TVドラマ「蒼穹の昴」の動画を無料で視聴しよう♪

蒼穹の昴の無料視聴動画一覧

蒼穹の昴:関連DVD・関連アイテム

蒼穹の昴の動画を無料視聴する前に

蒼穹の昴』(そうきゅうのすばる)は、浅田次郎著の長編小説、及びこれを基にしたテレビドラマ。1996年(平成8年)講談社刊。

蒼穹の昴の概要

清代の中国を舞台とした歴史小説。第115回(1996年(平成8年)7月)直木賞候補作。浅田自身「私はこの作品を書くために作家になった」と、帯でコメントした。なお浅田は続編となる『珍妃の井戸』、『中原の虹』(ちゅうげんのにじ)、『マンチュリアン・リポート』を書いている(いずれも講談社刊)。

 

10年以上経た後に日中共同制作でテレビドラマ化された(全25回)。2009年(平成21年)4月に脚本楊海薇・監督汪俊のもと撮影が開始され[1]、翌年1月2日から7月10日までNHKデジタル衛星ハイビジョンで字幕版が放送された[2]ほか、9月26日からは日曜夜にNHK総合テレビジョンでも2か国語放送される予定。DVDソフトは既に中国版が販売されているが、日本版は時期未定で、早くても総合テレビでの放送終了を待ってからとなる。

蒼穹の昴のあらすじ

舞台は光緒12年(1887年(明治20年))から光緒24年(1899年(明治32年))までの清朝末期。貧家の子、李春雲(春児)は糞拾いによって生計を立てていたが、貧しい家族のために自ら浄身し、宦官となって西太后の元に出仕する。一方、春児の兄の義兄弟で同郷の梁文秀(史了)は、光緒十二年の科挙を首席(状元)で合格し、翰林院で九品官人法の官僚制度を上り始める。

 

清朝内部では、西太后を戴く后党と、西太后を除いて皇帝の親政を実現しようとする帝党とに分かれて激しく対立していた。春児は西太后の寵を得てその側近として仕え、文秀は皇帝を支える変法派若手官僚の中心となる。

 

敵味方に分かれてしまった2人は、滅びゆく清朝の中で懸命に生きていく。

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

蒼穹の昴の主題歌・挿入歌など

浜崎あゆみ 「BALLAD

↑トップに戻る

蒼穹の昴の無料動画一覧

▽「蒼穹の昴」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行