TVドラマ「ごくせん」の動画を無料で視聴しよう♪

ごくせん2002+SPの無料視聴動画一覧

ごくせん2005の無料視聴動画一覧

ごくせん2008+SPの無料視聴動画一覧

ごくせん:関連DVD・その他のアイテム

ごくせん

ごくせんの動画を無料視聴する前に

ごくせん」は、森本梢子による日本の漫画作品、及び同作を原作としたテレビドラマならびにテレビアニメ。また2009年7月に「ごくせん THE MOVIE」として映画化された。

 

男子高の学級担任となった女性新任教師が奮闘するコメディだが、主人公の家の家業が「黒田一家」(ドラマ版・アニメ版では「大江戸一家」)と呼ばれるヤクザという設定。集英社刊の漫画雑誌「YOU」で2007年2月まで連載されていた。連載終了後も何度か番外編が「YOU」や「別冊YOU」などに掲載されている。

 

日本テレビ製作でテレビドラマ化・アニメーション化されている。なおごくせんは、「極道先生」の省略形である。

 

ごくせんの概要

集英社「YOU」で連載していた(2007年2月完結)のコミック。女性誌に掲載されていたが絵柄及び内容的には少年誌向きで、しばしば少年誌に掲載されていたと間違われる。極道の跡取り娘である主人公が型破りな高校教師として活躍する物語であるが、学園色よりも極道色が濃くギャグでまとめられた短編が多い。仲間由紀恵主演で三度ドラマ化(第二弾以降はドラマオリジナルの展開を見せている)され、いずれも人気を博した。

 

ごくせんの登場人物

山口久美子(やまぐち くみこ)
4月3日生まれ:A型:158cm:48kg:B 78,W 56,H 79:視力 右・0.3、左・0.2:握力 右・74、左・70

本作の主人公。白金学院3年4組担任の新米教師(就任時は2年4組担任)。担当教科は数学。両親とは交通事故により幼い頃死別。通称「ヤンクミ」。おさげに眼鏡の今時なかなかいないであろう地味な風貌。だが、その正体は任侠集団・黒田一家の組長の孫娘。黒田の顧問弁護士である篠原智也に惚れているが、頼りにしているのは専ら生徒の沢田慎である。ごくせんのヒーロー(ごくたまにヒロイン)的ポジションで、要所要所で様々な極道台詞を使いこなす。色恋には疎く、「じじいの校長でも気づいていた」沢田の好意に最終回まで気づかなかった。理想のタイプは「褌の似合う男」。アベテスト二次試験のカラオケで0点をたたき出すほどの音痴。
終盤、正体がバレたことにより一度窮地に立たされ、白金学院を辞め、北海道に帰ることになった篠原にプロポーズされるものの、生徒達の(褌姿での)必死の説得によって、「卒業まで見届ける」ことを決意。結果、篠原と別れることとなった。その後、校長をはじめとした教師陣が各方面を説得し、再び新1年の担任になる事が決定してこの物語は終わる。

沢田慎(さわだ しん)
8月12日生まれ:O型:178cm:58kg

白金学院3年4組のリーダー的存在。家族は父、母、兄。父は刑事局長。実家を離れて一人暮らし中。通称「赤獅子の若大将」。クラスで唯一久美子の正体を知る。久美子に惚れており、密かな想いを抱く。
中学時代、青玉高校(超エリート校)に合格していたが、当時の担任を殴ったため入学取り消しとなり、また父への反発もあり、髪を赤く染め、白金学院へ入学、家を出る。その後、兄・玲が家出したため、父親に呼び戻され、白金を退学させられそうになるが、久美子の助力や自身の想いを伝えたことで、白金に残ることに。これといってやりたいこともなく、就職しようと思っていたが、「久美子とその大事な人達の幸せのために役に立って生きたい」という夢を見つけ、卒業後は黒田の組を担当する極道弁護士になるため大学(東京大学)進学を志望、終盤で見事合格した。「卒業したら告白する」という公約通りに、最終回で久美子に告白した。実は犬語を喋れるらしい。(番外編「ごくけん」より、「富士は人語を喋れるのか」という質問に対する作者の解答)2007年末発売の「YOU」に掲載された番外編「ごくせん2008」において、久美子と相思相愛となる。また2009年7月発売の「YOU増刊 ごくせん THE BEST」のおまけ4コマ漫画において、久美子との間に子供が2人誕生しているエピソードが紹介された。

黒田一家

黒田龍一郎(くろだ りゅういちろう)
9月27日生まれ:72歳:AB型:174cm:62kg

黒田一家の三代目組長。久美子の実の祖父。通称「昇り龍」、「親父っさん(おやっさん)」。二代目の娘・京子に惚れられ、黒田に婿入りする。極道の世界に知らぬ者がいないほどの大親分。肝臓に持病がある。刑務所へのおつとめは過去2回。
大島京太郎(おおしま きょうたろう)

41歳:B型:184cm:72kg
黒田一家の若頭。ケンカによる服役を終えた刑務所帰り。通称「京さん」。久美子のケンカの師匠でもあり育ての親的存在でもある。久美子の事は目の中に入れてグリグリしても痛くないらしい。危ないところを助けられ、慎を気に入り「赤獅子の若大将」と命名する。握力90キロ。

若松弘三(わかまつ こうぞう)
38歳:O型:171cm:80kg

黒田一家の若頭補佐。(京太郎不在の間は若頭代理)黒田一家では唯一の妻帯者(妻・康絵)。組の若手をまとめている。「見るからに「絶倫キング」と呼ばれてそう」、「顔が最早法律違反」などと言われており本人も若手にはその体を見せてはいるが、妻一筋の大の愛妻家。京太郎の経営するバーに初めて行った時にヘルプについた康絵に一目惚れ、猛烈なアタック(花束、プレゼント、謎の血判、刺されて入院中の所を脱走しての来店など)を経て結婚した。自身の妻への愛に絶対的な自信を持っているため、プロポーズでは「もし浮気したら、俺のナニをナイフで切り落としてから犬に食わしてもいい」と公言した。
朝倉てつ(あさくら てつ)

2月24日生まれ:23歳:O型:175cm:90kg
黒田一家の若い衆のひとり。親に捨てられグレていたところを久美子に拾われ今に至る。外見は島木譲二だが久美子よりも年下。ミノルとは同じ中学。

達川ミノル(たつかわ ミノル)
3月6日生まれ:22歳:A型:169cm:60kg

黒田一家の若い衆のひとり。14歳の頃てつと共にグレていたところを久美子に拾われ今に至る。てつの後輩。黒田一家で唯一料理が出来て魚も捌ける、洗濯や掃除が得意など、意外に優秀な主夫。
川村菊次郎(かわむら きくじろう)

黒田一家の相談役。90歳。初代黒田一家組長・黒田寅吉の最後の子分。黒田一家の生き字引。
篠原智也(しのはら ともや)

28歳:A型:175cm:62kg
黒田一家の顧問弁護士。一流大学法学部卒。久美子が思いを寄せている相手。父が詐欺まがいの借金の保証人となり、苦労したことで、その被害者を救済したいと弁護士を目指すが、過去のある一件で黒田龍一郎に恩義を感じ裏世界に入る。北海道出身。

組の顧問弁護士になったことで、父親に勘当されていたが、その父親が倒れたことをきっかけに、極道の世界とは縁を切り、北海道へ帰ることを決意。久美子が組のみんなや学校を大切に思っていることから、言うつもりはなかったが、終盤、白金を辞め落ち込んでいる久美子を見るくらいなら、と、一緒に北海道に来てほしいとプロポーズした。しかし、久美子が白金で教師を続けることとなり、ひとり北海道へ帰っていった。
黒田富士(くろだ ふじ)

6歳(人間換算で約40歳):80cm:40kg
黒田一家の愛犬。外見は土佐犬だがミックス(犬種不明)。馬のような尻尾がトレードマーク。慎に異様になついている。また、スピンオフ作品「ごくけん」においては二本足で歩き、しゃべる。(作者曰く、正確には慎が犬語を話しているらしい)人語が理解できるらしく、普段からも慎と意思疎通している。

赤獅子の若大将(あかじしのわかだいしょう)
18歳:O型:178cm:58kg

黒田一家の四代目候補と噂される正体不明の赤毛の高校生。博打の天才で大島京太郎と五分の兄弟分という噂。通称「神山のレッドプリンス」だが、本人はその呼び名を激しく嫌がっている。その正体は沢田慎。

白金学院(しろきん がくいん)

白川権三(しらかわ ごんぞう)
白金学院の校長先生。62歳。超小柄。久美子の正体を知った上で学院に招いた張本人。すぐズボンを下ろす露出癖あり。父の遺志を継ぎ学院存続に奔走。

白川雁一郎(しらかわ がんいちろう)
校長の兄で理事長。64歳。顔は弟とソックリだが異様に身長が高い。学院を経営している白川グループの総帥。儲けも誇りもない白金学院を閉校しようと画策している。

猿渡五郎(さわたり ごろう)
白金学院の教頭。50歳。何かと小言が多く生徒からは嫌われている。最近の一件で久美子の行動に理解を示すようになる。沢田の東大合格を心から喜び(-)、巨大な垂れ幕を用意した。

藤山静香(ふじやま しずか)
9月12日生まれ:26歳:B型:161cm:白金学院3年2組の担任。担当教科は音楽。久美子の同期。バストFカップのナイスバディ。男性コーラス部の顧問。好みのタイプは線の細い美少年。

三浦弘樹(みうら ひろき)
7月20日生まれ:25歳:AB型:173cm:56kg

白金学院3年副担任。担当教科は国語。美少年愛好家。理事長のスパイとして動いていたが、KABA.ちゃん似の生徒達とすっかり打ち解けてから、既にその事は忘れている。

白金学院教師

丸山昭雄(まるやま あきお)
担当教科は理科(主に化学)。53歳。白金生活20年を越えるベテラン教師。通称「丸ちゃん」。卒業生からも慕われている。

岩本康平(いわもと こうへい)
担当教科は保健体育。38歳。3年1組担任の学年主任。団体行動が好き。熱血ラグビー教師。何かとニオイを嗅ぐにおいフェチ。

江口篤史(えぐち あつし)
担当教科は英語。29歳。3年3組担任。:白金の事情通。白金学院にあって珍しく論理的な常識人。

八田清(はった きよし)
担当教科は国語(主に古典)。48歳。体格は良いが性格は温厚。空手への愛着は人一倍。

幸田悦郎(こうだ えつろう)
担当教科は社会。33歳。過去に水泳で五輪経験もある。脱いだら見事な逆三角形。

3年4組
内山春彦(うちやま はるひこ)

18歳。5月2日生まれ168cm、52kg。
通称「うっちぃ(うっちー)」。虚勢ばかりはるがケンカには弱い。4組のムードメーカー。エリーゼ女学院に通うホラーマニアの彼女が出来た影響で、将来は美大に行って特殊メイクの勉強をしたいらしい。

南陽一(みなみ よういち)
18歳。11月26日生まれ169cm、60kgのA型。

クラス一のお調子者で切り込み隊長。3人兄弟の長男だが、弟達はまだ小学生。
野田猛(のだ たけし)

18歳。10月10日生まれ171cm、57kgのO型。
キャップがトレードマーク。将来は専門学校で資格取得しつつ祖父のクリーニング屋を手伝うらしい。慎が久美子に惚れているのを見抜くなど、意外に洞察力があり、慎不在時の実質的なツッコミ。

熊井輝夫(くまい てるお)
17歳。3月19日生まれ。174cm、75kgのA型。

通称「クマ」。慎とは小学生の頃からの友達で、様々な恩がある。母親想い。将来は調理師免許を取り父(故人)の借金で手放した店を取り戻すのが夢。
犬塚公平(いぬづか こうへい)

18歳。6月13日生まれ170cm、45kgのB型。
犬棒組組長の息子。普段は色白でひ弱な美少年だが、興奮するとモッサーとしたおっさん顔に豹変する。その姿はもはや別人な二重人格体質。

鶴田一郎(つるた いちろう)
19歳。5月18日生まれ190cm、105kg。B型。

元3年の用心棒。久美子と勝負で負け、自ら留年して2年4組に入る。1年前の修学旅行ではススキノでめくるめく夜を体験したらしい。
久保(くぼ)

3年4組ではかなり地味な存在ではあるが、3年4組の生徒の中では沢田と上記の6人以外では唯一名前があるキャラ。テストの成績は常に沢田に次ぐ2位を取る、合否判定のテストではいつも合格(沢田と久保のみ)、形骸化してはいるものの生徒会会長を率先してやるなど、白金学院であるないを抜きに成績は中々優秀。当初は暗く、ずっとブツブツ何かを呟くいわゆる「アブナい奴」的ポジションだったが、久美子が打ち解けると同時にその影は也を潜めた。見た目は不健康そのものな痩せ型の体型だが、アベテストの最終試験にて、見た目からは全く想像のつかない程のタフガイ(鶴田が足元にも及ばないほど)であることが発覚、3年4組唯一のアベテスト合格者である。
その他

リヒャルト・ハッフナー
1年4組25番。オーストリアからの留学生。名家のお坊ちゃまで、祖国オーストリアでは名門校に通い、トップクラスの成績だったのだが、なんの手違いで白金学院に来たのかは謎。日本語が少し話せるが白金生徒のせいでかなりの問題あり(例/フニャチンで〜す、おはようございマ○コ等)。前述のようにオーストリア出身なのだが、オーストラリア出身と白金生徒に思われている。

阿部鶴男(あべ つるお)
白金学院の卒業生で同窓会会長。38歳。全国チェーンのディスカウントストア「アベツル商店」の代表取締役社長。毎年卒業生からアベテスト合格者一名を社員として採用している。高校生の頃は相当荒れており、校長と丸山は彼に苦労してハゲてしまったと言う。現在は2人と友好的で再会した際にうれし泣きしながら抱きついている。

その他

若松康絵(わかまつ やすえ)
黒田一家若頭補佐の若松の妻で、黒田一家が経営するクラブのママ。37歳。通称「康絵ねーさん」。

和田孝介(わだ こうすけ)
黒田一家の分家・和田組の組長。久美子の母・由梨子と恋仲だったため、久美子の実父ではないかと噂されるが、真相は不明。

熊井さゆり(くまい さゆり)
熊井輝夫の母。38歳。夫の死後女手一つで息子を育てている。康絵の店でホステスとして働いている。通称「さゆりさん」。

沢田郷(さわだ ごう)
沢田慎の父。42歳。警視庁刑事部中央局長。頭の固い性格だったが息子の本音を聞いて少し柔らかくなっている。

沢田玲(さわだ れい)
沢田慎の兄。19歳。成績優秀な大学生だったが突然やりたい事があると家出。しかし近所の友人の家にいた事が判明。父親と相互理解の後、家に戻ることになった。

工藤広樹(くどう ひろき)
元白金学院生徒。19歳。問題ばかり起こして退学になった後も校内に入り3年を仕切っていたところを久美子に敗れて以来、幾度となく久美子の前に事件と共に現れた挙句、黒田に引き取られ部屋住みとして暮らす事になった。久美子からもらったのっぽさんの帽子がトレードマーク。

上杉律(うえすぎ りつ)
青玉高等学校(超エリート校)の生徒。18歳。模試の成績は常に全国トップ。世直しと称し暴行事件を繰り返していたグループのリーダー。慎と模試勝負の結果、負けを認める。慎と同じく東京大学法学部に合格し、将来は検事になるのが夢。

カルロス翔(カルロス しょう)
本名:丸田則男。若松の店の用心棒だったが、久美子が龍一郎との親子盃を餌に白金学院ボクシング部のトレーナーに就任させた、自称元プロボクサー。その後、窃盗で逮捕され裁判にかけられていたが、篠原のおかげで実刑は免れた。チャームポイントは、ハーフサイズの左手小指。

野田あやか(のだ あやか)
野田猛の姉。ミノルの中学の後輩で元彼女。極妻になってデンジャラスアンドビューティーに生きようと思っていたが、ミノルが極道から足を洗ったため、別れた。

今井詩織(いまい しおり)
お嬢様学校・エリーゼ女学院の生徒。内山春彦の恋人。ホラーマニアで怖いもの大好き。文化祭でホラー屋敷「死悪離の部屋」を催し、二度も驚いてくれた内山を気に入る。

吉住りえ(よしずみ りえ)
篠原智也の幼なじみ。篠原の父が倒れた際、片想いを募らせた末に黒田まで乗り込んで来た。北海道で藤山に連れ回された後の行動及び消息は不明。

竹男・TAKEO(たけお)
沢田慎たち白金学院生徒の先輩。退学後、ホストクラブ「ルパン」に就職し「TAKEO」と名乗る。喧嘩で助けてもらった慎への恩返しとして「年上の女の口説き方」を徹底的に叩き込んだ張本人。花火大会にて慎がいつになく押しまくり、久美子との仲を進展できたのは彼のお陰。

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

ごくせんの主題歌・挿入歌など

後藤貴光「本当の言葉

八代亜紀「おのれ道

白金学院コーラス部「ミンゲンヒ-ナ-」

↑トップに戻る

ごくせん2002+SPの無料動画一覧

▽「ごくせん2002+SP」視聴画面▽

↑トップに戻る

ごくせん2005の無料動画一覧

▽「ごくせん2005」視聴画面▽

↑トップに戻る

ごくせん2008+SPの無料動画一覧

▽「ごくせん2008+SP」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行