TVドラマ「高校教師」の動画を無料で視聴しよう♪

高校教師の無料視聴動画一覧

高校教師:関連DVD・その他のアイテム

高校教師

高校教師の動画を無料視聴する前に

高校教師」(こうこうきょうし)は、1993年と2003年にTBS系列で放送された、野島伸司脚本のTVドラマ。及び、1993年に東宝系で公開された映画。

高校教師(1993年)の概要

教師と生徒の恋愛や、同性愛・近親相姦など、当時に問題となっていた「社会的タブー」を真正面から扱った作品として、非常に話題になった。登場人物らの背景に何があるのか、最終回の結末はどうなったのか…など、ミステリ的な要素も織り込んだことも、それに拍車をかけた。

 

野島伸司の提案により「近親相姦」をテーマとした作品が提案されたが、当初プロデューサーらは嫌悪感を抱いていた。しかし、野島の「ギリシャ神話のような作品を作りたい」という言葉に感銘を受け、直接的な性的描写を抑えた、繊細で透明感のある作品づくりを目指した。なお本作では、羽村と三沢千秋、羽村と田辺里佳との大人同士のキスシーンを除いてキスシーンがなく、全てそれを連想させるだけにとどめた演出になっている。

 

テレビドラマとしては珍しく、ドラマ撮影前に「シナリオ」が全て出来上がっていた。これにより出演者たちは、登場人物の「運命や世界観」などを、完全に理解して演技することが出来たと言う。また、シナリオが完パケ(?一般に理解できない用語です)だったことにより、きめ細かな裏設定を実現することができ、前フリを演技で表現できたという。

 

ヒロイン役の二宮繭は当初、観月ありさを予定していたが、台本の内容に賛同を得られなかったため、桜井幸子に変更された。また、相沢直子の役も、何人かの女優に出演拒否された。野島作品の中では唯一、この作品のシナリオだけ「ラストの展開の手直し」が行われたという。

 

作中で、繭の「私このお菓子好き」というセリフとともに、ブルボンのエリーゼ(スティック状のウェハースの中にチョコレートが入ったお菓子)が映され、一時期注目された。

 

高校のロケ地は、日本基督教短期大学である。また、最終回に登場した青海川駅に、一時期ではあるが番組視聴者の来客が増加した。

 

放送終了後、トーク番組に出演した真田広之は、続編のオファーがあったことを紹介。しかし、「死んだはずの人間が生きていたという話はおかしい。見てくれた人にも失礼」という趣旨の説明をし、オファーを断ったと話した。

 

高校教師のエンディングの解釈

青海川駅
青海川駅最終話のラストシーンをどう解釈するかについては、いまだ論争が絶えない。また、死亡したとしても、二人がどのようにして命を絶ったのかについても不明であるため、謎の残るラストとなっているが、それが作品にとって絶妙の読後感となっている。

 

羽村の夢・空想説、繭の幻影・亡霊説…については、知っているはずも間に合うはずもない羽村の乗っている電車に、突如として繭が現れることが理由である。

 

心中説 (最も一般的な解釈とされる)
自殺説 (羽村のみ死亡し、走馬灯を見ている)

居眠り説 (駆け落ち or 心中にいく途中)
羽村の夢・空想説

繭の幻影・亡霊説 (羽村は生きており、繭は死亡している?) …など。
なお野島伸司は、1993年の映画用グッズ「高校教師手帳」にて、以下のようなコメントをしている。

 

野島伸司
見る人の判断にゆだねたい。死んだか生きているかは、その人の想いに任せます。ただひとつ言えることは、ラストシーン(列車のシートで二人が寄り添う)はハッピーエンドであったということ。二人の生死の決定はもはや作家の圏外で、視聴者が決めればいいと思っている。

高校教師のキャスト

羽村隆夫 - 真田広之
主人公の高校教師。生物を担当しており、一時期バスケ部の顧問もしていた。元生物学者であり、一時期だけ教師をやる手筈だったが、教授の策略により研究室に復帰できなくなる。繊細で温厚な性格、時に孤独な一面を持つ。頼りない性格ながらも良識の持ち主であったが、一生徒である二宮繭と出会い、ストレートでそしてけなげに自己表現をする彼女に次第に惹かれ溺れていく。羽村の少々孤独で頼りないところは、女性の母性本能を擽りヒロインを含め、女性の心を惹いた。

二宮繭 - 桜井幸子
高校二年生のヒロイン。初対面時から勝手に羽村に運命を感じ、付きまとうようになる。自由奔放な性格の持ち主でありながらどこか陰のある少女。突発的な行動をして羽村を困らせることも少なくない。好きな人には、好きと大きくストレートにぶつかり、寂しい時は寂しいと大きく自己表現をする。異常と言えるほど父親から溺愛されており、父を愛する気持ちと逃れたい気持ちとが相反し、大きな心の闇を抱えている。直子(下記参照)以外に友人と呼べる友人はおらず、クラスでは半ば孤立している。

新庄徹 - 赤井英和
羽村の同僚の男性教師。保健体育を担当しており、剣道部の顧問をしている。一児の父だが、離婚した妻との間で親権を争っている。熱血肌で古風な人間であり、男に対しては鉄拳制裁もいとわないが、学校以外では温厚である。生徒指導に非常に厳しく、ほとんどの生徒からは恐れられているが、以前は生徒思いで慕われていた。ある生徒とのトラブルから、生徒との間に一線を引くようになる。

藤村知樹 - 京本政樹
高校でのアイドル的存在の男性教師。英語を担当しテニス部の顧問をしているが、裏では生徒を強引にレイプすると共にビデオに録画し、それをネタに関係を強要するという異常性を持つ。

相沢直子 - 持田真樹
二宮繭の同級生で、唯一の親友。藤村にレイプされ脅迫されただけでなく、妊娠してしまう。レイプされたことを隠し、一人で悩み続ける。剣道部の顧問である新庄に好意を抱き、次第に助けを求めるようになる。

二宮耕介 - 峰岸徹
繭の父親。二年前に妻を亡くし、現在は独身。若い頃には有望な芸術家であったが、今は落ち目らしい。何かに怯えるように、娘にすがり束縛しようとする。

佐伯麻美 - 中村栄美子
バスケ部のキャプテン。繭に対して、同性愛的な好意を寄せており、バスケ部の顧問となった羽村を目の仇にしてイジメを画策する。親の転勤を理由に学校を転校していく。

三沢祐蔵 - 小坂一也
娘の結婚相手として、助手の羽村を選んだ。羽村の書いた論文を自分のものにしたことから目をかけていたが、最終的には羽村を騙すようにして論文の件をうやむやにしてしまう。

三沢千秋 - 渡辺典子
羽村の婚約者。父の三沢教授により用意された縁談であったが、千秋の浮気が発覚して破談になる。結婚に愛を求めておらず、「束縛しない」という理由だけで羽村と付き合っていた。

樋口尚樹 - 黒田アーサー
千秋の浮気相手で、羽村の元同僚。

坂入主任 - 金田明夫
羽村の上司で、学年主任。教育実習生との歓迎会では、セクハラじみた言動をして、羽目を外す。

宮原志乃 - 山下容莉枝
羽村の同僚で繭の担任教師。

新庄貴広 - 森田洸輔
新庄の息子で、小学生。新庄の生徒により、足に障害を負ってしまった。離婚した母親が起こした親権の調停によって、父親と離れて暮らすことになる。

羽村和人 - 三浦浩一
羽村の兄で、田舎で農業を営んでいる。羽村のために骨をおっており、大学の授業料なども面倒をみていた。自分が農業をしていることや、好きなことができなかったことにコンプレックスを抱いている。

田辺里佳 - 若林志穂
物語中盤から登場した教育実習生。羽村の幼児性を帯びた性格に、恋愛感情を抱くようになる。繭に対してライバル意識を持ち、宣戦布告する。

女子生徒 - 加藤貴子 
羽村に近づく繭が面白くなく、目の敵にする集団の一人。

玉田亜弓 - 広田玲央名

高校教師のストーリー

第1話 「禁断の愛と知らずに」
大学院助手から不本意ながら、女子校教師になった羽村隆夫…。3学期の始業式の朝、キセル容疑で捕まった女生徒、二宮繭を助けたことから信頼を得る。帰宅する羽村を尾行し、部屋に上がり込む繭だったが、羽村の婚約者の三沢千秋が来訪し、慌てて逃げ帰る。しかし繭はある日、千秋が見知らぬ男とホテルに入るのを目撃してしまう。

第2話 「嘆きの天使」
毎朝、羽村の下駄箱に「助けて」という手紙が入っているが、誰の仕業かわからない。バスケット部顧問になった羽村を慕って、繭も入部してくる。繭の親友の直子は、藤村にレイプされ、ビデオに撮られてしまう。羽村の婚約者である千秋に会った繭は、羽村との結婚は打算だと聞かされ、怒りのあまり彼女をエスカレーターから突き落としてしまう。

第3話 「同性愛」
同性愛者であるバスケ部キャプテン佐伯麻美は、繭と親しくする羽村を、様々な手で陥れようとする。レイプされた直子は、元気なフリで登校するが、録画テープをネタにされて藤村から脅迫される。一方、千秋を病室に見舞った羽村は、樋口と千秋の抱擁シーンを目撃し、婚約者に裏切られたことに気づく。

第4話 「僕のために泣いてくれた」
羽村の麻美へのレイプ未遂の噂が広まるが、繭だけは羽村をかばう。嫉妬に狂った麻美は、硫酸を羽村にかけようとするが、かばった繭にかかる。羽村は千秋から愛されてないことを聞き、婚約を解消する。小沢教授から、研究室には二度と戻れないという真相を知らされる。傷ついた羽村は、繭と動物園に訪れるが、感情が押さえ切れなくなり繭の前で号泣するのだった。

第5話 「衝撃の一夜」
羽村の兄が故郷からやって来て、婚約破棄したことで、兄弟ゲンカになる。自分を見守ってくれる繭に、羽村は愛情を抱き始めていた。鎌倉の海に行くが、時間を気にする羽村に腹を立てる繭は、帰らないと言い張る。最終電車もなくなり、二人は鎌倉の旅館に泊まることになった。

第6話 「別れのバレンタイン」
羽村との無断外泊で、停学処分を受けた繭。羽村のアパートにやって来た繭の父である耕介は、密告したのは自分だと告げ、忠告する。繭の将来を考え距離を置こうと決意した羽村は、バレンタインデーに一方的に別れを切り出すのだった。

第7話 「狂った果実」
羽村に別れを告げられたショックから、盛り場を遊び歩くようになる繭。そんなある日、繭はレイプされそうになるが、風俗嬢の亜弓に助けられる。一方、直子は妊娠していることが発覚し、中絶手術をする。亜弓の自宅に泊まった繭は、翌朝自殺した亜弓を発見するのだった。

第8話 「隠された絆」
溝ができてしまった羽村と繭。そんな中で教習生の里佳が、羽村にアプローチする。里佳は繭へのライバル意識から、彼女にカンニングの濡れ衣を着せる。

羽村は、下駄箱に「助けて」の手紙を入れる繭を目撃する。そして二宮家を訪ねた彼は、父と娘の信じがたい関係を目撃した。
第9話 「禁断の愛を越えて」

繭は、直子がレイプされる様子を録画したビデオを見てしまう。繭は藤村のロッカーからマスターテープを盗みだし、新庄の机の上に置く。直子の腫れ上がった顔を見た新庄は、羽村の制止も聞かず藤村に殴りかかる。羽村は、その新庄の言動に動かされ、繭を二宮家から連れ出すのだった。
第10話 「僕たちの失敗」

繭を自分のアパートに連れ去り、羽村はホテルに泊まることになる。連日ストーカーのように電話をかけ、アパートに侵入しようとする狂気じみた耕介。繭と父親との関係がどうしてもひっかかる羽村は、繭に思わずきつい言葉を吐いてしまう。繭と耕介が海外に行くことを知った羽村は、耕介を刺してしまう…。
最終話 「永遠の眠りの中で」

タクシーで自宅に戻った耕介は、2人をかばうため自らに火を放つ。羽村は、繭に一緒に新潟に行こうと約束するが、翌朝一人で姿を消す。しかし、置き去りにしたはずの繭は、同じ電車にいた…。二人は寄り添い合い、小指に赤い糸を結びつけて静かに電車に揺られるのだった…。

高校教師(2003年)

高校教師2003の概要

「恋愛」と「依存」との違い、が大きなテーマ。

 

また、最低視聴率を記録した3話の裏では、日本テレビの金曜ロードショーで「千と千尋の神隠し」の地上波初放送で、歴代映画視聴率1位となる46.9%を記録していた。

 

高校教師2003のキャスト

湖賀郁巳 - 藤木直人
主人公の高校教師。数学を担当しており、水泳部の顧問も受け持っている。脳腫瘍を患い、余命わずかの運命にある。元は文部科学省の技官として将来を嘱望されていたが、自分の置かれた運命に絶望し、好きな数学に没頭して苦しみから逃避するために高校教師となった。常に感情を押し殺し、あまり表情に出さない。孤独と絶望の中で町田雛と出会い、次第に彼女に惹かれ、依存していく。

町田雛 - 上戸彩
高校二年生のヒロイン。自らを「どこにでもいる平凡な女の子」と評するものの、非常に明るく健気で、純粋無垢な心の持ち主。孤独な湖賀の心の隙間を埋め、希望を与える存在となっていく。

工藤紅子 - ソニン
雛の同級生。学校では不良と称されて孤立しており、雛が唯一の親友。悠次にのめり込み、食い物にされる。

上谷悠次 - 成宮寛貴
紅子を食い物にするホスト。現実世界を単なるゲームと考え、刹那的な快楽を追い求める。紅子を巡って、藤村と対決する。

江沢真美 - 蒼井優
水泳部の三年生で、悠次の手下。湖賀を誘惑する。

手島絵美 - 眞鍋かをり
国語の教師で、藤村に好意を寄せている。雛と紅子の担任。

村松保 - 大倉孝二
絵美に好意を抱く体育教師。

藤村知樹 - 京本政樹
1993年版と同一人物で、10年の歳月が経過して学年主任となった。自らの過去を悔い、人生に深い絶望を抱いている。紅子を救い出したい一心で、悠次と対決する。湖賀の良き理解者。

橘百合子 - 眞野あずさ
湖賀の主治医で、男女の関係を持つ。常に冷静沈着。湖賀の孤独を受け入れる母親的な存在であるが、次第に雛への依存を強めていく湖賀に、ある種の危機感めいた感情を抱く。

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

高校教師の主題歌・挿入歌など

森田童子「ぼくたちの失敗

↑トップに戻る

高校教師の無料動画一覧

▽「高校教師」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行