TVドラマ「おひさま」の動画を無料で視聴しよう♪

おひさまの無料視聴動画一覧

おひさま:関連DVD・関連アイテム

おひさまの動画を無料視聴する前に

おひさま』は、2011年4月4日から、NHKで放送されている『連続テレビ小説』第84シリーズの作品。『連続テレビ小説』が『娘と私』放送開始から数えて50周年となるのを記念する作品として位置づけられている。

 

おひさまの概要

岡田惠和書き下ろし脚本によるオリジナル作品で、信州・安曇野市と松本市を舞台に、激動の昭和時代を生きた架空の人物・須藤陽子の半生を描いた物語。

 

長野県を舞台とした連続テレビ小説は1993年下半期の『かりん』以来17年ぶりとなる。

 

「地上デジタル放送完全移行期に臨み、郷愁と生命力にあふれた壮大な自然とともに生きた女性の半生をスケール豊かに」描くと発表されている。

 

主演はNHKドラマ初主演の井上真央。『ゲゲゲの女房』の松下奈緒と同じく、オーディションを経ずに起用された[1]。

 

当初は3月28日開始予定だったが、東北地方太平洋沖地震(東北関東大震災)発生による特別編成実施により、混乱を避けるため1週繰り下げの措置が取られると発表された[2]。地震発生時、東京都のNHK放送センターで撮影が行われていたが、中止となった[3]。

 

また、当作品では出来る限り作品のストーリー展開に重きを置くため、オープニングテーマソングの時間を45秒程度に抑えるという新趣向を取り入れる。[4]

 

エンドカットでは、これまで長野局のホームページで展開している「撮るしん。撮っておきの信州PHOTOアルバム」に投稿された、視聴者が信州の風景を写した写真を使用することにしている。

 

また、『てっぱん』の第25・26週のエンディングでは3種類の5秒予告が同番組の本編後に行われている。

 

おひさまのあらすじ

現代、安曇野でそば屋を営む陽子(若尾文子)。
東京から来た主婦・房子(斉藤由貴)に自分史を語り始める。
昭和7年、10歳の陽子(八木優希)は父・良一(寺脇康文)、母・紘子(原田知世)、兄の春樹(中川大志)、茂樹(渡邉甚平)と東京から安曇野へ来た。
病気の母との最後の時を過ごすためだ。
友達になったユキ(荒川ちか)は、担任の教師・高橋夏子(伊藤歩)のように先生になりたかったが家が貧しく、奉公のため名古屋へ向かう。
ユキの夢を受け継ごうと決意する陽子。
翌年、母の様態が急変し、陽子は学校行事の常念岳登山をためらうが、母に「太陽をすぐ近くで見ておいで」と送り出される。
頂上に着いた陽子は太陽を見つめ、「陽子の陽の字は太陽の陽なのよ」という母の言葉を胸に、自分で輝き、笑顔で世界を明るく照らす人になろうと誓う。
その時、母は静かに息を引き取っていた。
昭和13年、16歳の陽子(井上真央)は安曇野の女学校に通っていた。
良一は製糸工場の工場長になり、春樹(田中圭)は松本高校で寮生活、茂樹(永山絢斗)は地元の農業高校に通っていた。
ある朝、陽子がいつものように自転車で通学していると、見知らぬ女性(樋口可南子)に話しかけられる。

 

おひさまのキャスト

須藤家

須藤陽子(すどう ようこ):井上真央(幼少期:八木優希)
須藤紘子(すどう ひろこ):原田知世
須藤良一(すどう りょういち):寺脇康文
桐野富士子(きりの ふじこ):渡辺美佐子
須藤春樹(すどう はるき):田中圭(幼少期:中川大志)
須藤茂樹(すどう しげき):永山絢斗(幼少期:渡邉甚平)

丸山家

丸山和成(まるやま かずなり):高良健吾
丸山徳子(まるやま とくこ):樋口可南子
丸山道夫(まるやま みちお):串田和美

長野・安曇野の人々

筒井育子(つつい いくこ):満島ひかり
相馬真知子(そうま まちこ):マイコ
相馬剛三(そうま ごうぞう):平泉成
村上カヨ(むらかみ かよ):渡辺えり
村上貞夫(むらかみ さだお):斉木しげる
宮本タケオ(みやもと たけお):柄本時生(幼少期:勝隆一)
高橋夏子(たかはし なつこ):伊藤歩
田中ユキ(たなか ゆき):橋本真実(幼少期:荒川ちか)
川原功一(かわはら こういち):金子ノブアキ
飯田小太郎(いいだ こたろう):近藤芳正
中村先生(なかむら):ピエール瀧
福田先生(ふくだ):ダンカン

現代の人々

須藤陽子:若尾文子 - ナレーション(語り)も担当する。
原口房子(はらぐち ふさこ):斉藤由貴

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

おひさまの公式サイト

おひさま

おひさまの主題歌・挿入歌など

「おひさま」オリジナル・サウンドトラック

↑トップに戻る

おひさまの無料動画一覧

▽「おひさま」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行