TVドラマ「恋ノチカラ」の動画を無料で視聴しよう♪

恋ノチカラの無料視聴動画一覧

恋ノチカラ:関連DVD・その他のアイテム

恋ノチカラ

恋ノチカラの動画を無料視聴する前に

恋ノチカラ」(こいのちから)は、フジテレビ系列で、2002年1月10日から2002年3月21日まで放送された、全11回のテレビドラマ。放送時間は木曜22:00-22:54、初回と最終回はそれぞれ15分拡大で22:00-23:09の放送。平均視聴率は16.9%、最高視聴率は初回の20.6%。

 

2002年6月28日にビデオ化、2002年7月26日にDVD化された。(いずれも全4巻)

 

恋ノチカラの概要

30代の女性が転職を機に、諦めかけていた仕事・恋愛を取り戻すストーリー。

 

やまとなでしこと主要キャスト、スタッフが同じである。共通点として、堤と矢田が付き合うが、最後にはヒロイン(「やまとなでしこ」では松嶋菜々子、「恋ノチカラ」では深津絵里)にとられて涙する所がある。このことについて、矢田が脚本を務めた相沢友子が司会をするラジオにゲスト出演した際、矢田は「次に堤さんと共演したときには堤さんをふる役にしてほしい」と述べたという。第6話であぶらとり紙の商品名として「やまとなでしこ」が登場する。

 

元々の題名は「ワンダフルデイズ」だったが、後に「恋ノチカラ」に改名された。

 

恋ノチカラのあらすじ

広告代理店の庶務課に勤める本宮籐子は、自分が勤める会社から独立して起業した売れっ子広告デザイナーの男性・貫井巧太郎から引抜の誘いがかかる。悩みぬいた末、憧れの貫井からの誘いに応じたが、実は人違いであったと言われてしまう。

 

恋ノチカラのキャスト

レギュラー出演

本宮籐子(30) - 深津絵里
大手広告会社「ユニバーサル広告社」に勤める30歳の独身OL。恋人もいない。3年前まではクリエイティブに属していたが、仕事上の失敗から庶務課に左遷されてしまう。現在の自分に焦りを感じながらも、何をしたらよいのか分からず、夜な夜な酒をあおる毎日が続いている。そんな中、憧れの念を抱いていた貫井功太郎からヘッドハンティングされるとの知らせが入る。

貫井功太郎(35) - 堤真一
ユニバーサル広告社に勤める人気クリエイター。仕事一筋で女性に興味がない。仕事で上司と意見が対立したため、退職して木村壮吾と新会社「貫井企画」を設立する。秘書を雇おうとするが、人違いで籐子をヘッドハンティングしてしまう。愛車は、三菱・ギャランGTO。

倉持春菜(23) - 矢田亜希子
籐子が昔、兄・勇祐と付き合っていた縁で、籐子とルームシェアをしている。少し世間離れしたお嬢様育ちであるが、昼は銀行で働き、夜は図書館の司書になるための講座に通うなど努力家である。父親の倉持堅は、後に貫井企画が世話になる「広小路製薬」の宣伝部長。

木村壮吾(25) - 坂口憲二
金沢出身。貫井に憧れて広告業界に入り、「ABCアド」に勤めていたが、貫井と共同で貫井企画を立ち上げることになった。お調子者で女好きであるが、仕事に対する姿勢は真面目で、実力があり、業界では若手No.1のクリエイターだといわれている。

寺石香里(28) - 久我陽子
壮吾が高校時代にアルバイトをしていた際に、一目ぼれした女性。壮吾と同じ金沢出身。結婚しているが、旦那との関係は冷めており、壮吾と日々連絡を取り合うなど不倫の関係になりつつある。

須田真季(30) - 猫背椿
ユニバーサル広告社庶務課勤務で籐子の飲み友達である。愚痴を言い合うなど、籐子とは腹を割って話し合える仲である。恋して輝く若い女性に対して異常な嫉妬心を持っている。

長谷川郁子(21) - 菅原禄弥
春菜と同じ司書講座に通う今どきの若いOL。壮吾に対して好意を持っている。

楠木賢明(60) - 志賀廣太郎
100周年を迎えた「楠木文具」の社長。貫井企画の初めてのクライアントでもある。温厚そうな性格だが、なにかと貫井企画にクレームを付けてくる。吉武が来てからは態度が変わる。後に貫井、籐子と一緒に仕事をすることになる。

吉武宣夫(40) - 西村雅彦
ユニバーサル広告社・営業部勤務。妻子がおり、家庭を大切にしている。大変な努力家であり、世間の厳しさを体感しているため、第一線で活躍する才能ある人々に対して敵意を抱いている。貫井に対しても同じで、「貫井企画」の営業を妨害しようと企てるが、後に貫井企画で働くことになる。

ゲスト

佐藤- 長谷川初範(第1話)
籐子のユニバーサル時代の上司

倉持勇祐 - 谷原章介(8,9話)
春菜の兄。5年前まで籐子と付き合っていた。現在はイタリア・ミラノで海外赴任中である。

倉持澄子 - 木野花(3,8話)
春菜の母親。

倉持堅 - 児玉清(2,3,6,8話)
春菜の父親で、広小路製薬の宣伝部長。春菜のことをいつも気に掛けている。

中沢和史−東根作寿英(9話)
貫井の後輩。ユニバーサル時代は貫井について回っていたが、自分の企画が通るようになると、貫井に高飛車な態度で接するようになる。

JPNリゾート社長−石田太郎(7話)
自分が好きな広告の構図やデザインを指定して貫井企画に持ちかけてくる。オリジナリティーが失われてしまうので、貫井は嫌悪感を抱く。

籐子の見合い相手−工藤俊作(最終話)
籐子と見合いしたが、籐子がセッティングしたデートの待ち合わせ場所に現れず、「女性にリードされるのが嫌い」など好き放題言われて「見合いはなかったことに」されてしまう。

駄菓子屋のおじいさん−西村淳二(最終話)
えんぴつネズミを置いていた駄菓子屋のおじいさん

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

恋ノチカラの主題歌・挿入歌など

小田和正 「キラキラ

↑トップに戻る

恋ノチカラの無料動画一覧

▽「恋ノチカラ」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行