で視聴しよう♪

三毛猫ホームズの推理の無料視聴動画一覧

三毛猫ホームズの推理:関連DVD・関連アイテム

三毛猫ホームズの推理の動画を無料視聴する前に

三毛猫ホームズの推理』は、土曜ドラマ枠(日本テレビ)にて放送予定の連続ドラマである。
主演は嵐の相葉雅紀が務める。相葉は本作がゴールデンタイムの連続ドラマ初主演となり、『バーテンダー』以来の1年3カ月ぶりである。同枠への登板は『ぼくらの勇気 未満都市』以来、15年ぶりである。また、赤川次郎原作の作品のドラマ化は同枠では1998年の『三姉妹探偵団』以来14年ぶりである。共演のマツコ・デラックスは本作が連続ドラマ初レギュラー出演となる。
三毛猫ホームズシリーズ』(みけねこホームズシリーズ)は、赤川次郎による推理小説のシリーズである。赤川次郎特有の読み易さと、猫が主人公であるストーリーの奇抜さから、現在も新刊が刊行される人気シリーズである。既に本家シャーロック・ホームズシリーズを凌ぐ巻数になった。辻真先の迷犬ルパンシリーズの主役の面々と競演したこともある。
雑誌に連載した後(一部には書き下ろしもある)、「カッパ・ノベルス」で刊行され、後に光文社文庫、さらに二次文庫として角川文庫に入る(角川文庫の方が早い作品も一部ある)。
小説以外にも、赤川次郎のエッセイなどに「三毛猫ホームズ」のタイトルが付けられたものがある。

三毛猫ホームズの推理の概要

三毛猫ホームズの推理のあらすじ

三毛猫ホームズの推理のキャスト

・片山義太郎(かたやま よしたろう) - 相葉雅紀(嵐)
29歳。細身。警視庁捜査一課の刑事。
3人兄弟の次男で、洗濯、炊事、掃除など家事全般を完璧にこなす人物。 「一家に一刑事」という、先祖代々伝わる、鉄の掟と、かつて「名刑事」と謳われた祖父と父親の遺言通りに、憧れでもあった刑事の職についたものの、血を見ると失神してしまう、高所恐怖症、女性恐怖症、おまけに究極の怖がりで、幽霊恐怖症など、あらゆる弱点により、「自分に刑事は向いていない…。迷惑をかけてはいけない…」と辞表を提出するような日々。 また、何よりも人を疑うことが苦手で、どんな人でも信じたいという自らの信念からも、自分が刑事に向いていないという確固たる思いができてしまっている。 そんな反省を続けていたある日、不思議な三毛猫との出会いによって、義太郎の人生に変化が訪れる。 厳しくも温かい家族の後押しと、その三毛猫の力によって、次々と難事件を解決していくことに。 刑事という職業に最も向かないと思っていた男が、悩み、苦しんだ犯人の心を溶かしていく…。

・片山ヒロシ(かたやま ひろし) - 藤木直人
39歳の独身。義太郎の兄。
先祖譲りのマンション賃貸を取り扱い一家の主な収入源とする。 片山家の父親的存在で、不甲斐ない義太郎に手厳しく言を呈することも。 自身は、小説家を目指し、家で鋭意執筆活動をしている。極度のミステリーマニアで、江戸川乱歩賞を目指しているが、毎日一緒に過ごしている義太郎でさえも、まともに一本の作品を書き上げた所を見たことがない…。 だが、家族内で毎夕食時に行われる捜査会議では、その知識と推理好きを武器に、中心人物となっている。幅広くミステリーをカバーしている為、時として捜査のヒントとなり得ることを言う。原作には登場しない。

・石津刑事(いしづ) - 大倉忠義(関ジャニ∞)
25歳。晴美の「自称」恋人で、捜査一課の刑事。
捜査一課内では根本の手下で、根本と一緒に義太郎をないがしろにするような態度をとることもあるが、いざ義太郎と二人になると、「お兄さん!」と呼んだりする、明るい二枚舌。 義太郎との捜査に対しても、「晴美の喜ぶ顔の為にお兄さんに手柄をあげさせたい」という思いと「自分が出世して片山家の『一家に一刑事』を継ぎ、晴美と幸せに暮らしたい」という思いの、二律背反した葛藤の狭間でいつも戦っている。自分の事を“スタイリッシュな二枚目”と思っているが周囲でそう思っている人間は一人もいない。

・片山晴美(かたやま はるみ) - 大政絢
24歳。義太郎の妹。
アルバイトを転々として過ごしている。 兄とは正反対で、かなり鼻っ柱が強く、行動力がある。 義太郎に対しても、当たりが厳しく、兄と共に愛のある叱咤を繰り返している。 末っ子特有の自由奔放さやわがままさ、頑固さがあり、どこかにくめない性格。 社交的で甘え上手なため、誰とでもすぐに仲良くなれる。興味のアンテナが立つと、後先考えずに突っ走ってしまう無鉄砲さがあり、 “事件” “謎” というような、ちょっと危険な香りのする事柄が大好き。ホームズを連れて事件調査に勝手に乗り出すこともしばしば。

・ホームズ - シュシュ/(猫の化身)マツコ・デラックス
捜査の途中で義太郎と出会った一匹の三毛猫。
何やら義太郎の捜査に対して、決定的なヒントを与えてくれる……。 時折、義太郎を化け討ちし、猫の化身として登場。しかしその姿は義太郎にしか見えていない。 なぜか片山家を元から知っているような素振りがあり、ただならぬ秘密を知っているとか……。 アジの干物が好物で、ネコの時も非常に落ち着いた雰囲気を持ち、勿論人間の言葉を理解している。基本的にその場を動かない。

・根本刑事(ねもと) - 尾美としのり
警視庁捜査一課の刑事で片山の先輩。
刑事という仕事に誇りと信念、熱い情熱を持っているため、「刑事を辞めたい」と常に言っている義太郎のことが気に入らず、馬鹿にしている。 捜査は足で行うタイプで、地道な努力で一歩ずつ近づこうとする刑事。 一課の中では、長的な役割を担っていることもあり、「このヤマ取るぞ!」と自分自身の力で事件を解決することに飢えている。 石津を手下に置いており、また巧みに太鼓持ちをしてくれる石津を後輩として好んでいて、片山が現場でミスをするたびに、「なぁ石津ぅー!」と声をかける。

・栗原警視(くりはら) - 石坂浩二
警視庁捜査一課の課長。定年間近。
いつも飄々としていて一見昼行灯のよう。絵画が趣味で、捜査一課の自分の机はその趣味の世界で彩られている。美術展に幾度となく出品しており、片山や晴美を無理矢理誘うことも。 片山からは辞表を受け取っているが、美術展のパンフレットで埋まった机の引き出しに仕舞い込み、どこかに失くしてしまったり、メモがわりに使って捨ててしまったり、と毎回紛失してごまかしている。 殉職した片山刑事とは同僚で、栗原もたたきあげの実力派刑事。 その過去を知るものからは信頼が厚い。

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

三毛猫ホームズの推理の公式サイト

日テレ「三毛猫ホームズの推理

三毛猫ホームズの推理の主題歌・挿入歌など

Your Eyes

「三毛猫ホームズの推理」オリジナル・サウンドトラック

三毛猫ホームズの推理:関連DVD・関連アイテム

↑トップに戻る

三毛猫ホームズの推理の無料動画一覧

▽「三毛猫ホームズの推理」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行