TVドラマ「ハケンの品格」の動画を無料で視聴しよう♪

ハケンの品格の無料視聴動画一覧

ハケンの品格DVDタイトル一覧

ハケンの品格

ハケンの品格の動画を無料視聴する前に

ハケンの品格』(はけんのひんかく)は、2007年1月10日から3月14日まで日本テレビ系列で毎週水曜22:00 - 22:54(JST、初回は22:00 - 23:09、最終回は22:00 - 23:04)に全10話が放映された、篠原涼子主演の連続テレビドラマ。

ハケンの品格のあらすじ

派遣社員として特Aランクの評価を受ける大前春子(篠原涼子)が3カ月契約で、丸ノ内にある食品会社「S&F」の営業事業部マーケティング課に雇われる。社内の人間関係に追われつつも、与えられたノルマを淡々とこなし、相手構わず言いたいことを言う。契約した事以外はしないため、配属部署以外の部署の業務の手伝いなどは一切せず、たとえ役職者であっても直属の上司でなければ命令には従わない。休日出勤もしない。残業も一切しない。そんな彼女に周囲は振り回されつつも、徐々に認め始める。

ハケンの品格の登場人物

大前 春子 - 篠原涼子(年収:不明)
本作の主人公。33歳〜34歳、派遣企業「ハケンライフ」の特Aランクのスーパー派遣社員。時給は超高破格の3000円(マグロ解体ショーの件で3500円に昇格)。派遣として最初は時給600円のスーパーマーケットのレジ打ちから始めたが、その素早く正確な仕事ぶりから、派遣先からの厚い信頼を得、特Aランクとなった。大型自動二輪車免許から核燃料取扱主任者まで、超難関の資格を26個(以上)も持っており、履歴書の該当欄に書ききれない。今までに明らかになっている資格は大前春子の資格を参照。青いファイルに資格証・認定証・免許証を全てファイリングしている。選挙のウグイス嬢の経験も3度あり、全ての代議士が当選した。資格ではないが速読術を会得している他、スカイダイビングをやってのける度胸、果ては地震予知能力(?)まで見せる。だが自動車修理の知識が無かったり(つまり自動車整備士免許はない)、絵画が極めて苦手など、不得意分野もあるようである。なお、これらの資格には実務経験を要するもの・指定養成所卒業を要するものが多数存在する。

3か月働くと3か月間旅に出る風来坊のような生活をしており、派遣就業中は母親の親友である眉子が営んでいる「カンタンテ」の屋根裏に居候している。退勤後は「カンタンテ」の舞台で、いつもフラメンコを踊っている。
森 美雪 - 加藤あい(年収:81万円)

23歳、新米派遣社員。23社の新卒入社試験に全て失敗した後、アルバイト生活を経て、ハケンライフに登録。当初、職歴がない悲しさで派遣先がなかなか見つからなかったが、後述の経緯で「S&F」営業部マーケティング課で春子と同じ期間一緒に派遣社員として働くこととなる。ただし、これもスキル抜群の大前春子と一緒ならば構わないという桐島部長の太っ腹による所が大きい。春子とは対照的に絵画が得意。
不器用で思い込みの激しい性格からか、空回りが多く失敗が絶えない。春子に出会ったことで、彼女のような派遣社員になることを目指す。地震のときに守ってもらったことがきっかけで、里中に恋をする。

里中 賢介 - 小泉孝太郎(年収:580万円)
30歳、「S&F」入社8年目の営業部マーケティング課主任。人がいい性格で女性からの人気も高い。そのため人に強く物を言うことができないが、マグロ騒動で東海林がクビになりそうな時は、一度断られるも、声を荒げながら春子に助けを求め続けた。また、春子に強く言われるなどで落ち込むとすぐに悲しい目(東海林によると迷子の子犬のような目)になってしまう。事実上の左遷人事ではあるが、新設のマーケティング課を任せられ、自分なりにまとめようと努力する。その一方で派遣社員を軽視する正社員の姿勢に疑問を抱く。

東海林 武 - 大泉洋(年収(S&F営業部時):625万円・名古屋営業所では不明)
32歳、「S&F」営業部販売二課主任。以前は人事部にもいた。面倒見がよく仕事もでき、上司や部下からの信頼も厚い。正社員がリストラされ、社内に派遣社員が増えている現状を嘆いており、派遣社員に対して差別意識をもっている。また、仕事が少々強引であったり自信過剰気味の傾向も。本社営業部にいた頃はハケン社員に使い走りをさせており、それが原因で契約半ばで仕事を放棄したハケンもいた(その代わりに森が入ってきた)。

生き方が正反対の春子とは犬猿の仲。
浅野 務 - 勝地涼(年収:475万円)

23歳、「S&F」営業部マーケティング課新入社員。昆虫マニア。とても仲のよい姉がいる。派遣社員としてやってきた美雪に恋をする。
黒岩 匡子 - 板谷由夏(年収:520万円)

30歳、「S&F」営業部販売二課社員。東海林・里中とは同期入社で、仕事のできるキャリアOL。東海林と同じく派遣差別者。ただし美雪に対しては時に優しい言葉をかけたりという一面も持っている。当初は春子を敵視していたが、最終話では仕事の方向性が似ていることから春子と意気投合している。
一ツ木 慎也 - 安田顕(年収:402万円)

30歳、派遣会社「ハケンライフ」のマネージャー。派遣社員のプロフィールが記載されている黒いファイルを常に鞄に入れて持ち歩いている。常に腰が低く、初心者の美雪とヒューマンスキルゼロの春子が、なんとか任期満了できるように奔走する。また「S&F」のマーケティング課と美雪が発案した「ハケン弁当」の1000人アンケートに「ハケンライフ」に登録している派遣の研修会で協力させたり、「ハケン弁当」の販売会の宣伝も行ったりとマーケティング課を手助けしている。
小笠原 繁 - 小松政夫(年収:480万円)

62歳、「S&F」嘱託社員。かつてはバリバリの営業マンだったが、パソコンの導入による業務の電子化に付いて行けず、現在は自身宛のメールすら満足に見られず、情報収集にデパートに行っても迷子になるなど、ほとんど仕事らしい仕事はしていない。
竹井 瞳 - 清水由紀(年収:253万円)

23歳、2007年3月まで営業部販売二課で勤務している派遣社員。香といつも一緒にいることが多い。
島田 香 - 入山法子(年収:269万円)

24歳、2007年3月まで瞳と同じ営業部販売二課で勤務している派遣社員。瞳といつも一緒にいることが多い。
近 耕作 - 上地雄輔(年収:420万円)

30歳、春子の進言により桐島が新たに営業部マーケティング課に呼んだパソコンができる派遣社員。パソコンスキルAランクでパワーポイントが得意。妻子持ちである。アンチ派遣主義である東海林のことを嫌っているが、「ハケン弁当」の企画を譲っていることに「いいところもあるんだ」と見直している。
天谷 眉子 - 白川由美

58歳、タブラオ「カンタンテ」のママ。春子の母親の親友。春子が心を許す数少ない存在。悩む美雪の姿を、若かりし頃の春子に似ていると言い、見守るような表情で接している。S&Fの会長宮部とは、以前よりの知り合いで、桐島部長も「タブラオ」の常連客である。なお、「タブラオ」とはフラメンコが鑑賞できる居酒屋のこと。
天谷 リュート - 城田優

20歳、フラメンコギタリスト。眉子の一人息子。父親はスペイン人でラテン気質。春子の数少なき理解者。
桐島 敏郎 - 松方弘樹(年収:1600万円)

60歳、「S&F」営業部長。小笠原とは同期で、現在でも何かと気にかけている。また東海林や里中が入社した時に「会社は家族」との趣旨の発言をしており、今も明るく部下から慕われる良き上司で、時折オドオドした態度も見せるなど概ね気さくな態度で部下に接している。妻は元派遣社員。かつて総務部に派遣として来ていた春子の仕事ぶりを目の当たりにし、彼女を営業部に呼び寄せた張本人。正社員に代わり派遣社員を登用するのは、人件費削減のため企業として当然と考えており、大前に絶大な信頼を寄せるなど派遣社員の能力を認めるだけの度量を持ち合わせている。重要なプロジェクトには必ず大前をサポートに付け、言葉の端々にも部下の正社員達より信頼していることが窺える。
ゲスト

伊藤 - すほうれいこ(第1話)
派遣社員。「S&F」営業部マーケティング課で働いていたが、同社の自分に対する扱いが酷かったため、残り2か月間の任期を全うすることなく一ツ木に電話で辞めたいと申し出る。

緑川 - 渡辺いっけい(第2話、第3話)
ロビンソン百貨店店長。かつて派遣社員として共に働いていた春子のアドバイスによりデパ地下の売上が30%も向上し、自身も売り場主任から店長へと昇進した為、今も春子に絶対的な信頼を寄せている。

ツネさん - 小野武彦(第3話、第10話)
マグロ解体の神様と呼ばれる有名人で、東海林の懇願で「S&F」が企画したマグロ解体ショーを引き受ける。しかし、ショー前日の東海林の不注意な言葉が元で市場内で事故に遭い負傷、解体ショー出演が不可能になる。

本部長 - 須永慶(第3話)
デパート「ロビンソン百貨店」本社の本部長。マグロ解体ショーを視察に訪れた。

美雪の母 - 大島蓉子(第4話)
森美雪の母親。上京した美雪のことを心配して、在住する群馬県から電話をかける。

村瀬 早苗 - 工藤里紗(第6話)
派遣社員。「S&F」が主催するバレンタインデーのイベントのため、急遽登用される。

橋立 くに子 - もたいまさこ(第6話)
チョコレート店「シルスマリオ」の社長。初日のイベントが成功し、東海林の懇願でチョコレートの追加生産を渋々了承する。

橋立 あゆみ - 遠山景織子(第6話)
くに子の娘。里帰り出産のため実家へ来ており、妊婦の身でありながら母の店を手伝っていた。

ようじ屋 次郎・まち子 - 平野靖幸(第1話、第2話、第4話、第5話、第7話、第9話)、まちゃまちゃ(第7話)
春子たちが昼食を食べに行く定食屋「ようじ屋」を経営する夫婦。

宮部 - 大滝秀治(第7話、第10話)
S&F会長。天谷眉子とは旧知の間柄で、眉子からハケン弁当の話を聞く。「社長賞」授賞式の日には、スピーチを終えた里中にハケン弁当を食べながら、そのことについて色々と問う。

麗子 - 松田一沙(第8話)
太陽銀行の頭取令嬢。ゴルフのコンペで初めて会ったときに話をした東海林のギャグを気に入り、見合いをしたいと父親が代わりに桐島へ電話で持ちかけた。

那須田 透 - 斉藤祥太(第9話、第10話)
S&Fに来期コネ入社予定で浅野の後輩。大学の卒業も危うい上に社会モラルが身についておらず、仕事先に飼い犬を連れてきたり、先輩である浅野に馴れ馴れしい言葉遣いで話すなど非常識な振る舞いが目立つ。

加藤 のぞみ - 石田ひかり(第9話)
東京中央信託銀行時代に春子と同期入社した同僚。春子と同じく会社をリストラされた。

土屋 - 金子賢(第10話)
「S&F運輸名古屋営業所」で働くトラック運転手。他のトラック運転手の頭的存在。

大前春子の所持資格(ドラマ内で明らかになっているもの)

普通自動車第一種免許 大型自動車第一種免許(ゴールド免許)
大型自動二輪免許 車両系建設機械運転者

語学(語学検定合格と見られる) スペイン語会話 ロシア語会話
犬訓練士 初生雛鑑別師 看護師 助産師 あん摩マッサージ指圧師

剣道四段 調理師 ふぐ調理師 食品衛生管理者
昇降機検査 危険物取扱者 核燃料取扱主任者

理容師 アロマテラピー スカイダイビング

ハケンの品格の主題歌

中島美嘉 「見えない星」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

↑トップに戻る

ハケンの品格の無料動画一覧

▽「ハケンの品格」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行