TVドラマ「砂の器 2011年版」の動画を無料で視聴しよう♪

砂の器 2011年版の無料視聴動画一覧

砂の器 2011年版:関連DVD・関連アイテム

砂の器 2011年版の動画を無料視聴する前に

砂の器 2011年版

 

砂の器 2011年版の概要

テレビ朝日系列で、2011年3月12日・3月13日に2夜連続で放送予定[1]。テレビ朝日では2回目のドラマ化となる。今回は刑事・吉村の視点で物語が描かれていく構想となっている。脚本を手がける竹山洋はテレ朝版1回目(1991年版)ドラマでも脚本を書いている。

 

砂の器 2011年版のあらすじ

ある夜、蒲田操車場で、一人の男の他殺死体が発見された。被害者の身元は不明で、唯一の手がかりは被害者の東北訛りと、「カメダ」という言葉のみ。しかも、ようやく分かった身元は東北とは全く縁のない岡山県作東町江見(現在の美作市)の三木謙一であった。警視庁の捜査は難航を極め、一度は継続捜査となるが、警視庁捜査第一課の今西刑事と蒲田署の吉村刑事は持ち前の粘り強さで、遠回りをしながらも東北訛りと思われていた言葉が奥出雲の訛りであること、この地方に「亀嵩」という地名が存在することを突き止める。

 

一方、そのころ「ヌーボー・グループ」とよばれる、若い世代で新しい芸術論を唱えるグループがいた。今西はその中の一人、評論家関川重雄の愛人・恵美子に接触。やがて本浦秀夫という一人の男にたどり着く。

 

本浦秀夫は、石川県の寒村に生まれた。父・千代吉がハンセン氏病に罹患したため母が去り、やがて村を追われ、やむなく父と巡礼姿で放浪の旅を続けていた。秀夫が7歳のときに父子は、島根県の亀嵩に到達し、駐在の善良な巡査・三木謙一に保護された。三木は千代吉を療養所に入れ、秀夫はとりあえず手元に置き、のちに篤志家の元へ養子縁組させる心づもりであった。しかし、秀夫はすぐに三木の元を逃げ出し姿を消した。

 

大阪まで逃れた秀夫は、おそらく誰かのもとで育てられた、あるいは奉公していたものと思われる。その後、大阪市浪速区付近が空襲に遭い、住民の戸籍が原本・副本ともに焼失した。当時18歳の秀夫は戸籍の焼失に乗じて、和賀英蔵・キミ子夫妻の長男・和賀英良として年齢も詐称し、新たな戸籍を作成した。

 

約10年後、和賀英良は、東京で新進気鋭の天才作曲家として世間の注目を集めていた。和賀は自らの出自と、経歴の詐称が発覚する事を恐れ、自分の元を尋ねてきた三木を蒲田で殺してしまう。今西は、三木殺害の真犯人として和賀を追い詰めていくなかで、和賀の過去とハンセン病に対する差別の現実を垣間見てゆく。

 

 

砂の器 2011年版のキャスト

吉村弘:玉木宏
山下洋子:中谷美紀(原作には登場しないオリジナルキャラクター)
和賀英良:佐々木蔵之介
今西栄太郎:小林薫
田所佐和子:加藤あい
辰井捜査一課長:榎木孝明
黒崎捜査一係長:大杉漣
田島警部:西村雅彦
田所重喜:小林稔侍
三木謙一:橋爪功
本浦千代吉:山本學
三木彰吉:原田龍二
関川重雄:長谷川博己
:山田明郷
:平泉成
:江波杏子

:森本レオ
:紺野まひる
:今井雅之
:合田雅吏
:デビット伊東
:烏丸せつこ
:米倉斉加年
:かとうかず子
:六平直政

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

砂の器 2011年版の主題歌・挿入歌など

「砂の器 2011年版」オリジナル・サウンドトラック

↑トップに戻る

砂の器 2011年版の無料動画一覧

▽「砂の器 2011年版」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行