TVドラマ「Wの悲劇」の動画を無料で視聴しよう♪

Wの悲劇の無料視聴動画一覧

Wの悲劇:関連DVD・関連アイテム

Wの悲劇の動画を無料視聴する前に

テレビドラマ(2010年版)Wの悲劇

TBS系列で2010年1月11日に「TBSスペシャルドラマ 夏樹静子・作家40周年記念サスペンス特別企画」として放送された単発テレビドラマ。岡田惠和脚本により現代風のアレンジがされたオリジナル展開となる。主演の菅野美穂はTBSドラマとしては初主演。視聴率13.3%。

 

Wの悲劇のキャスト

一条春生 - 菅野美穂
間崎鐘平 - 香川照之

和辻淑枝 - 真矢みき
和辻道彦 - 中村橋之助

和辻摩子 - 谷村美月
和辻卓夫 - 成宮寛貴

和辻みね - 池内淳子
和辻与兵衛 - 津川雅彦

和辻繁 - 江守徹
相浦克平 - 武田鉄矢

中里右京 - 小日向文世
平野健治 - 宮藤官九郎

春生の上司 - 温水洋一

Wの悲劇のストーリー

Wの悲劇」(だぶりゅうのひげき)は、1982年に刊行された夏樹静子の推理小説であり、また、それを原作としつつ、内容的にかなり脚色を施して1984年に角川春樹事務所が制作した日本の青春映画である。薬師丸ひろ子主演。カラー・108分。

 

Wの悲劇のストーリー(映画版)

三田静香(薬師丸ひろ子)は劇団「海」の研究生で、女優になるために献身的な努力を重ねる二十歳の女性。そんな真摯な静香を公園で見初めた森口(世良公則)は元劇団員の二十六歳、今は不動産屋の社員をしている。

 

静香は劇団の次回公演「Wの悲劇」の準主役選考オーディションに臨むが、同期のかおり(高木美保)がその役を射止め、静香は物語の冒頭でひとことだけ台詞のある端役(兼プロンプター)を担当することになった。

 

落ち込む静香に森口は俳優時代の心理的な苦悩を語る。静香の友人が演劇を止めて家庭に入ったことも手伝い、二人は「静香がスターになれなかったら」という条件で結婚の約束をする。

 

そんな静香に危険な第二のチャンスが待っていた。

 

「Wの悲劇」公演のため大阪に滞在中、看板女優である羽鳥翔(三田佳子)のホテルの部屋で、羽鳥のパトロンの堂原(仲谷昇)が腹上死してしまったのだ。スキャンダルになる事を恐れた羽鳥は、たまたま部屋の前を通った静香を呼び寄せ、身代わりになることを頼む。その見返りとして、続く東京公演でかおりを降板させ、静香を準主役へ起用させることを約束する。

 

それは同期のかおりを謀略で蹴落とすことでもあり、森口の好意に背を向けることでもあった。それでも舞台への情熱が勝った静香はその申し出を承諾し、羽鳥の代わりにスキャンダルの当事者としてマスコミの矢面に立った。

 

そして静香にとって初めての大舞台となる、東京公演の幕が上がる。羽鳥の後押しもあって、静香はステージの上で全身全霊で役柄を演じきり、観客や団員達の賞賛と祝福をうける。しかし栄光もつかのま、新しいスターを取材しようと集まった報道陣の前に真相を知ったかおりが現れ、ことの全てを暴露してしまった。

 

一夜の名声から再びスキャンダルの汚名をかぶった静香だが、同時に自分の道は舞台にしかないことを確信する。静香は女優として再起することを誓い、森口に別れを告げる。そんな静香の去り際を、森口は拍手で見送るのだった。

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

Wの悲劇(映画版)の主題歌・挿入歌など

薬師丸ひろ子「Woman "Wの悲劇"より

↑トップに戻る

Wの悲劇の無料動画

Pandora<1/1>

▽「Wの悲劇」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行