TVドラマ「運命の人」の動画を無料で視聴しよう♪

運命の人の無料視聴動画一覧

運命の人:関連DVD・関連アイテム

運命の人の動画を無料視聴する前に

運命の人』(うんめいのひと)は、山崎豊子による小説。および、それを原作とするテレビドラマ。
『文藝春秋』にて2005年1月号から2009年2月号まで約5年間連載された後、2009年に単行本として全4巻で出版された。2010年12月から2011年2月にかけて、文春文庫版が単行本と同様全4巻で刊行された。取材と執筆に約8年を要した長編作品である。第63回毎日出版文化賞(毎日新聞社主催)特別賞受賞(2009年)。
2012年1月15日より、TBS系列の『日曜劇場』枠で放送予定。初回は21:00?22:24(JST)の30分拡大の90分スペシャル。山崎豊子原作のドラマとしては、同局では『華麗なる一族』以来5年ぶりである。主演の本木雅弘は『今夜ひとりのベッドで』(2005年10月期)以来6年振りのTBS制作ドラマかつ民放の連続ドラマ出演作である。
キャッチコピーは「未来は変えられるのか━ 日本中を揺るがせたあの大事件の裏側には、1人の男と2人の女の秘められた真実があった…」。

運命の人の概要

第3次佐藤内閣当時、米リチャード・ニクソン政権との沖縄返還協定に際し、公式発表では米国が支払うことになっていた地権者に対する土地原状回復費400万ドルを、実際には日本政府が肩代わりして米国に支払うという密約をしているとの情報をつかみ、毎日新聞社政治部の西山が社会党議員に漏洩した。
政府は密約を否定し、逆に東京地方検察庁特別捜査部が起訴状において、西山が情報目当てに既婚の事務官に近づき酒を飲ませた上で性交渉を結んだと述べ、情報源の外務省女性事務官を国家公務員法(機密漏洩の罪)、西山を国家公務員法(教唆の罪)で逮捕した。これにより、報道の自由を盾に取材活動の正当性を主張していた毎日新聞は、かえって世論から一斉に倫理的非難を浴びることになった。
裁判においても、起訴理由は「国家機密の漏洩行為」であるため、審理は当然にその手段である機密資料の入手方法に終始し、密約の真相究明は検察側からは行われなかった。西山が逮捕され、社会的に注目される中、密約自体の追及は完全に色褪せてしまった。また、取材で得た情報をニュースソースを秘匿しないまま国会議員に流して公開し、情報提供者の逮捕を招いたことも、ジャーナリズムの上で問題となった。

運命の人のあらすじ

運命の人のキャスト

主要人物
弓成亮太 - 本木雅弘
弓成由里子 - 松たか子
三木昭子 - 真木よう子
山部一雄 - 大森南朋
毎朝新聞
司修一 - 松重豊
清原了 - 北村有起哉
金田満 - 遠藤雄弥
荒木繁 - 杉本哲太
外務省 安西傑 - 石橋凌
吉田孫六 - 升毅
弓成家・八雲家関連
弓成正助 - 橋爪功
鯉沼玲 - 長谷川博己
三木家
三木琢也 - 原田泰造(ネプチューン)
弁護士
大野木正 - 柳葉敏郎
坂元勲 - 吹越満
政治家
横溝宏 - 市川亀治郎
福出赳雄 - 笹野高史
小平正良 - 柄本明
佐橋慶作 - 北大路欣也
警察
十時正春 - 伊武雅刀
井口捜査二課班長 - 小市慢太郎
森靖之 - 浅野和之

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

運命の人の公式サイト

運命の人

運命の人の主題歌・挿入歌など

「運命の人」オリジナル・サウンドトラック

運命の人:関連DVD・関連アイテム

↑トップに戻る

運命の人の無料動画一覧

▽「運命の人」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行