TVドラマ「鹿男あをによし」の動画を無料で視聴しよう♪

鹿男あをによしの無料視聴動画一覧

鹿男あをによし:関連DVD・その他のアイテム

鹿男あをによし

鹿男あをによしの動画を無料視聴する前に

鹿男あをによし」(しかおとこあをによし)は、万城目学作のファンタジー小説、及びこれを原作としたテレビドラマ、漫画作品。タイトルの「あをによし(青丹よし)」とは枕詞で奈良の前につく修辞である。
2008年1月17日から3月20日までフジテレビ系で毎週木曜22:00〜22:54 (JST) に、玉木宏主演の連続テレビドラマとして放送。

キャッチコピーは「神は使いに、鹿を選んだ。」

鹿男あをによしの概要

奈良の女子高に赴任した教師が奈良公園の鹿に命を受け、日本の滅亡を防ぐために奮闘するファンタジー小説。2007年4月10日に幻冬舎より刊行され、2007年夏には第137回直木賞候補にもなった。さらに2008年1月には「2008年本屋大賞」の10作品にノミネートされた。発行部数は当初7万部と発表されていたが、ドラマ化の影響もあり、2009年3月現在では20万部を突破した。2010年4月6日に文庫が刊行された。

鹿男あをによしのあらすじ

9月、「おれ」はひょんなことから大学の教授に勧められ、2学期の間限定で奈良の女子高の教師になる。しかし、生徒にからかわれたり、無視されたりとコミュニケーションが取れず、途方に暮れる。そうして迎えた10月。奈良公園の大仏殿にいた「おれ」の前に突如鹿が現れ、人間の言葉で話しかけてきたのだ。実はその鹿は1800年前から人間を守りつづけてきた存在で、60年に1度行われる「鎮めの儀式」で用いる目を運ぶ役(「運び番」)に「おれ」を任命する。目は人間界で「サンカク」と呼ばれ、狐の「使い番」を任せられた女性から渡されると話す鹿であったが、「おれ」は「使い番」に気づかず、挙句に違うものを渡された。鹿は「目を鼠に奪われた」と言い、わけが分からない「おれ」に印をつけ、「おれ」の顔を鹿にしてしまう。そして鹿は「目を取り戻さないと日本が滅びる」と警告するのであった。ちょうど同じころ、東では火山性微動が続き、富士山が噴火する兆候にあった。
一方、勤務する高校では年に一度のスポーツイベントである姉妹校との交流戦「大和杯(やまとはい)」が行われようとしていた。そして「おれ」はその優勝プレートが「サンカク」と呼ばれていることを聞く。剣道部の顧問になった「おれ」は、そのプレートこそ、鹿が言っていた目であると考え、人類を危機から救うために目を取り戻そうと優勝を目指すのだが…。

鹿男あをによしの登場人物

奈良女学館高等学校

平城宮跡の隣に建てられた学校で「おれ」が勤務することになった場所。シンボルは鹿。

 

おれ
主人公兼語り部。原作では本名不明。28歳。大学の研究室で実験をしていたが、助手との折り合いがつかず、「神経衰弱」とのあだ名をつけられている。そのせいもあり、腹が弱く整腸剤が欠かせない。准教授を目指す助手の研究の邪魔になるため、今回、悠久の地、奈良に行くことを薦められたが、鹿から「目の運び番」に任命されたり、さらには役目を失敗して顔が鹿にされたりとありえない事態に遭遇してしまう。ただし、この秘密を知るのは自分とある特定の人物のみで、それ以外の人間には、鹿になった姿が見えない。また、しゃべる鹿のことや運び番、使い番の話を伝えることができない。

ドラマ版と漫画版では「小川孝信(おがわ たかのぶ)」という名前になっている。
堀田イト(ほった いと)

ヒロイン。16歳。古風な名前だが、当校の生徒。しかし、「おれ」の授業一日目から遅刻をしたり、腹いせにクラスメートを扇動して「おれ」を攻撃するなど、水と油の関係。実はあることに「おれ」より早く気づいていて、そのことで悩んでいた。どの部活にも属していなかったが、「おれ」が顧問になった剣道部に入部することになる。実家が剣道の道場を経営していて、腕前はかなりのもの。その顔立ちから「野性的魚顔」と表される。
名前は「坊つちやん」に登場する山嵐の本名に由来。

小治田(おはりだ)
教頭。ダンディーな出で立ちで生徒だけでなく保護者にも人気がある。紳士的な振る舞いで「おれ」を励ます一方、古くから彼を知っている人間からは「野心家」と言われている。考古学に精通し、遺跡発掘をライフワークにしている。本を何冊も書いており、特に邪馬台国の所在地を探ることに心血を注いでいる。あだ名は「リチャード」。

名前は小墾田宮に由来。
福原重久(ふくはら しげひさ)

33歳。美術教師。通称「重さん」。「おれ」が下宿している家の「ばあさん」の孫。祖父、父から3代続けて教師を勤めている。物静かでインドア派。生徒の人気はリチャードと二分する。落語好きで、通勤時には車で毎日聴いている。
名前は福原京に由来。

藤原君(ふじわら くん)
25歳。歴史教師。妻子持ち。神経衰弱な「おれ」を何かと気遣う能天気な性格。古代史に造詣が深く、薀蓄も豊富。あだ名は「かりんとう」(よく食べるからだそうで、このかりんとうは妻のお手製である)。酔うと羽目を外してしまい、愛妻弁当抜きになってしまうことも。

原作では男だが、ドラマでは独身の女になっている。
名前は藤原京に由来。

大津(おおつ)
3つの女学館校長を兼任。禿げ上がった頭が印象的だが存在感があまりない。京都に住んでいるので、奈良には週に1、2度しか来ていない。実家が京都で料亭「狐のは」を経営しており、姉はその女将を勤めている。

名前は大津京に由来。

京都女学館高等学校

平安京大内裏の近くに建てられた学校。奈良女学館の姉妹校。シンボルは狐。

 

長岡(ながおか)
数学教師で剣道部顧問。教師の間からは「マドンナ」と呼ばれる美人。実は重さんに惚れている。実家は道場を経営、自らの腕前は4段。

名前は長岡京に由来。

大阪女学館高等学校

難波宮跡の隣に建てられた学校。奈良女学館の姉妹校。シンボルは鼠。

 

南場(なんば)
体育教師で剣道部顧問。かつてマドンナにプロポーズをして失敗し、その時にマドンナの意中の相手を聞いている。剣道5段の腕前で打倒京都に意欲を燃やす反面、弱小奈良には見下した態度をとっている。

名前は難波京に由来。
なお、後発の「プリンセス・トヨトミ」にも登場しており、名が「勇三」となっており、歳が三十四であることが明らかになる(下記参照)。

鎮めの儀式を行う動物

鹿
見た目は雌鹿だが、実は百回以上魂を他の鹿に移し変えて生きており、命を受けたときは立派な牡であった。屈強な牡鹿を従えている。「目」の力を使って、人間と話すことができるほか、人間が言うことを聞くように印をつけ、顔を鹿にする術を持っている。ただし印の消し方は知らない。人間社会を嫌っている一方で、ポッキーが大好物。鼠とは仲が悪い。奈良の鹿がお辞儀をするのは彼が教えたからであるという。

ポッキーが好物という設定はあくまで小説だけのものであり、実際の鹿にポッキーを与えるのは鹿の健康を害する原因になるため、好ましい行為ではない。後述のドラマで協力している「財団法人・奈良の鹿愛護会」はこの設定に対し苦言を寄せており(2007年9月毎日新聞にて)、ドラマは鹿せんべい好きに変更された。

鹿同様、卑弥呼の命を受け儀式を行っているが、目の受け渡しを妨害するなどしばしばイタズラをしてくる。約300年前には「使い番」をなかなか決めなかったために、満月の夜に儀式が行えず、先述のように人間世界が大変なことになったという。鹿、鼠、狐の中で唯一、印の消し方を卑弥呼から教えてもらったが、印の付け方は知らないらしい。

卑弥呼に鎮めの役目を引き受ける代わりに、目の力によって人に化ける方法を教えてもらった。狐も儀式を行うが、今は京都市動物園の中にいて、自らの「使い番」以外には話し掛けないという。このため、本編には登場していない。使い番をつとめた人物曰く、「紳士」的。

鹿男あをによしのキャスト

小川孝信〔あだ名:鹿せんべい〕(奈良女学館・理科教師/1-A担任) - 玉木宏
本作の主人公。やることなすことすべてが裏目になる「不運な男」という設定が追加された。今までの経験で物事に対して後ろ向きな性格。

藤原道子〔あだ名:かりんとう〕(奈良女学館・歴史教師/剣道部顧問) - 綾瀬はるか
小川と同じく、重さんの下宿に住んでいる。つきあっていると思い込んでいた男が別の女と結婚、その式に招待され、ウエディングドレスで出席したことがある。小川に劣らぬ不運ぶりだが、大概は前向きに考えている。

堀田イト(奈良女学館・1-A生徒) - 多部未華子
長岡美栄〔あだ名:マドンナ〕(京都女学館・剣道部顧問) - 柴本幸

溝口昭夫(奈良女学館・学年主任) - 篠井英介
前村さおり(奈良女学館・体育教師) - キムラ緑子

名取良一(奈良女学館・古文教師) - 酒井敏也
福原房江(下宿・小料理屋「福はら」の女将/重久の祖母) - 鷲尾真知子

大津守(校長・3つの女学館を兼任) - 田山涼成
佐倉雅代(奈良女学館・2年/剣道部主将) - 藤井美菜

村瀬(奈良女学館・3年/元剣道部主将)(第三回〜第六回、最終回) - 高瀬友規奈
原和歌子(小料理屋「福はら」の店員) - 川辺菜月

吉野綾(奈良女学館・1-A生徒/剣道部) - 東亜優
西尾京子(奈良女学館・1-A生徒/剣道部) - 江頭由衣

ニュース番組「News Street」キャスター - 宮田早苗
奈良女学館・1-A生徒 - 安達牧、鈴木梨乃、徳田公華、西川風花、菱山はるか、辺見玲菜、堀澤かずみ、水田萌木

南場勇三(大阪女学館・剣道部顧問)(第二回〜第五回) - 宅間孝行
鹿〔声〕 - 山寺宏一

福原重久(奈良女学館・美術教師/房江の孫) - 佐々木蔵之介
小治田史明〔あだ名:リチャード〕(奈良女学館・教頭) - 児玉清

オープニングナレーション - 中井貴一

鹿男あをによしのゲスト

卑弥呼(第一回、最終回) - 大塚寧々
内閣総理大臣(第一回) - 夏八木勲

物理学者(第一回) - 戸次重幸
会議メンバー〔地震についての会議・総理から向かって左席〕(第一回) - 野村昇史

会議メンバー〔地震の対応策を説明・学者から向かって左席〕(第一回) - 遠藤たつお
小川の母〔小川孝信の回想シーン・鹿島神宮〕(第一回) - 椿真由美

12歳の時の小川〔小川孝信の回想シーン・鹿島神宮〕(第一回) - 岩田朝日
池にワニがいると騒ぐ老人(第一回) - 佐々木睦

15歳の時の小川〔小川孝信の回想シーン〕(第一回) - 倉本発
滑J明物産の社長 - (第一回)山崎海童

滑J明物産入社式の司会 - (第一回)池田宜大
ス子〔小川孝信の元彼女〕(第一回) - 山口紗弥加

研究室にいる小川を呼びに来た女性(第一回) - 鈴木貴乃
長谷部教授(第一回)(小川孝信が以前いた研究室の教授) - 白井晃

野口〔小川孝信のライバル〕(第一回) - 手塚とおる
タクシー運転手(第一回) - 芝崎昇

新幹線の車内販売員(第一回) - 山口ひろ子
新幹線で小川の左に座る太った乗客(第一回) - 鈴木昌平

新幹線で小川の右に座る太った乗客(第一回) - 柴田将士
新幹線で小川にアイスクリームをつける少年(第一回) - 横堀渉

電車で藤原にアイスクリームをつける少年(第一回) - 大塚智哉
大和杯親睦会が行われた料亭「狐のは」の女将(第二回) - 井上夏葉

親睦会でマドンナに酒を注いでいた教師(第二回) - 松川真也、馬場佑樹、金子裕
城山〔城山工芸・店主〕(第三回) - 六平直政

小木〔京都女学館剣道部員・先鋒〕(第四回、第五回) - 近江麻衣子
高柳〔京都女学館剣道部員・大将〕(第四回、第五回) - 高野歩日

清水〔大阪女学館剣道部員・中堅〕(第四回、第五回) - 吉谷彩子
岩崎〔大阪女学館剣道部員・副将〕(第四回、第五回) - 由良有里紗

末永〔大阪女学館剣道部員・大将〕(第四回、第五回) - 沖佳苗
剣道の審判員(第四回、第五回) - 小山弘訓

個展の客〔福原に花を渡して親しげに話している〕(第六回) - 大塚達矢
避難所の女の子(第六回) - 樽本真生夏

サウナ店員(第七回) - 古秦むつとし
黒塚古墳展示館学芸員(第九回) - 石井正則(アリtoキリギリス)

高松塚古墳の古墳管理人(第九回) - 花王おさむ
小川先生が指輪を買った宝石店の男性(最終回) - 川井つと

鼠〔声〕(第九回、最終回) - 戸田恵子

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

鹿男あをによしの主題歌・挿入歌など

鹿男あをによしオリジナルサウンドトラック

↑トップに戻る

鹿男あをによしの無料動画一覧

▽「鹿男あをによし」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行