TVドラマ「アテンションプリーズ +SP1 SP2」の動画を無料で視聴しよう♪

アテンションプリーズ +SP1 SP2の無料視聴動画一覧

アテンションプリーズ:関連DVD・関連アイテム

アテンションプリーズ +SP1 SP2の動画を無料視聴する前に

アテンションプリーズ +SP1 SP2の概要

2006年4月18日〜6月27日にフジテレビ系列で火曜21:00〜21:54に放送。
元祖「アテンションプリーズ」を現代風にアレンジしたリメイク版。前作同様に日本航空の協力を得て制作されているため、エキストラとして、機内販売カタログのモデルや雑誌記事モデルの経験者をはじめとする現役のキャビンアテンダント(以下CA)が多数出演している。

1970年版との相違点

登場人物では1970年版、2006年版ともに主人公「美咲洋子」は同じ役名だが、例えば1970年版の教官「三上」、2006年版では「三神」と字が変えられ、性別も男性から女性に変えられている(2006年の時点で日本航空ではCAの訓練で男性の教官が指導する事が無い為)。他にもパイロット訓練生役の「堤」は1970年版では「堤健二」2006年版では「堤修介」となり、役の設定も美咲洋子の恋人的存在から単なる友人に変更されている、1970年版では「関山百合」が2006年版では「関山有紀」、東京出身で実家が蕎麦屋の親友が1970年版では「榊原やよい」が2006年版では「若村弥生」と変えられている。その他の登場人物は2006年版の完全オリジナルとなっている。また、1970年版ではナレーションを導入していたが、2006年版では、ナレーションは置いていない。

アテンションプリーズのエンディング

エンディングでは、主演の上戸彩が毎回、日本航空の初代からの歴代の制服を着用している。第9話〜最終回のエンディングでは本作公式サイトでのファン投票によって決まった「歴代制服ベスト3」が登場する予定だったが「ベスト2」に変更され最終回は歴代の制服全てが登場するエンディングが用意された(2007年・2008年スペシャル版のエンディングも最終回と同じものが使用された)。

アテンションプリーズのキャスト

美咲洋子・・・上戸彩、鈴木うらら(幼少期)、黒沢ともよ(少女期)
このドラマの主人公。昭和60年4月2日生まれの牡羊座で、入社当時21歳。実家は北九州にある小さな運送会社で、幼い頃に母親を亡くし、男兄弟4人の中で育った。そのためか、男勝りでガサツなところもあるが、負けず嫌いで明るい性格。地元で男友達とバンド活動をやっていて、片思いしていた司から制服姿を見てみたいと言われ、CAになることを決意。訓練の途中で何度も挫折しながらもCAを目指す。翔太とはお互い惹かれあっているが、いつも喧嘩してしまう。2007年スペシャル版では国際線移行訓練と国際線OJTを経て、弥生・有紀・沙織・はるか・理恵とともに国際線デビュー。2008年スペシャル版では奈々江のOJTインストラクターとなる。工作が昔から苦手。訓練生時代に一人だけOJTへの延伸を強いられ苦い経験をした経緯があり、「訓練センター」と聞いただけで恐怖心を持つようになる。

中原翔太・・・錦戸亮(NEWS、関ジャニ∞)
整備士。仕事には真面目で性格は無口でクールである一方で、飛行機の話になると口数が増え明るくなる。航空大学校を出ており、パイロット志望だった。だが視力には問題ないものの目の奥に傷があり、パイロットの夢が閉ざされてしまった。但し、旅客機パイロットは無理だったが、軽飛行機は操縦出来るライセンスを持っている。洋子に心を動かされ、世界一の整備士を目指すことを決意する。普段は好意の裏返しから、洋子のことを「制服姿が似合わない」などとからかうが、よき相談役ともなって陰ながら応援、後押しをしている存在であり、ともに支えあううちに段々と洋子に惹かれていく。2008年スペシャル版は回想シーンのみの出演だが、ブームアップ委員会の活動でホームページにアップされた洋子たちの動画を見て、異動先のインドのデリーから洋子宛のコメントを書き込んでいる。好きな飛行機はマクドネル・ダグラスDC-10で小学生のとき初めて乗ってあとで図鑑で調べた等で深い思い入れを持っている。

若村弥生・・・相武紗季
双子座生まれ。美咲とは入社試験で知り、入社式で出会い意気投合。実家はそば屋で、性格は気さくな人柄で正義感が強い。洋子の悪口を言う人に対して応戦するぐらいである。CAになって、制服姿で空港のロビーを歩くのが子供の頃からの夢。翔太に片思いをし、第10話で告白したが振られる。それ以後、翔太への想いは振り切ったようで、2007・2008年スペシャル版では互いに惹かれ合いながらもなかなかくっつかない洋子と翔太にヤキモキする描写がなされている。水泳が大の苦手だったが、最後まで頑張り抜いて非常救難訓練をクリア。自分の働く姿そして客室乗務員見たさにちょくちょく顔を出す昭三にうんざりしていたが、2008年スペシャル版で昭三が倒れたのを機に、将来への不安を感じながらも、父との関係を考え直す。

弘田沙織・・・上原美佐
努力よりも要領で生きていくタイプで合コンやブランド品が大好き。堤に何度も言い寄られるが断固拒否する。また洋子に対抗意識があり、何かにつけて軽蔑していた。実は家が貧しく、姉からのお下がりの服しか着られなかったことから、いつも周りの目を気にしていた自分を変えて、自信を持つためにCAを目指していた。非常救難訓練では筋力のなさから救命ボートの運搬に失敗していたが、トレーニングジムに通って体力を付けて克服した。その後、総合試験を境に理解し合い、やがてOJTでは仕事仲間、そしてお互いを高めあうライバルとして友好関係を築いていく。2008年スペシャル版では、洋子とともに訓練生のOJTインストラクターを務める。

関山有紀・・・大塚ちひろ
おとなしい性格で頼りないところがあるが、反面気の強い一面も持つ。訓練生同士でも敬語を使う。洋子の明るさに感化され、友人となる。父親が会社では名の通った元機長で航空業界の情報には詳しいが、少しドンくさい。また偉大な父親の存在がコンプレックスともなっている。絶叫マシーンが苦手。洋子たちからは、その性格から愛情を込めて関山ちゃんと呼ばれている。OJT期間中、体重が増えたことを気にするあまり、食事を取らずに水だけで過ごしていたため倒れてしまう。2007年スペシャル版以降は堤と交際している。

麻生カオル・・・笛木優子
2006年のカレンダーモデル・ミス4月に輝いた先輩CAで、洋子が苦手とする先輩でもある。また洋子にとっては彼女の言葉で不祥事を庇ってもらい処分を免れた経緯があり頭の上がらない存在でもある。CAの仕事を侮ったり訓練生でありながら一人前のCAとして振舞う洋子に先輩としての威厳を示すが、それを逆手に取られ後輩の前でまんまと恥をかく破目になる苦労人。第2話で洋子がやった不祥事で恥をかかされ、それ以来、目の敵とするが…。洋子の記念すべき初OJT、そして初国際線OJT(2007年スペシャル版)では彼女のインストラクターとなる。2007年スペシャル版では、青年実業家との婚約が破棄されたことが明らかにされた。それ以降、後輩の前では「結婚の話を沢山持ちかけられて困っている」と見栄を張っているが後輩の間で異性との交際や結婚、はたまた寿退社という話になると自分に焦りを感じ出す。「お局」や「古い」等の結婚に遠縁となる言葉には地獄耳というぐらい非常に敏感である。人形が背後から倒れてくると気絶したり、グラスにカタツムリの殻が入っているのを見て悲鳴を上げる等で肝が小さい。ワインのソムリエの資格を持っている。

香川麗子・・・高橋マリ子 ※体調不良の為、第4話以降を降板。
成績トップで入社した三神クラスの訓練生。帰国子女で語学が堪能。

東野はるか・・・大友みなみ
三神クラスの訓練生で、要領は良いが成績は普通。沙織や理恵と行動を共にすることが多い。洋子からは、軽々しく扱われていて東野っち(ひがしのっち)と呼ばれる。男が出来ず顔のことで悩んでいたが、2008年スペシャルでは桜咲くようになった。

渡辺誠・・・小市慢太郎
整備士の仲間で、翔太の大先輩でもある。厳しいところもあるが部下想いで、仕事に対するその姿勢や意見は真摯で筋が通っており、後輩たちから慕われている。洋子も「航空会社の人間として働く」点で学ぶこともあるように他職種の人間からも人望が厚い。モットーは「仕事は愛情を持ってやるもの」としており、「飛行機の安全」に対してもプロ意識が高い。番組制作に来たTVスタッフが格納庫で落し物をした際に立腹して取材を中止させたぐらいである。何かと目立っている洋子をいつも「元気な子だな」と言い、気に入っているようである。翔太と洋子の関係を好ましく思っているようで、時に、洋子に対して素直になれない翔太をわざとつついたり、インドに一時的に異動している翔太の頑張っている様子などを洋子へ言付けしてあげたりしている。そば屋「やぶ久」のざるそばが大好物である。

5年かけて1等航空整備士資格を取得。
堤修介・・・小泉孝太郎

パイロット訓練生(スペシャルでは副操縦士)。教官の桜田に対してやたらとゴマをすり、この行動に対しては、桜田から鬱陶しく扱われている。プライベートでは二股三股するほどのプレイボーイなため、CA達からの評判はよくないが、飛行機の話をしたり、コクピットで操縦する時は、打って変わって一途で真面目な仕事人となる。他の女性と浮気している場面やエレベーター内で失禁したところを洋子に見られたことから、弱みを握られている。訓練生時代は、制服の袖に線が入っていなかったため「カラス」のあだ名で呼ばれていた。最終話で路線審査に合格し、副操縦士になる。翔太とは(特に翔太が)毒付き合いながらも、互いに認め合っている部分があり、仕事は違えど、ライバルのような関係でもある。
若村昭三・・・浅野和之

弥生の父。そば屋「やぶ久」の主人でありながら、その実は三神がカレンダーモデルに選ばれていたことさえ知っているCAオタク。カレンダーモデル・ミス4月のカオルの大ファン。洋子とは気が合い、店に来た時には、えびの天ぷらをごちそうする。最終話では弥生の働いている姿をひと目見たいがために、OJT最終日に弥生が乗務するフライトに変装して搭乗したが…。2008年スペシャル版では過労で倒れてしまう。
村山瑞穂・・・眞野裕子

カオルと同じく先輩CAで、洋子たちに辛く当たる。特に有紀は、OJTインストラクターとして顔を合わせるだけで足が動かなくなるほどの恐怖症になっていた。洋子たちの前では、鉄の女と呼ばれるような厳しい先輩として振舞っている。しかし、後輩から「仕事ができるイイ女」と思われることを目指しているが、「ベテラン」と思われるのは毛嫌いしており、歳のことを指摘されると「まだ若い」ことをムキになって強調する可愛い一面もある。桜田の引退フライト当日に30歳の誕生日を迎えた。前述のとおり30歳になったことは、自身のコンプレックスとなっており、カオルと同じく「いつかは寿退社」を目論んでいる。
長野和子・・・石川真希

現場のCAとして乗務する客室乗員部チーフ。桜田からも恐れられる「客室乗員部のドン(親玉)」で、三神も頭が上がらない大先輩でもある。三神クラスの訓練生の総合試験で、ドライな試験官として振舞う。当然のことながら、洋子の訓練生時代からの素行を知り尽くしている。
竹本理恵・・・星野奈津子

三神クラスの訓練生で、沙織やはるかと行動を共にしている。
大木光也・・・田中聡元

翔太の先輩に当たる整備士。2007年スペシャル版で先輩の渡辺整備士同様に5年がけで1級航空整備士の資格を取得。女性の客室乗務員に興味を持っているが、中でも弥生に好意を寄せている。翔太と同様、堤のことを「嫌味なやつ」と思っている。
太宰晋一郎・・・井上順<特別出演>

客室乗務員訓練部部長。温厚な性格であり、ムードメーカー的存在。くだらないジョークをよく飛ばすことも。桜田とは旧知の仲である。一人の落伍者も無く優秀なCAを育て上げることをスローガンとしている。洋子がCAとして入社するまでに実はある形で関与している。このこともあり、訓練中に洋子が起こした不祥事をかばい続け、彼女を一人前のCAに育て上げた。
木下朝美・・・七瀬なつみ

訓練部教官。三神を尊敬している一方で、競争意識もある。柔らかい物腰ながら、洋子にさりげなく嫌味を言うことも。「あの美咲洋子が…」「三神教官も苦労が絶えませんね」などが口癖。美容という言葉に非常に弱い。
桜田信哉・・・小日向文世

機長を務める正パイロットで、堤の教官。穏やかな性格で洋子を見守り、彼女の教官である三神のよき相談役となって、何度も励ます。三神と飲みに行くなど、かなりの間同じ現場で働いていると思われる。終盤で三神と両思いの関係に。第10話での堤の路線審査フライトを最後にパイロットを引退。2007年スペシャル版では訓練教官となる。
三神たまき・・・真矢みき

訓練部のCA教官。現役CA時代は容姿端麗で、人気・実績共に秀でた経歴を持つパーフェクトウーマン。CAの仕事に対して実力相応のプライドを持っている。洋子のクラスの担当教官で訓練中は「クールな鬼教官」として振舞う。中でも洋子に対して厳しく接している。その裏には美咲に似た後輩CA・浅田今日子が関連していた。1992年のカレンダーモデル・ミス5月に選ばれたこともある。どんなに洋子に愚痴られても彼女の長所も見出し、一人前のCAの育成に徹し、最後は彼女を立派なCAに育て上げた。2007年スペシャル版では洋子たちの国際線移行訓練の教官を務め、洋子の記念すべき初OJT、国際線初OJT、そしてシドニーでの乗務にも同乗している。2008年スペシャル版で経営本部客室企画室室長への異動の話を受諾する。

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

アテンションプリーズの主題歌・挿入歌など

木村カエラ「OH PRETTY WOMAN

↑トップに戻る

アテンションプリーズ +SP1 SP2の無料動画一覧

▽「アテンションプリーズ +SP1 SP2」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行