TVドラマ「嬢王」の動画を無料で視聴しよう♪

嬢王 Virginの無料視聴動画一覧

嬢王3〜Special Edition〜の無料視聴動画一覧

嬢王:関連DVD・関連アイテム

嬢王の動画を無料視聴する前に

嬢王のストーリー

嬢王」(じょうおう)とは倉科遼・作、紅林直・画の漫画作品である。集英社発行の漫画雑誌・ビジネスジャンプに連載されている。単行本は2008年までに12巻。

 

2004年18号から連載されていた第1部が2008年5号をもって終了したものの、2009年11号より第2部にあたる「嬢王 Virgin」の連載がスタートした。

 

2005年10月7日から12月23日にかけて、テレビ東京系でテレビドラマとして(スポパラ枠金曜日)放送された(全12回)。スポパラとしては初の連続ドラマ(「ドラマ24」の第1シリーズ)である。

 

2009年10月2日から、引き続き「ドラマ24」枠で、原幹恵主演で第2シリーズの「嬢王 Virgin」が連続ドラマ化される。

 

嬢王の作品概要

 

第1部

 

箱入り娘の女子大生藤崎彩は父の会社の倒産により1億5000万円の借金を背負ってしまい、追い討ちをかけるように父が倒れ入院してしまう。そんな中、彩の耳にキャバクラ嬢の友人からキャバクラ嬢ナンバーワン「嬢王」に賞金5000万円(原作では1億円)をプレゼントするというイベント(Q-1グランプリ)が開催されることを知り、借金返済のため彩自身キャバクラ嬢の道を歩むことを決意する。

 

本作品は、ナンバーワンのキャバクラ嬢を目指す主人公の生活をリアルに描いた作品である。生まれてから一度も男性と付き合ったことがなく(原作では同じ大学に通う彼氏がいるが、まだ体を許してはおらず処女である)また夜の世界とはまったく無縁だった彩だったが内に秘めた嬢王としての天性の素質を開花させ、また努力もあり1年間という長い戦いの中を勝ち抜いていくのであった。

 

そして彩はQ-1グランプリのファイナリスト3人の中の1人に選ばれ、さらに最終決戦で1対1の対決に挑む。その相手とは・・・?

 

1年間に及ぶ戦いを終えクリスマス・イブの日、ついに結果発表。勝者は彩か?それとも・・・

 

西崎達也直々に「嬢王、お目覚めを・・・」の一言で、Q-1グランプリ優勝者がついに決定した!

 

嬢王 Virgin
第1部で彩が優勝を飾ってから3年後、六本木にも不況の影がちらつくようになりかつてQ-1グランプリの会場となったクラブ「Legend」にも陰りが見えつつあった。そんな不況の風を吹き飛ばすべく「嬢王 GP 2nd」の開催がアナウンスされた。今回の優勝賞金は前回の3倍増の3億円となったが、何と参加資格は「平成生まれ」限定。全国各地から平成生まれのいわゆる「ageha嬢」がLegendに集結したが…。

 

嬢王の登場人物

 

キャスト(キャバクラ嬢)
藤崎彩(ふじさき あや)

主人公(ヒロイン)。小さい町工場を経営していた父が突然倒れ経営の継続が困難になり工場の負債として約1億5000万円もの借金が残ってしまったため、借金返済のためキャバクラ「ピアニシモ」に勤めだしその中で達也に認められQ-1へ参加。途中何度もQ-1から脱落の危機を迎えるも様々な幸運に恵まれぎりぎりで踏みとどまり、最終的に決勝進出3名の中に名前を連ねる(ポイントでは4位だったが、ターニャの辞退・真帆の逮捕により2位での決勝進出)。
途中までは「Q-1が終わったら水商売から足を洗う」つもりだったが達也に好意を抱くようになり「道を誤らせないために、嬢王になってパートナーとなる」ことを決意し、嬢王となった後もキャストを続けることを宣言した。しかし第2部では水商売から足を洗っており、保育園に保母として勤めている。

二階堂亜莉沙(にかいどう ありさ)
元々は新宿・歌舞伎町の店で長きに渡りNo.1を張っていたが、Q-1参加のため「ピアニシモ」→「レジェンド」に移籍。歌舞伎町時代からの太客を多数持ち、「年12回誕生日がある女」の異名をとる。Q-1では上位3人で争われる決勝へトップで進出を果たすが決勝では残り1週間の時点で優勝の目が事実上なくなったため、最後は彩の支援に回った。

荒河静香(あらかわ しずか)
元々は彩の高校・大学の同級生で親友。彩の父親の借金問題を聞き、自らが働いていた「ピアニシモ」に彩を紹介する。彩がQ-1出場のため「レジェンド」に移籍した際もウェイトレス(バニーガール)として一緒に移籍し彩を様々な面から支援するが途中で達也の策略でQ-1本選に社長推薦枠で出場することになり、最終的に決勝に補欠として進出(この時点で真帆の逮捕が事実上確実となっていたため、達也の指示で補欠が選ばれた)。決勝でも一時トップに立ち最後まで彩と優勝を競った。

彩とは親友である一方で、高校時代の彼氏が実は彩のことが好きだったことや自らも達也に好意を抱いていることなどから彩をライバル視しており愛憎相反する感情を持っている。
本名は純(じゅん)だが店で一緒の時間が長いため、彩も店の内外を問わず「静香」と呼ぶようになっている。

橘真帆(たちばな まほ)
Q-1開始時点で36歳と、Q-1参加者の中で最年長。人呼んで「銀座の女郎蜘蛛」。元々は銀座の高級クラブのオーナーママであったが経営者として六本木に進出しようとしたところを真沙奈グループに潰され、結果として5億円の借金を抱え自らの店も手放さざるを得なくなり起死回生の策としてQ-1に参加した。

当初はQ-1で「嬢王」に選ばれた者と組んで銀座にキャバクラを出店しそこの経営者になるつもりであったが途中で自ら嬢王を目指すことに方針を変更し、一度は決勝進出3名の中に名前を連ねる。しかし銀座の新店舗の出店等の関係で暴力団と深い関わりになったことが致命傷で自らも警察に逮捕される身となったため、正式な逮捕状の執行前に「病気療養」の名目でQ-1の決勝進出を辞退した。
相沢ゆうこ(あいざわ ゆうこ)

かつての人気アイドル。元々の所属事務所と契約等で揉め芸能界を干されていたところを真沙奈グループに拾われ、同グループのキャバクラ「プレシャス」でショーを行うようになる(他のキャスト同様に接客もする)。しかし真沙奈グループではゆうこのヘアヌード写真集の出版を計画しており、「プレシャス」のショーへの出演もそのえさに過ぎなかった。さすがにヘアヌードには抵抗していたゆうこだったが一度彩共々強引に拉致され、彩を救うためにヘアヌードの撮影に同意せざるを得なくなる。しかし拉致から脱出した彩からその話を聞いた達也により保護され、ヘアヌードの話も消滅した(達也が移籍金を払って「レジェンド」に移籍した形となっている)。
その後は「レジェンド」でQ-1の本選に社長推薦枠として出場するが、達也の手により「レガシィ」の所属タレントとして再デビューするためQ-1からは撤退した(最終盤で「プレシャス」のショーに出演したりしているが、おそらくゲスト扱いとなっていると思われる)。

ターニャ
元々は札幌・すすきののショーパブの人気ダンサーだったが、真沙奈グループの引き抜きに対抗すべく地方のキャバクラにスカウトに動いていた達也の目に留まり「レジェンド」に移籍。Q-1本選に社長推薦枠で出場することになる。

日本とロシアのハーフ。実はロシアのとある石油王が24年前に北海道で中古車の買い付け業を営んでいた際に函館に住んでいたとある女性との間に作った子供で、戸籍上の本名は「雪乃(ゆきの)」。「ターニャ」はその石油王が名づけたロシア名で、源氏名として用いている。
最終的にQ-1の決勝進出直前になり「自分は夜の世界の人間ではない」として決勝を辞退したが(実は同時点のポイントで亜莉沙と並ぶ1位タイだった)、その後「レガシィ」の所属タレントとなり活動を続けている。

 

その他

 

西崎達也(にしざき たつや)
Q-1の舞台となるキャバクラ「レジェンド」や、彩が最初に勤めたキャバクラ「ピアニシモ」などを経営するレジェンドエンタープライズの社長。後にレジェンドエンタープライズの親会社で、芸能プロダクション等を傘下に持つレジェンドグループ本社のCEOに就任する。

戸籍上の本名は中坊健次(なかぼう けんじ)。その名の通りレジェンドグループ社長の父・精二が愛人に生ませた息子であるが、普段は母親が付けた名前である「西崎達也」を名乗っている。
長谷川平蔵(はせがわ へいぞう)

初登場時はキャバクラ「ピアニシモ」の店長。レジェンドエンタープライズにおける事実上のNo.2で達也の片腕であり、Q-1でも達也が不在の時の店長として「レジェンド」を切り盛りしている。彩に対して片想いしておりQ-1の現場責任者として許される範囲で彩を支援し、Q-1決勝では「ピアニシモ」店長として彩をバックアップした。
中坊精二(なかぼう せいじ)

レジェンドグループの総帥。達也のスポンサーでもあり、当初達也が「キャバクラをやりたい」と言ってきたときに初期投資として3億円を貸したところ見事に店を成功させたため、達也のQ-1構想のスポンサーとなり20億円を出資する。
心臓に持病を抱えており、第1部終盤で心臓発作のため死去。遺言で後継者に「Q-1を成功させることが条件」としながらも達也を指名した。

中坊慎一(なかぼう しんいち)
精二の長男(正妻との子)で、レジェンドグループでは芸能部門の責任者。しかし経営者としての才能は薄く、芸能部門は低迷が続いている。達也のことをライバル視しており、何かと対立する。

大須田(おおすだ)
いわゆる「芸能界のドン」と呼ばれる存在。妹が精二の下に嫁いでおり(その間に生まれたのが慎一)、その関係で達也とも古い知り合い。

真沙奈泉美(まさな いずみ)
芸能プロダクション・キャバクラなどを広く手がける真沙奈グループの3代目。当初Q-1潰しのため「レジェンド」に傘下の芸能事務所のレースクイーンを送り込んだりライバル店舗として「プレシャス」を開店しQ-1参加者の引抜を図ったりしたが、最終的に達也の動きに乗る形で共闘。第1部終盤ではレジェンドグループと共同で新たに芸能プロダクション「レガシィ」を設立した。

普段はかなり強気な性格だが本質的にはマゾヒストであり、泉美を足蹴にする達也に惚れている。
彩の母親

作中で名前は出てこないが、度々登場する。彩の父が倒れた際に工場を除く家屋等を借金返済のために全て売却したため、現在はアパート暮らし。天然ボケの気がある。一度彩がアパートに携帯電話を忘れたため「レジェンド」に携帯を届けに行った際にばったり達也と出会い、達也のことを店の黒服と勘違いする。その際の印象が非常によかったため達也に彩との結婚を薦め、彩にも「あの黒服さんがいい」と達也との結婚を薦めている(が、彩はまさか「黒服=達也」とは思いもしていないため母の意見はたわごと程度にしか考えていない)。

 

嬢王 Virgin
キャスト(キャバクラ嬢)

杏藤舞
雨宮純一

桐島香織
水城沙羅

泉優衣華
一条亜美

木下朋

 

嬢王のルール

 

Q-1グランプリ
参加者は100名でスタート。当初の100名は全国各地のキャバクラ嬢(キャスト)による応募の中から書類選考で選ばれたが、開始後に退店者が出た場合の補充等では一般のキャバクラ同様に街頭でのスカウト等による採用も行っている。

 

店が六本木にあるということで東京以外の応募者が不利にならないように、開始後1ヶ月間はオープン戦として客の滞在は1時間・キャストは15分ごとに交代を原則とした。1ヶ月経過後に正式に予選がスタートし毎月月末の成績を元にポイント上位50名が「ダイヤモンドフロア」、下位50名が「プラチナフロア」に振り分けられた。店には他に「UVR(Ultra VIP Room)」と呼ばれるVIPフロアもある(1時間20万円)。予選ではキャストが特定の相手を指名してトーナメントバトル(原則として1ヶ月間だが延長もある)を行うことも可能で、1対1のポイント勝負で敗れたキャストは退店しなければならない(当然Q-1からも脱落となる)。

 

スタートから半年経過したところで予選が終了。同時点の累積ポイント上位10名+社長推薦枠の5名(推薦枠には新たに達也がスカウトしてきた人間を含む)の15名が本選に進出した。予選落ちのキャストについては退店も自由としたが、店に残る場合は時給はそれまでの倍額が保証される。また本選開始に伴いプラチナフロアにショーステージが設けられ、ショーのみの観覧客に対してはチケットを販売する(チケットもポイント対象となる。ショーは主にターニャ・ゆうこらが担当)。本選では一旦ポイントをリセットした上で毎月末にランキングを発表し、その時点の下位2名ずつが脱落するルールとされた(しかし例外的な運用が多く行われた)。

 

11月末時点での本選ポイント上位3名が決勝に進出。決勝はそれまでとルールが変わり「12/1〜24までの店の純利益勝負」で競われ、3名が「レジェンド(ただしダイヤモンドフロア+UVRのみ)」「プレシャス」「ピアニシモ」のいずれかの店舗を選び店長と共に店舗を切り盛りする。純利益には当然店の他のキャストの売上なども影響してくるため、店全体を巻き込んだ団体戦の様相を呈した。ただしこれも途中で亜莉沙が事実上脱落したため、最後は「レジェンド」を舞台とした個人戦に戻り12/23・24の2日間で彩・静香の2人の売上勝負を行った(24日については24時時点での売上で〆切)。

 

嬢王GP 2nd
参加者は300名。まず予選は参加者が30名ずつ10グループに分かれ、グループごとに別々の店舗で営業する。決勝には売上上位3店舗のキャスト全員(90名)と、残る7店舗のキャストのそれぞれNo.1(7名)が進出するとされた。

 

 

テレビドラマ

 

嬢王

 

嬢王のキャスト

 

藤崎彩:北川弘美
西崎達也:金子昇

静香:小川奈那
二階堂亜莉沙:蒼井そら

中坊慎一:元木行哉
長谷川:井之上チャル

橘真帆:麻丘実希
望月メグ:吉沢明歩

如月麗華:飯沢もも
大神:榊英雄

黒田:上地雄輔
藤崎耕介:沼崎悠

尾崎清貴:桐島優介
中坊精治:中原丈雄

藤崎美津子:大島さと子

出典: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

嬢王の主題歌・挿入歌など

KOTO 「What's up

Vo Vo Tau 「Perpetual Snow」

↑トップに戻る

嬢王の無料動画一覧

▽「嬢王」視聴画面▽

↑トップに戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行