TVドラマ「劇的紀行 深夜特急」の動画を無料で視聴しよう♪

劇的紀行 深夜特急の無料視聴動画一覧

劇的紀行 深夜特急:関連DVD・関連アイテム

劇的紀行 深夜特急の動画を無料視聴する前に

劇的紀行 深夜特急』(しんやとっきゅう)は、作家・沢木耕太郎による紀行小説である。

 

産経新聞に途中まで連載された後、1986年5月に1巻・2巻(第1便・第2便と称す)が、1992年10月に最終巻(第3便)が新潮社から刊行された。
また、新潮文庫からは6冊に分冊化されるかたちで単行本として出版されている。

 

劇的紀行 深夜特急の概要

インドのデリーからイギリスのロンドンまで、バスだけを使って旅行する主人公『私』(沢木)の物語であり、筆者自身の旅行体験に基づいている。インドまでの航空券のストップオーバーとして滞在した香港(マカオ)、バンコク(タイ、マレーシア、シンガポール)に始まり、インドのカルカッタからロンドンまでを、バックパッカーとして、陸路で旅行していく。

 

刊行後は、バックパッカーの間でいわばバイブル的に扱われるようになり[要出典]、1970年代前半当時の交通事情、宿泊事情などを知ることもできる。

 

2008年11月、作者の“一人でも多くの人にバックパッカーとなって欲しい”との願いによるエッセイ、『旅する力 ― 深夜特急ノート』が“最終便”として刊行された。
1996年 - 1998年には、『劇的紀行 深夜特急』として、名古屋テレビ制作・テレビ朝日系列でテレビドラマ化。

 

これは、名古屋テレビ開局35周年記念番組として企画されたもので、ドキュメンタリーとドラマを複合させるという試みで、1996年から1998年にかけて一年ごとにドラマ制作と放映が行われたもので全3部作で構成される。
主演は大沢たかお。主題歌は井上陽水の「積み荷のない船」。

 

劇的紀行 深夜特急のあらすじ

劇的紀行 深夜特急'96〜熱風アジア編〜

沢木耕太郎はカルカッタにいた。インドのデリーからイギリスのロンドンまで、乗合バスだけでいけるか友人と賭けをした沢木は、旅行代理店で香港に格安航空券が集まることを知り、まず香港へと飛び立つ。初めての海外に胸を躍らせ、香港の熱気に魅せられるが、長居しすぎたことに気づき、急いで香港からタイ王国・バンコクへ。列車でマレー半島を南下してマレーシア、シンガポール、そして未知なるインドへ。

劇的紀行 深夜特急'97〜西へ!ユーラシア編?

ネパール・カトマンズを発った沢木は、神秘のインドへ戻り、ガンジス川に身をゆだねる。さらに西走し、最初の目的地デリーに着いた沢木。そこで日本人の中年男性と知り合い、共に旅を続けた。アフガニスタンの厳しさを目にし、乗合バスでパキスタンから砂漠を越えてイランへ。アルゲバム遺跡を目にした中年男性は突然帰国すると言い出す。彼から一冊の本を手渡された沢木は、挟んであった200ドルに気づく。様々な出会いを胸に刻み、アジアの果て、トルコを目指す。

劇的紀行 深夜特急'98〜飛光よ!ヨーロッパ編〜

トルコに入った沢木は、ボスポラス海峡をわたってアジアからヨーロッパに移る。ギリシャからアドリア海を渡り、イタリア、モナコ、フランス、スペインを地中海沿いに走る。ジブラルタルでアフリカ大陸を眺めると、旅の最終地ポルトガルのサン・ビセンテ岬を目指す。そしてゴールであるロンドンへ…… しかし郵便局で待ち受けていたのは…壮大な結末

 

劇的紀行 深夜特急のキャスト

大沢たかお
松嶋菜々子(声の出演)
キャシー・チャウ(周海媚)
そめやゆきこ
三田村周三
渡辺哲

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

劇的紀行 深夜特急の主題歌・挿入歌など

井上陽水「積荷のない船」

↑トップに戻る

劇的紀行 深夜特急の無料動画一覧

▽「劇的紀行 深夜特急」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行