TVドラマ「14才の母」の動画を無料で視聴しよう♪

14才の母の無料視聴動画一覧

14才の母:関連DVD・その他のアイテム

14才の母の動画を無料視聴する前に

14才の母(じゅうよんさいのはは)は、2006年10月11日から同年12月20日まで、毎週水曜日の22:00 - 22:54 (JST) に日本テレビで放送されていた連続ドラマである。ハイビジョン制作(地上波デジタル放送のみ)。愛するために生まれてきた(あいするためにうまれてきた、前後に波ダッシュが入る場合や、「愛するために」の後にスペースが入る場合もある)というサブタイトルをつける場合もある。

 

初回は、15分拡大の23:09までの放送。最終回は、20分拡大の23:14までの放送。視聴率好調に伴い、全10話の予定が1話追加され全11話となった。

 

「ギャラクシー賞 2006年12月度月間賞」、「第44回ギャラクシー賞」(民放ドラマで唯一の入賞)、「平成19年日本民間放送連盟賞(最優秀)」受賞作品である

 

14才の母のストーリー

私立中学校2年生の一ノ瀬未希(志田未来)は、14歳の幼さにして、恋人との子供が出来てしまう。しかし、運命の相手と思えた私立中学校3年生・桐野智志(三浦春馬)は頼りにならず、未希は絶望の淵に。産む決心をするが、信じられない程の困難が待ち受けていた……。

 

14才の母の登場人物・キャスト

一ノ瀬未希(14):志田未来
このドラマの主人公。1992年5月5日生まれの14歳。名門・聖鈴女学院に通っている。普通の家庭に生まれ育った中学2年生。破天荒で明るい性格なので友達も多い。学校では放送部に所属していて校内放送のMCもしており、将来の夢はラジオのDJになること。しかし、成績はあまり良くなく、学校の教師の受けも悪い。同じ塾に通う桐野智志と周囲に内緒で付き合っている。第1話で思いもかけず妊娠が発覚し、第2話で的場クリニックで検査し事実と判明した。周りの意見から一度は中絶に同意するが、両親から自分が生まれたときの話を聞くと、中絶を拒否して周囲の反対を押し切り「おなかの子に会いたい」と子供を生む決心をする(学校で恵たちクラスメートの前で学校を辞めてでも出産すると宣言する)。出産するという決意を通す一方、智志に迷惑をかけないように別れを自分から言いだし一度は別離をするが智志から説得され一人娘のそらのためにも智志とともに生きていく事を決意する、学校のみんなに迷惑をかけたくないからと退学しようとしたり、妊娠報道で家族が苦しむと家を出ようとする(マコトに店の手伝いをするからおいてほしいと頼んでいる)など家族をはじめ周りの人たちのことを大切に思っている。

一ノ瀬加奈子(42):田中美佐子
未希の母。番組冒頭でナレーションもしている。口癖は「自分の行動に責任を持ちなさい。」である。未希の幸せを願い、未希のために名門私立中学である聖鈴女学院に通わせている(妊娠発覚後、中絶はするから退学は勘弁してほしいと学校で頭を下げている)。学費の重い負担に耐えるためファミリーレストランでパートをしていて、チーフを務めている。当初は出産に反対していたが、未希の強い決意(学校での出産宣言)を前に娘を守り支えていくことを決意する。その後、未希が家を出て行くと言ったときに周りが冷たくなろうと家族4人でこの家で踏ん張るしかないと未希を諭したり、静香に誓約書を突きつけられたときに14歳でも将来を決めることはできると言い切るなど腹の据わったところを見せる。

一ノ瀬忠彦(45):生瀬勝久
未希の父。大手住宅販売会社に勤めており、次長に昇進したばかり。会社での取引や評判を気にしているが、家族のことも大切に思っている。家族の中では最後まで出産に反対していたが、娘や妻の強い覚悟(未希の家出宣言と加奈子の諭し)を目の当たりにし妻とともに娘を守り支えると腹を決める。未希の妊娠発覚後に加奈子を引き連れて桐野家に乗り込みに行ったり(ただし、忠彦は直前(玄関前)で怖気つき、静香に話を切り出したのは加奈子)、未希が中絶すると智志に伝えに行ったり、誓約書を返してもらいに桐野家に向かったり、桐野親子の居場所を調べに週刊トップ編集部に乗り込んだりするなど行動的な一面を見せる。

一ノ瀬健太(11):小清水一揮
未希の弟で小学生。ませているが、家族思いのところもある。未希の妊娠報道をきっかけにクラスでいじめに遭う。未希の担任である香子に子供を産んではいけないのかと尋ねたり、未希に産めよと言うなど、未希の出産には理解がある。

一ノ瀬そら
未希と智志の娘。胎盤早期剥離のため帝王切開で誕生、1648gの未熟児だった。名前の由来は「青い空」。

三井マコト(33):河本準一(次長課長)
加奈子の弟で、未希の叔父。バンドにはまって高校を中退している。現在はギターショップを経営している。23歳でひな子と結婚したが、結婚の際は、母(未希の祖母)に反対されたらしい。夫婦で未希のことをかわいがっている。未希の妊娠を知った後も、彼女の良き理解者である。中卒で働くことに関して、自身の体験をもとに未希にアドバイスもしている。

三井ひな子(28):金子さやか
マコトの妻で、未希の叔母。18歳でマコトと結婚した。子供がなかなか出来ないが、今の生活に満足している。マコトとともに、未希を温かく見守っている。

桐野智志(15):三浦春馬
未希の彼氏であり、そらの父親。有名進学校に通う中学3年生。未希と同じ塾に通っており、学年は1つ上だが未希には「キリちゃん」と呼ばれている。母の静香に反抗したい気持ちを2話で明かした。未希に妊娠を打ち明けられた当初は出産には賛成せず、母親に言われるまま海外に留学(ほとぼりが冷めるまで逃走)しようとするが、良心の呵責からできなかった。その後、未希から別れを言われ、「自分は子供を育てるから、キリちゃんは勉強してなりたいものになって」を胸にがんばる決意をするが最終的に自分の守るべきものを理解し未希と未熟児で生まれてきた一人娘である「そら」を守るため中卒で働き出す、最終話のエンディングでもその一部が見られ精神的にも大きく成長した。妊娠報道で学校でいじめにあうが、通い続ける。

的場春子(52):高畑淳子
「的場クリニック」院長で産婦人科医。未希は的場クリニックで産まれ、未熟児で逆子の難産だったため、春子もよく覚えていた。未希の出産の決意を知ると、一度は他の病院を探すが、自分のところで引き受け全力でサポートすることを決める。通院する妊婦に子育ての指導、アドバイスを行う「母親学級」を開いている。

桃田ヒロミ(27):西野妙子
「的場クリニック」の看護師兼助産師。若くして子供を産んだが、結局育てられずに手放した。そのため未希には「何があっても子供を手放さないでね」と言っている。

遠藤香子(26):山口紗弥加
未希の担任。理科教諭。校内での生徒の成績や行動には責任を感じているが、ある事件をきっかけに生徒には深入りせず、校外での行動は各自の責任という方針を持っていた。未希の妊娠にも当初は深くかかわらず穏便に済まそうとしたが、健太と最初に交わした言葉、未希の出産と退学の決意、未希の学校での最後のDJ、公園での未希の言葉を聞くうちに心情に変化が出てくる。そして、未希の退学の回避に尽力し、彼女をサポートするようになる。

柳沢真由那(15):谷村美月
未希のクラスメイト。作中では明言されていない理由で1年留年しており、そのことと関係して遠藤香子を恨んでいる。周りとは距離をとっており、冷たい性格。しかし、未希の出産を援護や理解するような描写が見られる。

久保田恵(14):北乃きい
未希のクラスメイトで親友。放送部に一緒に所属している。未希に妊娠を打ち明けられるも、未希の妊娠に嫌悪感を抱き、先生に報告して、さらにクラスで言いふらして未希を裏切った。しかしその後、柳沢真由那のはからい(未希に教科書を返すように恵に頼む)で、未希と仲直りし、出産に対し理解を示すようになる。

長崎さやか(14):小池里奈
未希のクラスメイト。放送部に所属している。

原口和明(28):井坂俊哉
聖鈴女学院の体育教師。周りに内緒で、遠藤香子と付き合っている。

中谷栄三(58):小野寺昭
聖鈴女学院の校長。

猪原光江(50):長谷川稀世
聖鈴女学院の教頭。

奥村美子:出口結美子
加奈子のパート先の同僚。

松本リカ:大沢逸美
加奈子のパート先の同僚。

山崎光陽(29):海東健
桐野静香の秘書。

あゆみ:戸田菜穂(第8話のみ)
未希と相部屋の妊婦。

土田太郎:反町隆史(第10話、第11話のみ特別出演)
未希が緊急手術を受け、そらを出産させた「関東医科大学病院」の小児科医。

波多野卓(38):北村一輝
週刊誌「週刊トップ」の編集長。加奈子が勤めるファミレスの常連客で、お替り自由のコーヒーばかり飲んでいる。未希に遭遇し、「中学生の闇」や「14才病」を特集しようと考える。元戦場ジャーナリストで現代の日本の子供の現状に大きな不満を持っている。桐野静香の取材をドタキャンされ、そこから未希と智志のこと、未希の妊娠を知り、特集記事の目玉にする。自分の正体を告げた後、加奈子から未希が出産すると知らされると、その後も智志や加奈子の前に現れるなど取材を続けている。ただし、未希への直接取材を控えたり、未希が倒れた際にタクシーで的場クリニックに送ったりなど、一定の配慮を見せている。

桐野静香(48):室井滋
智志の母。天才実業家として毎日数百万の金を動かしている資産家。ベンツやポルシェなども所有している。愛人と別れた後、智志を出産して女手一つで育てている。教育理念や経営理念には歪んだ部分もある。当初は息子である智志が未希を妊娠させたとは信じていなかったが、事実と知ると智志を海外に避難させようとした。その後、未希が出産すると知ると未希に(2,000万円の慰謝料の代わりに智志に対する認知請求権を放棄する)誓約書を送りつける(未希ら一ノ瀬家は同意しサインはしたが慰謝料は断った)。これらの行動はすべて智志を守るためのものであった。妊娠報道をきっかけに、会社の業績が悪化して最後には破産してしまう。

14才の母のエピソード

志田は、妊婦の役作りの為、実母や親戚に歩き方や食欲の変化などを聞いた処、「お腹が大きくなっただけで何も変わらなかった」と言われ参考にならなかった。志田はこの役作りにおいて、撮影現場への差し入れなどを過食し、一時的に自らの身体を太らせたと言われている。
志田は小学生の時、未希と同じく放送部に所属していた。

第1話、志田が楽器店で号泣するシーンを見て、河本は思わずもらい泣きをしてしまった。
「未希」の命名由来も、志田の本名とほぼ同じく「未来に希望を持って生きて欲しい」であった。最終回には、娘を抱いた未希が「未来の希望も詰まってます」と発言した。

撮影期間中、志田はどうでもいい事ばかりをスタッフに質問して困らせていた(「今夜最終回放送!! 14才の母」より)。

14才の母のその他

智志は未希に、「空は悲しい時ほど青く見える(勇気付けられる)」と言った事があり、このドラマでは「青い空」の描写が多く見られる。また、産まれてきた子供である「そら」の命名由来も「青い空」である。
このドラマで未希の母親役を演じた田中美佐子の実娘も「空(そら)」という名前である。

中学生の妊娠という内容から賛否両論の作品となった。放送倫理・番組向上機構(通称BPO)にも、「10代の性・生に対する認識の薄さや低年齢での妊娠を美化している」などの意見が寄せられ、さらに2006年度日本PTA全国協議会の「子供に見せたくない番組」ランキングで2位にランクインした。一方で「性に対して改めて考える、家族で話し合うきっかけになった」との意見も少なからずあった。
2005年10月以降の日本テレビ・水曜10時ドラマ枠では、ニベア花王を筆頭としたスポンサーだったが、このドラマに関しては花王が筆頭スポンサーになった(初回放送日の新聞の番組広告には掲載されなかった)。

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

14才の母の主題歌・挿入歌など

Mr.Children「しるし

↑トップに戻る

14才の母の無料動画一覧

▽「14才の母」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行