TVドラマ「モテキ」の動画を無料で視聴しよう♪

モテキの無料視聴動画一覧

モテキ:関連DVD・関連アイテム

モテキの動画を無料視聴する前に

モテキ』は、久保ミツロウによる日本の漫画作品。『イブニング』(講談社)にて2008年23号から2010年9号まで連載された。
2010年7月16日からテレビ東京のドラマ24枠で放送される予定。

モテキのあらすじ

モテない三十路間近の青年・藤本幸世は、ある日突然知り合いの女の子から次々と連絡が入り、いわゆる「モテ期」に入る。これまでモテ期の来なかった藤本は焦りながらも女の子とコンサートに行ったり水族館に行ったりしていく……。

モテキの登場人物

藤本幸世(ふじもと ゆきよ)
主人公。29歳。九州出身で派遣社員をしている。今までモテたことがなく、卑屈な性格。一応非童貞。人生で初めての「モテ期」の到来にとまどうも、無我夢中でイベントをこなす。小宮山によれば本当はモテるのにチャンスを逃している。作中で30歳の誕生日を迎えた。

土井亜紀(どい あき)
27歳。藤本の前の派遣先の同僚。彼女のメールから「モテ期」が始まった。会社では地味な存在だが、素顔は美人な素敵女子。ライブに藤本と一緒に行ったことで彼氏に浮気していると誤解され、振られる。テンションの上下が激しく、人を見る目が厳しい。藤本に好意を抱いた最初のヒロインだが、藤本の自虐的な態度に苛立っている。

中柴いつか(なかしば いつか)
22歳。照明助手。女らしさを感じさせない元気な女の子。藤本とは漫画の趣味などが合い、気の置けない友達の一人だった。恋愛に諦観を抱いていたり望まぬ初体験を迎えるなど、恋愛遍歴も藤本と似通っている。偶々1人で飲んでいた所に声をかけられた島田に片思いしており、そのことを引きずっていたが藤本の後押しがきっかけで立ち直る。なお、作中で誕生日を迎えている。

小宮山夏樹(こみやま なつき)
OL。保育士の姉がいる。藤本曰く「人生で一番好きだった人」。美人だが時々自虐的なブログを書く。婚約を解消した経験がある。普段はまず酒を口にしないが…。

林田尚子(はやしだ なおこ)
藤本の同級生(初期設定では後輩だった)。バツイチで由真という娘がいる。元ヤンキー。荒れていた中学生の頃に藤本と出会った。その後も波瀾万丈な人生を送ったようだが、今はすっかり丸くなった。藤本とメルアドを交換してから藤本の相談相手となるが、その内容はかなりざっくばらんである。

島田雄一
藤本とは同郷で幼馴染。会社員。29歳のときにユリエと結婚している。藤本とは親友同士であるが、いわゆる「成功者」であるため藤本は一時期敬遠していた。いつかの初恋の相手でもある。特にイケメンではないが好漢として人に好かれ易く、後にそれが原因で大きな揉め事を起こす。

小野坂オム
漫画家。26歳。身長156p。『週刊少年マガジン』で「キャバママは18歳!!」を連載中。藤本の憧れの存在だが、極度に内気で世間離れした性格や気遣いが苦手なこと、そして漫画家という特殊な職業の為か社会人スキルが極度に低く、アシスタント達からは疎ましがられ深い溝がある。献身的に世話をする土井に対し好意を抱いている。漫画家の心の眼を持つ。

墨田
漫画家。40代。藤本とそっくりの顔を持つが、藤本とは対照的に世慣れていてかなりのプレイボーイ。女性軽視の発言が目立つが、友人や身の回りの相手に対しては面倒見のよい一面も見せ、偶然飲み会で会った藤本のことも何かと気にかけている。林田いわく「藤本の見習うべき相手」。

林田由真
尚子の一人娘。小学生。小悪魔的な性格でクラスの男子にモテているが、全く相手にしていない。なぜか藤本にはよく懐いている。

モテキのキャスト

藤本幸世 - 森山未來
土井亜紀 - 野波麻帆

中柴いつか - 満島ひかり
小宮山夏樹 - 松本莉緒

林田尚子 - 菊地凛子
島田雄一 - 新井浩文

島田ユリエ - 堀まゆみ
オム先生 - 浜野謙太

墨さん - リリー・フランキー
森本のぶ

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

モテキの主題歌・挿入歌など

フジファブリック 「夜明けのBEAT
Half-Life 「J-POP

↑トップに戻る

モテキの無料動画一覧

▽「モテキ」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行