TVドラマ「白い巨塔」の動画を無料で視聴しよう♪

白い巨塔の無料視聴動画一覧

白い巨塔:関連DVD・その他のアイテム

白い巨塔

白い巨塔の動画を無料視聴する前に

白い巨塔」(しろいきょとう)は、フジテレビ系列で放送されたテレビドラマ(フジテレビ開局45周年記念ドラマ)。

白い巨塔の概要

山崎豊子原作の同名小説4度目のテレビドラマ化。近年のゴールデン枠の連続ドラマとしては珍しい半年間放送の大河シリーズで、2003年10月9日から12月11日まで第一部が放送され、2004年1月8日から3月18日までは第二部が放送された。全21回(第一部全10回、第二部全11回)。本編総時間は約18時間45分で、DVDおよびVHSソフト化されている。 最終回の翌週の3月25日には特別編として、これまでのダイジェストと柳原弘のその後が描かれた。

 

また、2004年12月17日、12月24日、12月30日には3週連続で白い巨塔アンコール(総集編)が放送された。 その後BSフジやフジテレビCSHD、地上波「チャンネルα」(2009年10月-11月)で本来の姿といえるハイビジョン放送がなされている。また、フジテレビ721でも16:9レターボックス(画角情報は4:3)で再放送されている。

 

また、フジテレビドラマとしては初めてアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所(原作ではダッハウ強制収容所。1978年版では省略されている)でロケが行われた。このため、国際外科学会の開催地は原作のハイデルベルクからワルシャワに変更された。また、原作では財前はダッハウにちょっと立ち寄っただけに過ぎず、その後一度も言及がないのに対し、このドラマでは死の直前に財前がアウシュヴィッツを回想する、というシーンが登場する。

 

白い巨塔の反響

各回、軒並み20%を超える高視聴率を記録し、最終回の視聴率は多くの地域で30%を超えるなど反響を呼んだドラマであった。

 

また、最終回の視聴率32.1%は、1978年の田宮二郎版の最終回31.4%を上回り、記録でも連続ドラマの歴史に名を残すことになった。

 

背景として、放送開始の数年前より次々と表沙汰となった医療ミス問題を取り扱っていることもあり、山崎自身も、執筆当時はフィクションとして書いたことが、現実として起こっている状況に驚きをもっていた(ただし執筆当時、山崎は医療ミスよりも大学病院医局内の封建制にも似た師弟関係や権力闘争に主眼を置いていた)。

 

また、原作に即して大阪を舞台にしているが、大阪でのロケは初回のわずかなシーンだけで、関西弁を話す登場人物も、財前又一(義父)や岩田重吉(医師会長)らごくわずかである。

 

原作者の山崎豊子は当初、ドラマ化に消極的だったが、かつて放映していた「救命病棟24時」の出来映えを観て了承した。また、唐沢が財前を演じることにも難色を示していた。唐沢が挨拶に訪れた際に山崎は「あなた度胸あるわね」と発言したものの、作品をみた山崎は唐沢を「素晴らしかったです。あなたが財前で良かった。感動しました。」と評価している。

 

1978年版で里見脩二を演じていた山本學が同作を視聴し、「役者の感情表現や演出が大袈裟すぎる」という旨の感想を残した。これに関しては後日、78年版のプロデューサーであり、本作でも企画に参加していた小林俊一も同様の意見をインタビューで述べている。

 

2004年には台湾、2006年には中国、2007年には韓国で放送された。台湾で「白色巨塔」(白い巨塔)は医学・医療界の代名詞となっている。

 

白い巨塔の特色

大学医学部

舞台は大学医学部付属病院である。
大学医学部の医局という組織において、教授は統括責任者として直接医局の人事権が与えられていた。人事関係はすべて教授が握っており、強大な権力となっていた。教授選という旧体質が残る大学のストーリーがリアル性を与えている。

撮影場所

浪速大学病院のロケ地は、入り口玄関部は富士通川崎工場、内部及び屋上のシーンは川崎市立川崎病院が使用されている。

医療のテーマ

今回の財前は、前作の腹部外科医・消化器外科医と異なり、専門が食道外科医である。前作においては、当時死因のトップであった胃癌を取り扱っていたが、今回の作品では転移や進行の早い食道癌に、テーマが変更されている。

白い巨塔の原作、1978年度版との主な差異

田宮二郎出演の1978年版(全31回)と比較して、ストーリー展開をシンプルに設定し、原作にあるエピソードや設定を大幅に変更した上、登場人物(財前の子供、里見の兄など)がカットされている。特に最終回近くの展開(柳原の処遇など)は78年版とは正反対であった。

 

エピソードの違い

後半にあった、里見が下野し、早期癌の老婆を救う話がカットされ、逆に前半、製薬会社の女性MR(医薬情報担当者、製薬会社営業)が末期癌で里見の診療による看取りを希望するも、大学病院であるために許可されず、転院後に死亡するというエピソードが追加されている。このエピソードが里見の下野(一旦辞職願預りとなった原作第二部当初と違い、全くためらわず大学を去る。その際自分を財前が直接見ていたことに気づき逆に驚くシーンまである)を決断させるきっかけになったことを伺わせる台詞を、本版の後日談で里見が述懐している。
今作の里見のキャラクターについても、患者に正面から向き合う、これまでのどの版よりも人間的な強さが前面に出た正統主人公然としたキャラクターに変更されており、そのため周囲との摩擦が生じるシーンが多く、第二審の証言シーン・後述する終盤の財前への告知シーンへの効果的な伏線とはなったが、財前から堂々と煽られるなどこれまでのどの版にもなかった災難シーンも追加された。かつて友人だった財前と里見が本当に目指していた理想とその現実を描くという、ドラマ演出のトレンドの変化に対応した変更である。

第一審の判決後、原作や78年度版では、財前が学者としての最高峰学術会議会員選に立候補するというエピソードがあったが、今回は浪速大学付属高度がん医療センターの設立にセンター長として関わっていく設定になっている。その分、前半から中盤の浪速大学病院新館設立のエピソードはなくなっている。
控訴審の決定的な証拠として、原作では第一外科の抄録会の記録(財前自身が佐々木庸平の手術を完全治癒組と語ったことが、転移を見逃した証拠として採用された)であったが、本作品では、患者・家族へのムンテラの際の亀山君子看護師による記録(財前が、化学療法・放射線治療による方法を教示せず、「助かりたいなら手術をするしかない」と断言し、柳原が転移を疑う意見を述べたことを即座に否定して「全く問題ない」と発言したことが明記されていた)が採用されている。

財前にとって妻より重要な存在である花森ケイ子だが、田宮版では、幾人かの同僚や部下にその存在が知られ、財前の母と接触する以外は最後まで影の女であり(息子を養子に出した財前の母もまた影の女)、財前の死に当たっても唯一バラの花束と手紙を里見に託したのみであったのが、本作では本妻の知る存在となり、見舞いにも訪れ、財前と二人で過ごす時間を許されるまでになっている。
財前の妻杏子も、田宮版ではただ夫を愛し子供を育てるお嬢様育ちの妻であったのが、本作では子供はなく、自ら挑発的に愛人に接触したり、その存在を許し、教授夫人会の活動に熱心になるなど、家庭外での活動を優先する女性になっている。

東佐枝子は、原作では里見との別れを自身の胸の内でつけて以後、登場しないが、本作品では財前の臨終後にまで登場している。
財前が生前にしたためた「遺書」は、原作では大河内教授に宛てたものであったが、1978年版および今回は親友の里見に宛てたもので、自らの運命を受け入れ、今後の生き方を記したものである。なお、最後の「癌治療の最前線にある者が、自らの癌を早期発見できず、治療不能の癌に死すことを心から恥じる」はいずれにも共通。

ストーリーとしての違い

原作は胃癌(噴門部癌)を取り扱っていたが、今回の作品では、転移や進行の早い食道癌にテーマが変更されている。
柳原医局員の処遇は、前回は即刻除籍(医局員にとっては公務員の懲戒免職と同じ、学生にとっては退学(中退ではない)と同等で経歴に大きな傷がつく)というものであったが、今回は財前の死後新しく綿貫教授が就任というエピソードが特別編として付け加えられ、財前の忠臣だった安西医局長、佃講師が復帰が絶望的なポストに飛ばされる中で、金井助教授ともども、最後まで大学病院に残っている。前教授の下風を嫌ったものの、一連の騒動の一方の中心人物である柳原を学内に留めたもの、と見る向きもある。

原作・78年版では財前の死因は胃癌の肝臓への転移とされていたが、今回の死因は、原発性の肺癌と、術前のCT検査からは予測不能だった胸膜播種、さらには脳への転移とされている。
前作では、財前は手術不能の末期癌であったことを周囲からひた隠しにされ、里見を含めて誰からも癌を告知されることはなかった。これに対し、今回は周囲に隠し通され真実を告げられず一人孤独を感じる財前が、最後には里見を頼り、里見の勤務する千成病院で自らCT検査を受けた上、里見は隠すことなく検査結果を財前に見せて「長くて(余命)3ヶ月だろう」と告げている(財前も、自身の診断結果が同じであることを彼に臆することなく告げている)。

その他

最終回で財前が解剖に供される際のストレッチャーに載せられた遺体役は78年度版の田宮と同じく、代役を用いず唐沢本人が演じた。ちなみに死化粧された際、ネクタイと白衣姿に着替えられていた。
医師対患者、および医師対パラメディカルの関係が、現代風にアレンジされている。

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所を財前が訪れるシーンに登場する案内人の外国人男性は、本物の「強制収容所の元囚人(脱走に成功し近くの村に匿われていた)」であり、元俳優であった男性である。
最終回で財前の病床に義父が駆け寄るシーンで「とおるちゃん」と名前を間違って言うシーンがあったが、再放送では全て音声カットされている。

白い巨塔のキャスト

主人公
財前五郎(第一外科助教授→第一外科教授) - 唐沢寿明

里見脩二(第一内科助教授→千成病院内科医長) - 江口洋介
第一外科

東貞蔵(第一外科教授→近畿労共病院院長) - 石坂浩二
金井達夫(第一外科講師→助教授) - 奥田達士

佃友博(第一外科医局長→講師) - 片岡孝太郎
安西信也(第一外科医局員→医局長) - 小林正寛

柳原弘(第一外科医局員) - 伊藤英明
亀山君子(第一外科主任看護師→近畿労共病院看護師) - 西田尚美

第一内科
鵜飼良一(第一内科教授・医学部長→浪速大学学長) - 伊武雅刀

竹内雄太(第一内科医局員) - 佐々木蔵之介
浪速大学の関係者

葉山優夫(産婦人科教授) - 渡辺憲吉
野坂耕一郎(整形外科教授) - 山上賢治

大河内清作(病理学科教授) - 品川徹
則内大二郎(第二内科教授・浪速大付属病院長) - 田口主将

今津昭二(第二外科教授) - 山田明郷
他大学の医師

船尾悟(東都大学教授 日本外科医学会会長) - 中原丈雄
菊川昇(石川大学教授) - 沢村一樹

唐木豊一(洛北大学教授) - 平泉成
正木徹(東都大学教授) - 潮哲也

教授夫人会
里見三知代 - 水野真紀

財前杏子 - 若村麻由美
鵜飼典江(鵜飼教授夫人・くれない会会長) - 野川由美子

則内喜久子(則内教授夫人) - 橘ユキコ
葉山昭子(葉山教授夫人)- 水野あや

野坂ノブ子(野坂教授夫人)- 梅沢昌代
東佐枝子 - 矢田亜希子

東政子 - 高畑淳子
弁護士

関口仁(弁護士・原告代理人) - 上川隆也
国平学文(弁護士・被告代理人) - 及川光博

その他
財前又一(財前マタニティクリニック院長) - 西田敏行

岩田重吉(浪速医師会会長) - 曽我廼家文童
黒川きぬ(財前五郎の実母) - 池内淳子

花森ケイ子(クラブのママで、財前の愛人) - 黒木瞳
里見好彦(里見脩二・三知代の息子) - 片岡涼

マミ(ケイ子のクラブのホステス)- 立川絵理
佐々木庸平 - 田山涼成

佐々木よし江 - かたせ梨乃
佐々木庸一 - 中村俊太

佐々木信平 - 廣川三憲
小西みどり - 河合美智子

みどりの夫 - 櫻庭博道
みどりの娘 - 佐々木麻緒

林田加奈子(製薬会社のMR) - 木村多江
五十嵐修三 - 大林丈史

平泉涼子(製薬会社のワルシャワ駐在員) - 奥貫薫
河野正徳(弁護士・国平の上司) - 福島勝美

野田華子 (柳原の見合い相手)- 三浦理恵子
大阪地裁裁判長 - 小林勝也

大阪高裁裁判長 - 戸沢佑介(前半)、湯浅実(後半)

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

白い巨塔の主題歌、挿入曲

ヘイリー・ウェステンラ「アメイジング・グレイス

リヒャルト・ワーグナー「タンホイザー序曲

↑トップに戻る

白い巨塔の無料動画一覧

▽「白い巨塔」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行