TVドラマ「臨場 第2シリーズ」の動画を無料で視聴しよう♪

臨場 第2シリーズの無料視聴動画一覧

臨場:関連DVD・関連アイテム

臨場

臨場 第2シリーズの動画を無料視聴する前に

臨場」(りんじょう)は、横山秀夫による日本の警察小説、及びそれを原作とした日本のテレビドラマシリーズ。

臨場 第2シリーズのあらすじ

臨場第1シリーズのあらすじ >>

原作との主な相違点

倉石たちの所属がL県警本部から警視庁に変更されている。
原作の倉石は52歳で若い頃に離婚しているが、ドラマでは倉石は45歳(第1シリーズ時点)で、妻・雪絵とは死別した設定に変更されている。また原作の倉石にはガーデニングや家庭菜園の趣味はない。

原作では「赤い名刺」「鉢植えの女」に登場の一ノ瀬が、ドラマでは倉石の部下としてレギュラー出演。また、原作では41歳・既婚の一ノ瀬は、ドラマでは32歳(第1シリーズ時点)・独身という設定に変更されている。
原作では「黒星」のみに登場する交通企画課の婦警・小坂が、ドラマでは倉石の部下で鑑識課検視補助官という設定でレギュラー出演し、年齢も31歳から38歳(第1シリーズ時点)に変更されている。そのため第8話では、原作での町井春枝と国広久乃が警視庁を退職したのが10年前という設定から15年前に切り替えている。

原作で「餞」のみ出演の小松崎がドラマではレギュラー出演している。
原作で「眼前の密室」に登場の花園愛が警視庁詰め記者としてレギュラー出演している。

高嶋はドラマに登場せず、立原がドラマではレギュラー出演し、高嶋のキャラクター設定も併せ持つ。

臨場 第2シリーズの主要登場人物

倉石 義男(くらいし よしお)
L県警本部捜査一課検視官。52歳。階級は警視。「終身検視官」の異名を取る。鋭角なヤクザ顔で槍のように細い体躯が特徴的。

巡査を拝命して以来鑑識畑一筋。死体の目利きの鋭さは、歴代の検視官の中でも突出しており、僅かな痕跡や証拠の矛盾を指摘する。上の命令をも平気ではねのけ、組織に囚われない一匹狼で、上層部からは疎まれているが若い層からは慕われており、倉石を「先生」「校長」と呼ぶ署員も多数いる。3代前の刑事部長に「余人を以て代えがたし」と評される。L県警の内規では同じポストに5年以上いられないことになっているが、倉石に惚れ込んだL医大法医学教室の教授が、検視職から異動させないように裏で手を回しているため既に5年以上検視官として活躍している。大酒飲みで、毎晩のように飲み歩いている。若い頃に離婚して以来独身を通している。
一ノ瀬 和之(いちのせ かずゆき)

「赤い名刺」「鉢植えの女」登場。
L県警本部捜査一課検視官心得(見習い)。41歳。階級は警部。既婚者。倉石からは“イチ”と呼ばれる。「鉢植えの女」の後、警察庁へ出向するが、「黒星」では、場末の飲み屋が懐かしいと遊びに戻ってきていた。

高嶋(たかしま)
「眼前の密室」「鉢植えの女」「餞」「十七年蝉」登場。

プライドの高い捜査一課長。組織の中枢を真っ直ぐ歩いてきた刑事部のサラブレッド。検視官の経験者でもあり、検視官時代はミスター・パーフェクトと呼ばれた。倉石を忌み嫌っていたが、「鉢植えの女」以後は倉石の実力を認める。
福園 盛人(ふくぞの もりと)

「赤い名刺」「十七年蝉」登場。
L県警剣崎中央署刑事課捜査係長。階級は警部補。刑事としての腕は良いと評判。倉石を校長と呼ぶ。丸々とした体格のため、倉石からは“フク”“福饅頭”と呼ばれる。

臨場 第2シリーズのキャスト

警視庁

倉石義男:内野聖陽
45歳→46歳。刑事部鑑識課検視官(警視)。18年前の通り魔事件により妻の雪絵を亡くしている。雪絵の死後は彼女の趣味を受け継ぎ、自宅やデスクで多くの植物や花を育てている。また家庭菜園で採れた朝摘みの野菜を現場に持ち込んだり、文や「かくれんぼ」に差し入れしている。

小坂留美:松下由樹
38歳→39歳。刑事部鑑識課検視補助官(巡査部長)。検視官専用車の運転手も務めている。倉石のような検視官を目指している。そのためには体力をつけることが必要と思い込み、ダンベルで身体を鍛えている。第2シリーズでは検視官心得(警部補)になっている。

一ノ瀬和之:渡辺大
32歳→33歳。刑事部鑑識課検視官心得(警部補)。立原に将来を見込まれて鑑識課に配属される前は、警視庁東上野署刑事課強行犯捜査係に所属していた(階級は巡査部長。第1シリーズ第2話で登場する名刺から判明している)。第2シリーズでは捜査一課に異動。

矢野間文:松金よね子(第1シリーズ)
58歳。厚生部クリーニング店員。マッサージが上手。

坂東治久:隆大介
52歳→53歳。刑事部捜査一課刑事。立原の部下。

江川康平:辻谷嘉真
31歳→32歳。刑事部捜査一課刑事。立原の部下。

小松崎周一:伊武雅刀(- 第1シリーズ第9話)
60歳。刑事部長。幼少時に小松崎家の養子になる。食事時には毎日のように本庁の食堂で食べているカレーライスが大好物。それは幼い頃に生き別れた実母との思い出につながるものであった。第1シリーズ第9話で定年を迎え退官。

五代恵一:益岡徹(第2シリーズ -)
50歳。刑事部長。

立原真澄:高嶋政伸
45歳→46歳。刑事部捜査一課管理官(警視)。倉石と同期。18年前、雪絵が殺された通り魔事件の捜査で陣頭指揮を執っていたが、小松崎から昇任の推薦を受け、試験を優先させるために途中で捜査から外れた。倉石に犯人の逮捕を誓いながらも、その後に事件が時効を迎え、事件を解決することができなかったことから、倉石に対し負い目を感じている。

新日新聞記者クラブ

花園愛:金子さやか(第1シリーズ)
26歳。「新日新聞」社会部の契約社員。警視庁詰め記者。最終話で本社への異動が決まった。

赤塚渉:橋爪淳(- 第1シリーズ第4話)
47歳。「新日新聞」社会部デスク。警視庁詰めキャップ。第1シリーズ第4話に起きた事件で逮捕された。

その他

西田守:小林勝也
60歳→61歳。法医学教室教授。

早坂真里子:伊藤裕子
38歳→39歳。倉石の義妹(雪絵の妹)。バー「かくれんぼ」のママ。

倉石雪絵:京野ことみ
倉石の亡妻。ガーデニングが趣味。18年前に起きた通り魔事件で殺された。

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

臨場 第2シリーズの主題歌・挿入歌など

平原綾香 「威風堂々

↑トップに戻る

臨場 第2シリーズの無料動画一覧

▽「臨場 第2シリーズ」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行