TVドラマ「サザエさん スペシャル1+2」の動画を無料で視聴しよう♪

サザエさん スペシャル2の無料視聴動画一覧

サザエさん スペシャルの無料視聴動画一覧

サザエさん:関連DVD・関連アイテム

サザエさん スペシャルの動画を無料視聴する前に

サザエさん スペシャルのストーリー

2009年11月15日にフジテレビ系列で放映されたドラマ

 

サザエさん スペシャルのキャスト

サザエ:観月ありさ
マスオ:筒井道隆

波平:片岡鶴太郎
フネ:竹下景子

カツオ:荒井健太郎
ワカメ:鍋本凪々美

タラオ:庄司龍成
ノリスケ:田中裕二(爆笑問題)

タイコ:白石美帆
サブロウ(三河屋):勝俣州和

電気店店員:オードリー(若林正恭・春日俊彰)
自動車教習所 所長:永井一郎(特別出演)

波平の勤務先の女性社員:加藤みどり(特別出演)

 

主な登場人物
出典は基本的に現行の朝日新聞社版を参考にする。詳細についてはサザエさんの登場人物を参照。

 

フグ田サザエ
福岡県生まれの磯野家の長女。この漫画の主人公。特徴的な髪型は当時の流行にあわせている。単行本1巻で東京に引っ越し、単行本2巻でフグ田マスオと結婚しタラオをもうける。

性格は快活でそそっかしく、よくカツオと取っ組み合いの喧嘩をしている。

 

磯野カツオ 
磯野家の長男で小学生。アニメ版では一貫してかもめ第三小学校5年3組となっている(ワカメも同様)。髪型は基本的に丸刈り。連載開始当初は、ワカメの面倒をよく見ているちょっと抜けているお兄さん、といった雰囲気を持っていた。連載後半になるにつれ、現在のアニメ版のようなズル賢く機転の利く腕白坊主となり、口も達者となり登場回数も格段に多くなる。漫画界における「世渡り上手」の代表的キャラクター。

原作においては、学校での生活や友達関係が描かれる事はほとんどない。

 

磯野ワカメ 
磯野家の次女。原作漫画では最終的に小学1年生で7歳の設定だがアニメでは小学3年生。原作とアニメ版において最も性格が異なる。性格は天真爛漫で、非常に活溌である。アニメ版では「優等生」になっていて存在感も薄いが、原作では立場が逆であった。連載中盤まででは、サザエに次いで登場回数の最も多いキャラクターであり、話の「オチ」を担うこともかなり多い。

 

磯野波平 
磯野家の大黒柱で、3姉弟の父。年齢は54歳。職業はサラリーマン(事務職)で、会社は銀座の晴海通り沿いにある。

初期の役職は「局長」であったがいつの間にか降格しており、後期には平社員となっていた。アニメでは家族の家長として威厳があるが、原作においては威厳がなく、家族を叱るシーンもあまり多くなく、登場回数も必ずしも多くない。しかし登場した時は、話の「オチ」を担当している。性格はかなり抜けていて、お茶目なところがある。そのため、子供に威厳を示そうとするも、その情けないキャラゆえにカツオに逆に手玉にとられることも多い。

 

磯野フネ 
波平の妻。アニメではほとんど怒らないが、原作では性格は厳しく、激しい気性の持ち主である。家族を叱る回数も波平より多い。

また、波平の陰口を言ったり、喧嘩中は波平にちょっとした嫌がらせをするなどアニメではあまり見られない陰湿な一面もある。

 

フグ田マスオ
2巻でサザエと結婚したサラリーマン。結婚当初はサザエとタラオとのフグ田家3人で磯野家の近所にある借家に住んでいたこともあり、2巻において大家と喧嘩し追い出されたため磯野家と同居。現在に至る。アニメではかなり気の弱い夫となっているが、原作では磯野家に対して主張する時もある。

基本的にはいい兄貴分であるのでカツオとワカメに慕われている。
勤めている会社は当初は郊外だったが、後に有楽町に移る。当初は平社員だったが、後に係長に昇進。その時の年齢は32歳。二浪した後に大学を卒業。実家は大阪で、時々出てくる母親は大阪弁を話す。

 

フグ田タラオ
サザエとマスオの長男。2巻から登場。赤ん坊コンクールで2等賞を貰ったことがある。アニメでは大人しく物分りの良い「いい子」だが、原作では若干乱暴者である。サザエさんに背負われるなどして登場回数こそ少なくないが、セリフがほとんど無い。カツオ、ワカメはごく初期において、タラちゃんの前では自分たちのことをそれぞれ「おじちゃん」、「おばちゃん」と称していた。

 

波野ノリスケ
波平の妹の三男(波平の甥、サザエの従兄弟)。体型はやや太り気味。新聞社に勤務し、8巻から12巻の間押しかけ同然に磯野家に居候する。波平や新入社員に借金を頼みこんだこともあるなど図々しい性格でちゃっかり屋であるが、その人柄の良さからか、磯野家の面々から嫌われてはいないようである。12巻で入江(旧姓)タイ子とお見合い結婚。結婚後は「東アパート」という所に住む。恐妻家である。14巻で子供をもうける。この子はアニメではイクラとなっているが、原作においては劇中で名前は出てこない。アニメでは伊佐坂先生の担当記者でもあるため、平日の昼間でもよく隣の磯野家に現れる。

 

波野タイ子
ノリスケの妻。旧姓は入江。結婚当初は身のこなしが上品であった。しかし登場回数が少ないからか、結婚後は時に太っていたりと、容姿に変遷が見られる。アニメ版のような家族ぐるみの付き合いは描かれていない。

連載当時は動物を飼育している家庭も多く、本作にもニワトリや牛、ヤギなどが多く登場する。特にニワトリは非常に多く登場し、波平が飼っていたニワトリを絞めてご馳走の鳥鍋にするシーンや、イタズラをしたカツオやワカメがお仕置きとしてニワトリ小屋に閉じ込められるシーンもある。ネコやイヌも多く登場し、磯野家は「ミー公」という名のネコを一時期飼っている。なおアニメに登場する磯野家の飼い猫・タマは原作ではレギュラーではない。犬の名前は「ジョン」が多い(他、「エルザ」「太郎」という名前の犬も登場)。カツオがカナリヤ・伝書鳩・亀・ハムスターを、ワカメが金魚を、サザエが「マイク」というリスを飼っていたこともあった。なお、カツオは飼っているペットを挙げて「扶養家族手当」として小遣い値上げを訴えた事がある。

 

また、長谷川の他作品からは「似たもの一家」の主人公の一家も登場する。伊佐坂家はアニメでは磯野家の隣家だが、原作では10巻にわずかに登場するに過ぎない。 本作にはキャラクターとして特定の名前が与えられていないが、非常に多く登場する人々がいる。たとえば相撲が好きだった作者は、相撲をネタにした話をしばしば用いている。

 

いわゆる浮浪者のように、社会的に恵まれない人や「俺ぁ、刑務所から出てきたばっかりなんだ」という決まり文句で磯野家の門を叩く押し売りや、穴のあいた服にヒゲ面の泥棒や強盗など、どこか憎めない犯罪者も非常に多く登場する。なお、泥棒が多く登場するのは、作者の自宅に何度も泥棒(主に空き巣)が押し入ったためであると言われている。

 

実在の人物が登場することもしばしばあった。例えば、その当時の総理大臣はほとんど登場している。作者の長谷川自身も度々登場している。

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

↑トップに戻る

サザエさん スペシャル2の無料動画

Pandora<1/1>

▽「サザエさん スペシャル2」視聴画面▽

↑トップに戻る

サザエさん スペシャルの無料動画

Pandora<1/1> MEGA<1/1>

▽「サザエさん スペシャル」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行