TVドラマ「CHANGE」の動画を無料で視聴しよう♪

CHANGEの無料視聴動画一覧

CHANGE(チェンジ):関連DVD・その他のアイテム

CHANGE(チェンジ)

CHANGEの動画を無料視聴する前に

CHANGE」(チェンジ)とは、2008年5月12日から7月14日まで、フジテレビ系列で、毎週月曜日の21:00 - 21:54(JST、通称月9枠)で放送された木村拓哉主演の連続テレビドラマ。全10回。初回(5月12日)と最終回(7月14日)は30分拡大して22:24まで放送。放送は音声ステレオ放送、字幕文字多重放送、連動データ放送で放送している。

CHANGEの概要

小学校の教師だった一人の青年・朝倉啓太が、不慮の事故で衆議院議員だった父を亡くし、父の後継者として補欠選挙に出馬・当選し、総裁選を経て内閣総理大臣となり、政界で奮闘する姿を描く。

 

CHANGEの登場人物

主人公とその周辺

朝倉啓太(あさくら けいた、35歳) - 木村拓哉(SMAP)
1973年3月5日生まれ。福岡県出身。18年前、衆議院議員の父親が不正献金疑惑を暗に認めたことがきっかけで政治家嫌いになった。父親からは勘当同然の扱いを受けていた。中学時代から天体観測が趣味。「地元の福岡では星がたくさん見えない」という理由で信州大学へ進学し、長野県で教師をしていた。ある日、補欠選挙への出馬要請を促され、しぶしぶ選挙に出馬するも衆議院議員に当選してしまう。その後、鵜飼内閣の総辞職をきっかけに総裁選へ出馬。まっすぐな言葉が国民に理解され、35歳で憲政史上最年少の内閣総理大臣として就任する。若さとルックスから「国会王子」と言う愛称がついている。

美山理香(みやま りか、35歳) - 朝倉理香 - 深津絵里
もとは財務省のキャリア官僚。将来の政界進出を目指し神林の秘書となっていたが、啓太の当選後、神林の命を受けて啓太の秘書へ。総理就任後は首席秘書官の職に就く。政治の素人である総理に悩まされながらも、必死にサポートしていく。東京大学卒業。

韮沢勝利(にらさわ かつとし、44歳) - 阿部寛
200戦中199勝1敗の敏腕選挙プランナー。「選挙は法律で唯一許された戦争」が持論。かつて落選者が1名しか出ない市議選に出馬し、落選した。選挙に負けたのは自身が出馬した選挙のみで、本人いわく理由は人脈や基盤の無さ。落選以降は選挙協力した候補者の必勝祈願を第一に考え、自らは選挙には出馬しないようになった。啓太の選挙後、次の選挙地に近いという理由で啓太の東京の家に泊り込む。後に神林正一の辞任を受け、民間人閣僚として後任の内閣官房長官に就任する。

宮本ひかる(みやもと ひかる、23歳) - 加藤ローサ
松ヶ谷後援会長の姪。大学を卒業したものの、定職には就かずにフラフラしていたところを、親戚から朝倉誠(啓太の父)の後援会の手伝いをする様に言われ、ウグイス嬢を請け負う。啓太の初登院後、韮沢と一緒に啓太が住む家に居候する。啓太の人柄に憧れに近い感情を抱いている。

月丘瑠美子(つきおか るみこ、35歳) - 堀内敬子
総理官邸常駐医師。鵜飼武彦 前総理のお気に入りだったが、鵜飼のセクハラに嫌悪感を抱いている。歴代の総理はおじいちゃんばかりだったので、若い啓太が総理に就任した事を喜んでいる。ニンニク注射を打ったりする。

松ヶ谷(まつがたに) - 車だん吉
啓太の後援会会長で父親の代からの支援者。

檀原段(だんばら だん、36歳) - 大倉孝二
内閣総理大臣付セキュリティポリス(SP)、警視庁警備部警護課員。啓太が総理に就任当初は、自分よりも年下で官邸を脱走したりする啓太に困惑していたが、一生懸命働く姿を見て好感を抱くようになる。妻と6人の娘がいるらしい。

羽鳥(はどり) - 徳永淳
内閣総理大臣付SP、警視庁警備部警護課員。檀原と共に朝倉総理付のSP。

朝倉貴江(あさくら たかえ、59歳) - 富司純子
啓太の母。当初は、補欠選挙出馬を渋る啓太の代わりに自らが出馬するつもりだった。夫と長男を同時に失ったことにより床に伏せていたが、啓太の出馬を聞くと、政治家の妻としての血が騒ぎ始め必死にサポートする。

普段は福岡の家(啓太の実家)に住んでいる。啓太とは母子そろって明太子を肴にワインを飲むのがお気に入り。
朝倉誠(あさくら まこと) - 小寺大介

啓太の父、衆議院議員。飛行機事故で死去。18年前、日本政友党の金庫番であった折、上からの命を受けて大堂商事から不正に献金を受け、党の資金源としていた。
朝倉昌也(あさくら まさや) - 二宮聡

啓太の兄、父の秘書。父と共に飛行機事故で死去。松ヶ谷達周囲が認める、父誠の「唯一の後継者」だった。

日本政友党

与党だが、内閣の支持率は過去最低。次期総選挙では野党第一党である革進党に政権を明け渡すことも危ぶまれている。名前の由来は戦前の政党、立憲政友会。

 

神林正一(かんばやし しょういち、59歳) - 寺尾聰
衆議院議員。日本政友党総務会長。当選12回。啓太の父の事故死に伴う補欠選挙対策に理香を送り込む。啓太を党総裁選に推薦、さらには総理大臣に就任させる。自身は閣内ナンバー2の内閣官房長官として実質的に内閣を動かし、組閣人事も行う。しかし、啓太の前代未聞のやり方に反発し、日本政友党に圧力をかけ、更に買収工作で小野田グループを解散し小児科医療対策を廃案にする。啓太の反撃を知った彼は「罷免された」と偽って官房長官を辞任。大堂商事疑惑のスキャンダルを流し啓太を追い詰める。

近藤光輝(こんどう みつき、54歳) - 風間杜夫
神林の秘書。神林の指示を理香に伝える。子煩悩でカードゲーム(作中で「息子は恐竜キングにはまっている」と答えた)に詳しい。啓太の子どもへの接し方を聞き、何かを感じる。神林に忠義を尽くしており、神林も近藤にのみ心を開いている。

小野田朝雄(おのだ あさお、67歳) - 中村敦夫
衆議院議員。日本政友党幹事長。市議会議員から政治家をスタート。国土交通大臣時代に行ったダム建設によってミズクラゲが大量発生したことの因果関係について、当初は神林の命で啓太を説得しようとしていた。しかし、啓太の姿勢を見るに連れ、自らが議員になったときの気持ちを思い出し啓太に協力する。18年前、日本政友党の経理局長であった折、上からの命を受けて大堂商事から不正に献金を受け、党の資金源としていた。

二瓶 栄(にへい さかえ、72歳) - 神山繁
衆議院議員。政友党最大派閥「二瓶派」の領袖。初登院した啓太に対し、彼が選挙演説で父誠の不正を認めたことを咎めた。権力欲にまみれた典型的な政治屋。

垣内達彦(かきうち たつひこ、65歳) - 大林丈史
衆議院議員。党内の実力者の一人で、鵜飼内閣で外務大臣を務める。二瓶同様、己の出世にしか興味がない。

生方恒男(うぶかた つねお、38歳) - 石黒賢
衆議院議員。元証券会社社員。政治家になるつもりはなかったが、父の急逝により、世襲する事となった。選挙時のプランナーが韮沢だったこともあり、啓太と似た境遇を歩んでいる。啓太のよき理解者の一人。徳島県を地盤としている。

鴨志田(かもしだ) - 東根作寿英
生方と行動を共にする若手議員。総裁選挙の教育係。元経済産業省の官僚。

高柳(たかやなぎ) - 河野洋一郎
生方と行動を共にする若手議員。総裁選挙の教育係。大学で政治学を教えていた。

森重利一(もりしげ りいち) - 隈部洋平
神林正一の秘書。

鵜飼武彦(うかい たけひこ、77歳) - 伊東四朗(特別出演)
党内の権力闘争に勝利し、総理大臣に就任したものの、国民の人気はなく、歴代最悪の総理大臣といわれている。セクハラ疑惑後は内閣支持率は4%(月丘曰く「消費税率以下」)となり、総理の職を辞する。

マスコミの質問攻めから逃れようと、たまたま居合わせた啓太を利用したことで、啓太が「国会王子」とマスコミに注目されるきっかけを作った。
五十川秀樹(いそがわ ひでき) - 児玉謙次

前経済産業大臣。日本政友党総裁選挙に出馬するが、啓太に敗れる。
綿見大一郎(わたみ だいいちろう) -山野史人

元官房長官。日本政友党総裁選挙の結果、最下位の得票数であった。
小松崎和也(こまつざき かずや) - 久富惟晴

朝倉内閣の総務大臣。
中村 勘(なかむら かん) - 仙波和之

朝倉内閣の農林水産大臣。
閣議時に補正予算案に反対し、啓太から罷免を示唆される。

下山三郎(しもやま さぶろう) - 渡辺憲吉
朝倉内閣の外務大臣。

大亀順三郎(おおがめ じゅんさぶろう) - 戸沢佑介
朝倉内閣の経済産業大臣。

自分達が大堂商事から不正献金を受けた疑惑を報じられた際、啓太に身の潔白を訴えた。しかし、最終的には罷免される。
関根(せきね) - 唐沢民賢

河原崎(かわらざき) - 野村信次
衆議院議員。総裁選の動向により支持を変遷させる。

衆議院予算委員長 - 森下哲夫
かどくら - 笠井信輔(フジテレビアナウンサー)

美山から補正予算の採決時に本会議を欠席しないよう説得される日本政友党の衆議院議員。

総理大臣事務秘書官

百坂哲也(ももさか てつや、45歳) - 西村雅彦
財務省出向、理香が財務省にいた時の先輩であり、当時は理香に対し一言も口をきかなかったらしい。啓太と共に補正予算案の修正に奔走していくうちに啓太に理解を示すようになる。非常に冷静で、 秘書官の中ではリーダー格を担う。

郡司敏夫(ぐんじ としお、56歳) - 平泉成
経済産業省出向、啓太の休日の当番秘書になったことがきっかけで啓太のことを理解していく。温厚な性格で少し慌てやすい。

西誠二(にし せいじ、42歳) - 矢島健一
外務省出向。寡黙で無表情だが、意外とユーモアがある。

秋山太郎勘介(あきやま たろうかんすけ、34歳) - 鈴木浩介
警察庁からの出向であることから、啓太の休日外出の警備の根回しを依頼される。秘書官の中では最も若く、やや浮ついた言動をとることもある(秘書官らが神林の罷免を啓太に示唆した際は「僕はイケメン君罷免!」と叫んだ)。感情の起伏が激しい。

その他

外木場清光(そとこば きよみつ) - 上田耕一
元福岡県知事。革進党公認で福岡12区の補欠選挙に出馬するが、啓太に僅差で敗れる。

支援者 - 田窪一世
新保久子 ‐ ふくまつみ

啓太の支援者。
アナウンサー - 並樹史朗

村山嘉津男(むらやま かつお、57歳) - 泉谷しげる
啓太のもとへ陳情に現れた男。猫好き。

TVキャスター - 吹田明日香
JBSテレビ局員 - アンジャッシュ(児嶋一哉、渡部建)

韮沢から総裁選CMを提案される。
食堂の夫婦 - 菊池均也、宮地雅子

夫は総裁選に無関心だったが、啓太を支持していた妻と共に街頭演説を聞き、声援を送る。
久野正次郎(くの しょうじろう、68歳) - 森本レオ

東京大学の教授。ミズクラゲの大量発生について調査、研究している。
おばあさん - 森康子

ミズクラゲの漁業被害にあうが、啓太の視察時に焼き魚を振舞う。
国土交通省事務次官 - 浅見小四郎

ハリー・ビンガム通商代表 - ニコラス・ペタス
アメリカ合衆国通商代表。韮沢曰く湾岸戦争の戦地で数々の武勇伝を持っているが、真相は不明。正座が苦手。

ジョージ・ダガート - セイン・カミュ
ハリー・ビンガム通商代表の通訳。

早川奈津子(はやかわ なつこ) - 上原美佐
韮沢と別れた妻との間にできた娘。わがままで感情的。ストリートミュージシャンとの結婚を母親に反対されたため、父を頼りに啓太の東京の家を訪問するが、父親にも反対されたため、家の一室(書斎)に立てこもる。

小柳健介(こやなぎ けんすけ) - 忍成修吾
韮沢の娘の婚約者。ストリートミュージシャン、ライブの場所は渋谷のハチ公前。口癖は「チェス」。

野呂勘三郎(のろ かんざぶろう、63歳) - 高橋英樹
衆議院議員、革進党代表。補正予算案に反対の意向を示していたが啓太を見ているうちに小野田と同じく、当選した頃の自分を思い出し補正予算案に同意する。政治家として覚えるべき事は「根回し」と「駆け引き」であると啓太に教えた。

野呂の側近議員 - 斉藤暁
小島みく(こじま みく) - 山田夏海

上野あかね(うえの あかね) - 小野花梨
林和人(はやし かずと) - 一ノ瀬聖崇

村田淳之介(むらた じゅんのすけ) - 岩沼佑亮
桑名琢磨(くわな たくま) - 五十畑哉耶

啓太が小学校教師だった時の教え子の児童。首相官邸を訪ねるなどその後も交流がある。
松井尚子(まつい なおこ、37歳) - 高橋由美子

理香が財務省在任時代の同僚。
松井亮介(まつい りょうすけ) - 広田亮平

尚子の息子。肺炎を患うも病院をたらい回しにされ腹膜炎を併発し、入院。これがきっかけで啓太との交流が深まっていく。
財務省主計局長 - 田口主将

財務省幹部 - 神崎智孝
フランス大使 - イアンムーア

フランス大使夫人 - ダーシャ
啓太をパーティーに招待する大使夫妻。美山を啓太の総理夫人と勘違いする。

野々村謙三(ののむら けんぞう、55歳) 内閣府・事務次官 - 大和田伸也
官邸連絡会議のお茶廃止を巡って反発するが、自ら事を実践している啓太の思いを知りお茶の廃止を了解する。

CHANGEの備考

監修を担当した福田達夫は当時の内閣総理大臣福田康夫の長男で福田康夫内閣の首席内閣総理大臣秘書官であった。また、政治指導の田中良幸は衆議院議員渡辺喜美の秘書。
ニューヨークの日刊紙であるウォールストリート・ジャーナルが7月1日付の記事において、ドラマ内の朝倉総理と現実の総理である福田康夫総理とを比較した記事を掲載していた。この記事はニュースやワイドショーでも取り上げられ、町村信孝官房長官もこの記事についてコメントするなどちょっとした話題となった。

自民党の中川秀直元幹事長や石破茂元防衛大臣、民主党の長妻昭衆議院議員などの現役国会議員も視聴していることを公言していた。
2008年4月期に放映されるテレビドラマの中で、開始が最後発となった。それまでの間は、直後に放送され木村自身も出演している月曜22時台の番組「SMAP×SMAP」の拡大版や「ドラマレジェンドスペシャル・世にも奇妙な物語 SMAPの特別編 (2001年)」(SMAP SPECIAL MONDAY NIGHTS)、「ネプリーグ」の3時間スペシャルを放送。5月開始の理由については、フジテレビの広報部の公式な説明は「編成の積極的な理由」というものだった。

木村がドラマ内の総理の設定で出演し、ドラマのスタッフが演出を手がけたドラマとトヨタ・カローラフィールダーとのコラボレーションCM(二種類)がフジテレビ系で放送された。
与党幹事長を演じた中村敦夫は1998年から2004年まで参議院議員を経験している。中村自身は議員時代には無所属の一匹狼的存在であった。

第7話は15分拡大して放送されたが、月9のみならず、ワンクールの連ドラで初回・最終回以外で拡大放送するというのはフジテレビとしては異例のことである。このようなケースは月9では後に2009年7月期の「ブザー・ビート?崖っぷちのヒーロー?」の第7話でも行われている。
首相メッセージの全国生中継シーンとして約22分間カットなしのテレビ史上初とも言われるワンカメラショットがある。また、官邸前にあった「OTV(中央テレビ)」の中継車は、八峯テレビのHR-8 HDSNG中継車を使用している。

首相官邸として使用されたのは駒澤大学深沢キャンパスの洋館である。
竜巻災害の現場に向かう際に自衛隊ヘリに搭乗するために向かった基地は埼玉県の入間基地である。

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

CHANGEの主題歌・挿入歌など

マドンナ「マイルズ・アウェイ

「CHANGE」オリジナルサウンドトラック

↑トップに戻る

CHANGEの無料動画一覧

▽「CHANGE」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行