TVドラマ「砂の器」の動画を無料で視聴しよう♪

砂の器の無料視聴動画一覧

砂の器:関連DVD・その他のアイテム

砂の器

砂の器の動画を無料視聴する前に

砂の器」(すなのうつわ)は、松本清張の長編小説。1960年5月17日から1961年4月20日にかけて「読売新聞」夕刊に掲載。同年光文社(カッパ・ノベルス)刊。

砂の器の概要

駅の操車場で起きた殺人事件を、東北訛りと「カメダ」という言葉を手がかりに追った社会派推理小説。特に傑作として高く評価されている。

 

社会的背景として当時のハンセン病に対する根強い差別を痛烈なまでに批判し、大きな話題を呼んだ。また、ミステリーとしては方言周圏論が事件の重要な鍵を握っており、地理学的・言語学的観点からも興味深い作品である。現在では時代変化によって、映像化されたように人間性による感情を押し出した方が作品として優れているとする評価もある。

 

砂の器のあらすじ

ある夜、蒲田駅の操車場で、一人の男の他殺死体が発見された。被害者の身元は不明で、唯一の手がかりは被害者の東北訛りと、「カメダ」という言葉のみ。警視庁の捜査は難航を極め、一度は継続捜査となるが、警視庁捜査第一課の今西刑事と蒲田署の吉村刑事は持ち前の粘り強さで、遠回りをしながらも真実に近づいていく。

 

一方、そのころ「ヌーボー・グループ」とよばれる、若い世代で新しい芸術論を唱えるグループがいた。今西はその中の一人、評論家関川重雄の愛人・恵美子に接触。やがて本浦秀夫という一人の男にたどり着く。

 

本浦秀夫は、石川県の寒村に生まれた。父・千代吉がハンセン氏病に罹患したため母が去り、やがて村を追われ、やむなく父と巡礼姿で放浪の旅を続けていた。秀夫が7歳のときに父子は、島根県の亀嵩に到達し、駐在の善良な巡査・三木謙一に保護された。三木は千代吉を療養所に入れ、秀夫はとりあえず手元に置き、のちに他所と養子縁組させる心づもりであった。しかし、秀夫はすぐに三木の元を逃げ出し姿を消した。

 

大阪まで逃れた秀夫は、おそらく誰かのもとで育てられた、あるいは奉公していたものと思われる。その後、大阪市浪速区付近が空襲に遭い、住民の戸籍が原本・副本ともに焼失した。当時18歳の秀夫は戸籍の焼失に乗じて、和賀英蔵・キミ子夫妻という架空の人物を作り上げ、その夫婦の長男・和賀英良として年齢も詐称し、新たな戸籍を作成した。

 

約10年後、和賀英良は、東京で新進気鋭の天才作曲家として世間の注目を集めていた。和賀は自らの出自と、経歴の詐称が発覚する事を恐れ、自分の元を尋ねてきた三木を蒲田で殺してしまう。今西は、三木殺害の真犯人として和賀を追い詰めていくなかで、和賀の過去とハンセン病に対する差別の現実を垣間見てゆく。

 

砂の器の登場人物

今西栄太郎
警視庁捜査一課の巡査部長(映画では警部補)。特別なひらめきがあるわけではないが、粘り強い捜査が身上。旅先で俳句を詠むことが趣味。

吉村弘
西蒲田警察署刑事課巡査。今西を尊敬する若い刑事で、東北行きでは今西に同行。映画では持ち前の体力で犯人の遺留品を発見した。

関川重雄
「ヌーボー・グループ」の一人で、評論家。愛人に水商売をしている恵美子がいる(映画では登場せず)。

和賀英良
「ヌーボー・グループ」の一人で、音楽家。婚約者は元大臣の娘。

三木謙一
自営業で元島根県警の亀嵩駐在所巡査部長(映画では巡査)。蒲田駅操車場で撲殺された。

 

「砂の器」2004年版

TBS系列で、2004年1月18日から2004年3月28日まで「日曜劇場」枠で放送されたテレビドラマ(全11回)。ただし、初回と最終回はそれぞれ15分拡大で21:00〜22:09、第10話は5分拡大で21:00〜21:59。平均視聴率19.6%、最高視聴率26.3%を記録した。

 

砂の器のキャスト

和賀英良:中居正広
成瀬あさみ:松雪泰子(原作には登場しないオリジナルキャラクター)

関川雄介:武田真治
吉村雅哉:永井大

田所綾香:京野ことみ
本浦房:かとうかずこ

本浦秀夫(英良の子供時代):斎藤隆成
唐木イサム:松岡俊介

宮田誠:岡田義徳
扇原玲子:佐藤仁美

桐野カヲル:佐藤めぐみ
三木博:佐藤二朗

今西純子:森口瑤子
クラブのママ:根本りつ子

佐々木健次:石丸謙二郎
野口信吾:芹澤名人

黒木肇:辻萬長
大崎医師:江藤漢済

桐原小十郎:織本順吉
麻生譲:市村正親

三木謙一:赤井英和
田所重喜:夏八木勲

本浦千代吉:原田芳雄(特別出演)
今西修一郎:渡辺謙

「砂の器」2004年版の特徴

スタッフロールで「潤色:橋本忍・山田洋次」と表示されるなど、映画版での「潤色」と同様の設定がされ、ピアノ協奏曲「宿命」(演奏会では和賀自らがピアノを演奏する)が印象的に用いられた。「宿命」の作曲は千住明で、ピアノ演奏は羽田健太郎。

 

原作権を持つ松本家からハンセン氏病を他のエピソードに変えることが原作使用の条件であったことから、親子の放浪の理由が和賀英良(本浦秀夫)の父・本浦千代吉が、集落の中で唯一ダム工事の住民投票に賛成票を投じたといういわれなき理由で村八分にされた結果、妻が誰にも助けてもらえないまま病死するに至ったことに憤怒し、村中の家に放火、30人を殺害したため、という設定にされている。村中に放火するという設定自体は、松本清張が津山事件について「闇に駆ける猟銃」というドキュメントを記しており、それから引用されたものである。

 

この変更については、時代の変化という理由もさることながら、川辺川ダムをめぐる一連の騒動や、放送前年の2003年11月に黒川温泉(熊本県)のアイレディース宮殿黒川温泉ホテルで起きたハンセン病元患者宿泊拒否事件問題も大きく影響している。

 

また、舞台を2004年としており、時代の整合性の問題から、和賀の戸籍偽造について、秀夫が長崎で孤児院にいた際、小学校の同級生で1982年の長崎大水害で一家全員が亡くなった和賀英良の自宅近くにいるところを偶然救助隊に発見され、その機会に乗じて和賀英良の名を名乗ったと変更されている。

 

砂の器の映画

砂の器
The Castle of Sand

監督 野村芳太郎
公開 1974年10月19日

上映時間 143分
1974年製作 松竹株式会社・橋本プロダクション 第一回提携作品

キャスト

和賀英良:加藤剛
高木理恵子:島田陽子

本浦千代吉:加藤嘉
本浦秀夫(少年期):春田和秀

三木謙一:緒形拳
三木彰吉:松山省二

田所佐知子:山口果林
三木の元同僚・安本:花沢徳衛

警視庁捜査一課長:内藤武敏
黒崎警視庁捜査一課捜査三係長:稲葉義男

捜査本部刑事:丹古母鬼馬二
三森署署長:松本克平 

亀田署員:山谷初男
村の巡査:浜村純

毎朝新聞記者・松崎:穂積隆信
国立国語研究所員・桑原:信欣三

理恵子の勤めるクラブ「ボヌール」の同僚・明子:夏純子
理恵子の勤めるクラブ「ボヌール」のママ:村松英子 *ノンクレジット

理恵子の住むアパート「若葉荘」住人:野村昭子
伊勢の旅館「扇屋」主人:瀬良明

伊勢の旅館「扇屋」女中:春川ますみ
伊勢の映画館「ひかり座」事務員:田辺和佳子

千代吉を知る縁者:菅井きん
桐原小十郎:笠智衆

通天閣前の商店街の飲食店組合長:殿山泰司
吉村弘刑事:森田健作

伊勢の映画館「ひかり座」支配人:渥美清 (友情出演)
田所重喜:佐分利信(特別出演)

今西栄太郎警部補:丹波哲郎

映画版の特徴

映画版では、和賀英良が前衛作曲家(ミュージック・コンクレートや電子音楽を手がける音楽家)ではなく天才ピアニスト兼、ロマン派の作風を持つ作曲家に設定変更された。劇中での和賀は、過去に背負った暗くあまりに悲しい運命を音楽で乗り越えるべく、ピアノ協奏曲「宿命」を作曲・初演する。物語のクライマックスとなる、捜査会議(事件の犯人を和賀と断定し、逮捕状を請求する)のシーン、和賀の指揮によるコンサート会場での演奏シーン、和賀の脳裏をよぎる過去の回想シーンにほぼ全曲が使われ、劇的高揚とカタルシスをもたらしている。原作者の松本清張も「小説では絶対に表現できない」とこの構成を高く評価した。また原作と違い、和賀英良の戸籍偽造までの経緯が違う(原作では架空の人物となっていた和賀夫妻が実在していてその夫妻の店で奉公していた等)。

 

「宿命」は音楽監督の芥川也寸志の協力を得ながら、菅野光亮によって作曲された。

 

この映画においてハンセン氏病の元患者である本浦千代吉と息子の秀夫(和賀英良)が放浪するシーンや、ハンセン氏病の父親の存在を隠蔽するために殺人を犯すという場面について、全国ハンセン氏病患者協議会(現在の「ハンセン病療養所入所者協議会」)は、ハンセン氏病差別を助長する他、映画の上映によって“ハンセン氏病患者は現在でも放浪生活を送らざるをえない惨めな存在”と世間に誤解されるとの懸念から、映画の計画段階で製作中止を要請した。しかし最終的には製作者側との話し合いによって「ハンセン氏病は、医学の進歩により特効薬もあり、現在では完全に回復し、社会復帰が続いている。それを拒むものは、まだ根強く残っている非科学的な偏見と差別のみであり、本浦千代吉のような患者はもうどこにもいない」という字幕を映画のラストに流すことを条件に、上映が決まった。

 

砂の器のテレビドラマ

これまで各局で4回ドラマ化されている。

 

1962年版

TBS系列で、1962年2月23日と3月2日に「近鉄金曜劇場」枠で放送されたテレビドラマ(全2回)。

 

キャスト
今西栄太郎:高松英郎

和賀英良:夏目俊二

1977年版

フジテレビ系列で、1977年10月1日〜11月5日に「ゴールデンドラマシリーズ」枠で放送されたテレビドラマ(全6回)。1985年2月22日に「金曜女のドラマスペシャル」枠で再編集されて放送された。また、1992年に松本清張が逝去した時にも 追悼番組として放映された。

 

キャスト
今西栄太郎:仲代達矢

今西の義妹:真野響子
田所佐知子:小川知子

成瀬リエ:神崎愛
関川重雄:中尾彬

吉村正:山本亘
宮田邦郎:小川真司

三浦恵美子:奈美悦子
三木謙一:本郷淳

成瀬しず江:月丘千秋
:水沢アキ

巡査:山谷初男
捜査課長:鈴木瑞穂

:坂本長利
:入川保則

劇団の事務員:宮崎恭子
田所重喜:小沢栄太郎

和賀英良:田村正和

1991年版

テレビ朝日系列で、1991年10月1日に「松本清張作家活動40年記念各局競作シリーズ」として製作(各局2作品の清張作品を創った)、放送されたテレビドラマ(全1回)。火曜スーパーワイド特別企画

 

キャスト
今西栄太郎:田中邦衛

田所佐知子:国生さゆり
吉村正:伊原剛志

成瀬リエ子:岡まゆみ
三木謙一:下條アトム

本浦千代吉:高橋長英
関川重雄:船越栄一郎

宮田邦郎:北詰友樹
三浦恵美子:矢代朝子

田所重喜:渥美國泰
クラブのママ:赤座美代子

桐原小十郎:奥村公延
捜査一課長:中尾彬

今西の妻:大空眞弓
和賀英良:佐藤浩市

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

砂の器の主題歌・挿入歌など

ドリームズ・カム・トゥルー「やさしいキスをして

ピアノ協奏曲「宿命

↑トップに戻る

砂の器の無料動画一覧

▽「砂の器」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行